チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ギフチョウ ( 21 ) タグの人気記事


2018年 05月 07日

今年もおあずけ ~白馬のイエローバンド

 もうそろそろ卒業とここ何年も言い続けている白馬のイエローバンドです。今年はどこも花の開花が早く普通の桜はもう葉が伸び、代わりにしだれ桜が咲いているという状況でした。カタクリも日当たりの良いところでの花はもう影も形も無く、やや日陰になるようなところで残っているという状況でした。ギフチョウはと言うと比較的目にはしたもののイエローバンドは現れずでした。ヒメギフチョウはかなり擦れた個体が多く見られたものの、きれいな個体も混じっていました。
 それよりギフチョウを一緒に待っている間に既にクモツキが発生していると教えて頂きました。今年はクモツキの発生がかなり早いようです。2日目はギフチョウは少し早目に切り上げていつもの沢に寄ってみました。結果は次回お楽しみ(写真の整理中)ですが、2♂が飛び午後からの短い時間でしたがじっくり撮影することができました。

まずはギフチョウ。
あちらこちらと歩きましたが、結局は駐車場横のカタクリに良く訪れてきました。
b0315912_19461196.jpg

b0315912_19464959.jpg
b0315912_19470696.jpg
久しぶりにフォーカスの合った面を飛んでくれました。
b0315912_19472256.jpg
こちらはヒメギフチョウの産卵シーン。
親子づれの方に教えて頂きました。
b0315912_19474628.jpg
葉も裏返して頂きました。ありがとうございました。
b0315912_19480676.jpg
ヒメギフはほとんどが擦れていました。写真はきれいなほうです。
b0315912_19482781.jpg
それでも羽化直後のような個体も見られました。
b0315912_19484599.jpg
コツバメもやや翅が破れています。
スミレにちょこんと止る姿も良いものです。
b0315912_19485857.jpg
2018.4.30-5/1 長野県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-07 20:16 |
2018年 04月 23日

福井のギフチョウ

いつもより出かけるのが遅く、かつ今年は発生がいつもより早いということできれいな個体は見られないのは承知で福井です。距離的には岐阜方面に行くのと大差ないのですが、ゆっくりと春の尾根道を歩いてみたいという衝動に駆られての出撃です。現地に着き車で林道を走っていると傍らにギフチョウ発見です。ボロかな?と近寄ってみると 想定以上にボロボロでした・・・。車を止め気を取り直してブナの樹が生える山道を歩きます。途中出会う個体も ボロ~ボロボロ。山頂付近では何頭かが飛んでいますが止りません。訪花する花も少なく、普通の写真では絵にならないボロさなのでレンズを広角に変え飛翔写真に挑戦です。幸い何度も飛んできてくれたのでブナの新緑をバックに撮ることができました。良く見ると少し甘い目、翅も痛んでいますが雰囲気を感じて頂ければと・・・。帰り際には林道わきの遅咲きの桜で粘ってみます。なんとか桜とギフチョウのコラボな写真は撮れましたが遠い目、しかもボロな個体なので、こちらは来年の課題にしたいと思います。


遅い目なのが幸いして(?)ブナの新緑がきれいです。
b0315912_21575081.jpg
オートフォーカスでも試しますがどうしてもフォーカスが抜けてしまうので、マニュアルフォーカスでの撮影です。
b0315912_21580723.jpg
シャッターを押す瞬間に羽ばたきをやめ滑空してくれるといい感じに写ります。
b0315912_21582987.jpg
2頭が絡むと動きが速くなりうまく写せません。これが一番”まし”な写真でした。
b0315912_21584761.jpg
帰りがけに遅咲きの桜で粘ります。良く見れば中央にギフチョウが飛んでいます。。。
b0315912_21591080.jpg
こちらも遠いです。
b0315912_21593758.jpg
来年はもう少し早い目に訪れて再挑戦です。
b0315912_21595415.jpg
帰りはお決まりの港近くのスーパーでお買い得な甘エビとヤリイカのおさしみパックを買って帰りました。
2018.04.21 福井県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-04-23 22:29 |
2018年 04月 19日

京都のギフチョウ

 天気予報では曇りのち雨。早起きしたものの予報通りの曇り。肌寒く出かける気にもならず部屋の掃除です。ところが9時頃になって外が明るいので空を見上げると青空、そこから急いで出撃です。通常なら現場に着いている時刻なので、今から出かけて山を登って現地に着くと1.5時間の遅刻です。
 急いで現地に到着、幸い天気は崩れておらずギフチョウが飛んでいます。例年より発生が早くかなり擦れていました。保護されている方に伺うと前の週あたりに一気に羽化したようです。この日はというと 1-2頭が時折飛ぶという状況でした。しばらく待っていると地面を這うように飛ぶ個体がおり産卵しているようです。その後、雲が急に厚くなり天気が崩れそうなので早々に退散です。
 ところで、ここも鹿害が深刻で保護エリアの外では下草が生えていない状況になっています。保護活動なしではギフチョウは絶滅していたかと思うと地道に林の手入れをして頂いている方々にあらためて感謝です。

カタクリの咲く林床を飛ぶギフチョウです。
b0315912_20272977.jpg
ようやく止りました。向こう向きなのが残念です。
b0315912_20274623.jpg
頭を花に突っ込むので開翅してくれません。
それにしてもこの個体は受粉には貢献していそうです。
b0315912_20280311.jpg
ようやく開いてこれが精一杯でした。
b0315912_20281980.jpg
だんだら模様が保護色になっているのが良くわかります。
b0315912_20283860.jpg
地面を這うように飛んでいるかと思うと、産卵です。
カンアオイにしがみつくように止っています。
b0315912_20290090.jpg
母蝶が飛んで行ったあと、卵を傷つけないように葉をひっくり返します。
来年もまた姿を見せて欲しいものです。
b0315912_20292144.jpg
帰りがけに見た、地べたギフチョウ。訪花していたのか顔に花粉を付けていました。
b0315912_20294453.jpg
自宅に着く頃には雨が降ってきました。
2018.04.14 京都で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-04-19 21:02 |
2018年 04月 03日

ようやくギフチョウ

桜もあちらこちらで満開と聞きいそいそと出撃です。ポイント近くの公園の桜も先週は咲く気配も無かったのに今日は満開です。カタクリもちょっとピークを過ぎたくらいのちょうどころ合いです。同じ思いの方もおられるようで何人かのカメラマンが来ておられ、地元の方に聞くと前日1、2頭見たということで発生はしているようです。ところがこの日は昼を過ぎても結局出てこず、予想外の撃沈です。帰りに別の公園の尾根道でようやく1頭発見です。既に左後翅が欠けていることから2-3日前には発生はしているようです。結局ここでもこの1頭のみでした。
今年はあまりにも一気に暖かくなったので花の季節と昆虫の季節がずれてしまったのか、それとも個体数が減ってしまったのか、気がかりながらのシーズンスタートとなりました。

今日もコツバメが元気に活動していました。
b0315912_21203416.jpg
ツバメと来たので次はベニスズメ(スズメガ科)です。
こんな風にギフチョウが来てくれれば、、、です。
b0315912_21205628.jpg
場所を変え、尾根道を歩きようやく1頭発見です。
b0315912_21212168.jpg
きれいな個体ですが既に 左後翅が欠損しています。
b0315912_21213550.jpg
それでも今年初のギフチョウが見られてほっと一息です。
b0315912_21215451.jpg
おまけで、桜に来たスジグロシロチョウです。
b0315912_21221385.jpg
2018.03.31 岐阜県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-04-03 21:39 |
2017年 05月 08日

今年もお預け~ 白馬のイエローバンド

 もうそろそろ卒業したい白馬のイエローバンドですがなかなか出合えません。GW後半のほうが良いのかなと思いつつも予定が合わず、前半に出動です。桜、カタクリは咲き始め、キクザキイチゲはきれいに咲き、奥の方では残雪も見られるという状況でやはり一週間早かったかなという感じでした。気温が低めなのかポイントに着いてもチョウの姿はなく9時前になってようやくコツバメが動き出しました。肝心のギフ、ヒメギフといえば 10時前になって杉の樹に止るヒメギフを発見できる程度でした。ギフも見つけるのにやっとという始末。ちょっと消化不良の一日となってしまいました。

体が温まるのが速いのか、朝は小型のコツバメから動き出します。
b0315912_00413109.jpg
シータテハも飛び出しました。
b0315912_00415012.jpg
b0315912_00420850.jpg
昨日寝ていたのか、杉の樹で体を温めるヒメギフを発見。
本来ならもう飛んでも良い時間だったのですが、少々気温も低めのようです。
b0315912_00423495.jpg
この日唯一ヒメギフの訪花の写真です。一瞬だったのでフォーカス甘め、ブレあり。
証拠写真となってしまいました。
b0315912_00425886.jpg
結局ヒメギフは午後にもう一枚撮れたのみでした。
b0315912_00432282.jpg
ギフチョウもなんとか証拠写真です。
b0315912_00434125.jpg
訪花の時間も短いのでなかなかシャッターチャンスがありません。
b0315912_00440340.jpg
b0315912_00443373.jpg
なかなか卒業させてくれません。
2017.04.30 長野県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-05-08 01:11 |
2017年 04月 21日

福井のギフチョウ

 日曜日は久しぶりに福井方面に出かけました。福井にはここ数年行けていなく鹿害も出始めているという噂も小耳にはさみ、少し心配しながらの遠征です。明るい雑木林の山道を少し登り始めると1頭の小さなギフチョウが現れました。しばらく辺りを眺めていると3頭ほどいるようです。今年も健在、ほっと一息です。尾根道に出ると 次々ととは言えませんが時折飛んできます。少し少ない目かもしれません。
 このあたりを歩くと、日本海側は雪が多かったり、寒かったりで、下草が生えにくく常緑樹も少ないため、林床が安定している分ギフチョウの発生が安定しているのかなと感じます。京都のかつての発生地では下草が育ちすぎたり、常緑樹が生えてきたり林が暗くなって来ており、手の入らない林はどんどん植生が遷移しているように思います。遷移も正しい方向なら良いのですが、少々不安が残るところです。
 いずれにせよ今日は元気なギフチョウの飛翔が見られ何よりでした。

気温が上がり小さなギフチョウが飛び出しました。登山道の脇で日向ぼっこです。
b0315912_22360591.jpg
もう一頭やってきました。
b0315912_22363422.jpg
Maxは 3頭でした。あやうくフレームアウトしそうでした。
b0315912_22365486.jpg
尾根道で地面を這うように飛んでいると思ったら産卵でした。
1枚しか葉が出ていないのにうまく見つけられるものです。
b0315912_22371940.jpg
花は少なく時折スミレで吸蜜です。
b0315912_22373519.jpg
飛翔写真にも挑戦しましたが、ほとんどがボツの状態でした。
b0315912_22375782.jpg
それらしく撮れた一枚です。尾根道を飛ぶギフチョウでバックには広葉樹が広がる山が連なります。
b0315912_22381699.jpg
足元では擦れた個体が目立ちました。
b0315912_22383681.jpg
しばらく寒い日が続いたせいか新鮮な個体も混じるという具合でした。
b0315912_22385830.jpg
今日はのんびりとギフチョウを楽しむことができました。
2017.04.16 福井県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-04-21 20:46 |
2017年 04月 17日

雨上がりのギフチョウ

 南の高気圧の張り出しが弱く土曜日の天気予報は午後から雨です。午前中はもつならばと午前中勝負で地元京都のギフチョウを狙ってみます。山を登る前は青空も見えまずまずの天気です。山を登ってポイントではカタクリがきれいに咲いています。後は陽が射せばギフチョウが飛び出すはず。。。でしたが。。。陽が射しません。あげくの果てに予報より早く昼前には雨が降る始末です。スマホで雨雲の状況を確認しつつも体は冷え手袋なしではいられない状況になってしまいました。昨日は数頭飛んでいたという話なので気温さえ稼げればなんとかなるはずなのですが。
 昼も過ぎ諦めて帰ろうかどうか思案しているとようやく薄日が差してきました。朝のめざまし土曜日の星占いでは1番だったのでもしかして、、、科学的根拠の全くない淡い期待で粘ります。結局幸か不幸か天気予報がずれ、午後から天気が回復しました。雨でいったん閉じていたカタクリも開きだし、ギフチョウも最終的には3頭ほどが出てきてくれました。
 カタクリの訪花も撮影でき冷たい雨の中待った甲斐がありました。

出発前には青空が見えていました。しだれ桜も良い具合に咲いています。
b0315912_21454015.jpg
ポイントではカタクリの花もきれいに咲いていました。あとは陽が射すのを待つばかりでした。
b0315912_21455880.jpg
ところが予想より早く雨が降り出しカタクリの花も閉じてしまいました。
雨の中待ち、ようやく薄日が差し始めたのは午後1時ごろでした。
b0315912_21462006.jpg
遠くでギフチョウが飛び出したのが 1:20pm。
b0315912_21464546.jpg
なかなか近くへは来てくれません。
b0315912_21470245.jpg
そっちを向かなくても・・・
b0315912_21472324.jpg
止るんだったら花に来て!・・・。思うところには止ってくれません。
b0315912_21474493.jpg
そうそう、もうちょっと。
b0315912_21480340.jpg
一瞬だったので AFが少し甘い目ではありましたが、ようやく、ようやく良い位置に止ってくれました。
b0315912_21482148.jpg
保護されている方にもいろいろと状況を伺うことができました。
改めて感謝の次第です。
2017.04.15 京都で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-04-17 22:19 |
2017年 04月 10日

ようやくギフチョウの初見

 日曜日は用事があるので土曜日の一発勝負です。でも天気予報は曇りか、傘マークです。いつも行く岐阜や福井方面はあきらめ少しでも天気の良さそうな西方面を探ってみます。とはいうものの西方面のギフチョウは初めてでいつもながらの出たとこ勝負となりました。
 今回訪問した辺りも里山の風景を残しているのですが、ギフチョウの生息するエリアはかなり限定されているようです。保護されている方に伺うと鹿害は幸い無いようですがそれでもギフチョウの発生数は限られるようです。しかも今年はまだ見ていないという話。しかも午後からは雨が降るという予報なので午前中勝負で気長に探すことにしました。田んぼや畑のある里山の林辺を探します。そしてようやく山道の陽だまりで1頭発見です。地べたに止っていようが、枯れ草に止っていようが構いません。今年の初見、兵庫県のギフチョウも初撮りとなりました。結局昼過ぎまでいろいろと歩き回ったもののギフチョウはこれっきりでしたが貴重な1枚が撮れました。当地の環境を保全して頂いている方々に感謝、感謝です。
 
 畑の脇の土手ではミヤマセセリを見ることができました。
b0315912_21282366.jpg
林辺の山道でよたよたと飛ぶギフチョウを発見!
b0315912_21283976.jpg
羽化直なのか、翅が伸びきっていないようです。
b0315912_21285998.jpg
ギフチョウが来そうな尾根道も歩くのですが現れず。ギフチョウはこれっきりでした。
そのかわりと言っては何ですがトラフシジミを見つけることができました。
b0315912_21292052.jpg
こんなところに来ないかなと粘っていると、クロマルハナバチです。
b0315912_21294190.jpg
田んぼに戻るとツマキチョウ♀。♂も飛んでいましたが止らずでした。
b0315912_21295876.jpg
菜の花にはモンシロチョウ。
b0315912_21301825.jpg
キチョウがいるのが分かるでしょうか?
b0315912_21303627.jpg
ちょっと角度が悪いですが、カタクリに来たキチョウです。
b0315912_21304939.jpg
現地でお会いした方のおかげでなんとか貴重な写真が撮れました。
ありがとうございました。
2017.04.08 兵庫県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-04-10 22:16 |
2016年 05月 09日

今年もお預け ~イエローバンドのギフチョウ

 懲りずに今年もイエローバンドに挑戦です。今年は本拠地京都からの出撃です。朝方は少し寒い目でしたが、陽が出るにつれ気温が上がります。まずはヒメギフが飛び出しますが、かなり擦れています。花の方も、カタクリがほぼ終わりの状況で、代わりにスミレが多く咲いています。一昨年はキクザキイチゲがたくさん咲いていたので、キクザキイチゲ -> カタクリ -> スミレと季節に連れ順番に入れ替わってゆくようです。ギフチョウはというとまだ新鮮な個体も見られます。きれいなイエローバンドも昨日には居たという話も聞いたのですが、結局は出会えずじまいとなりました。それでも今年はリンゴ(?)に来ているシーンも撮れたので、ロングドライブの成果も出たかな、というところです。

 まずはイエローバンドっぽいの個体が現れました。でもここまで擦れているとよくわかりません。
b0315912_21212326.jpg
新鮮な個体が現れました。スミレがたくさん咲いていますが、背が低くなかなか良いポジションには来てくれません。
b0315912_21214194.jpg
こちらは別個体です。ちょっと擦れています。
b0315912_21220521.jpg
スミレの多い空間で粘っていると、良い位置に来てくれました。
b0315912_21222775.jpg
なかなか良い感じで、飛び出してくれました。
b0315912_21224622.jpg
こちらば別個体です。
b0315912_21231016.jpg
今日は、低い位置を飛ぶことが多かったです。
b0315912_21232820.jpg
帰り際に、駐車場わきのリンゴ(?)の花で吸蜜する個体を発見です。
b0315912_21234413.jpg
桜はほぼ散っていただけに、得した気分です。
b0315912_21240018.jpg
正面に回り込もうとしたときに逃げられてしまいましたが、思いがけず良いシーンで出くわすことができました。
b0315912_21241914.jpg
イエローバンドはまた来年となりましたが、ちょっとお気に入りの写真も撮れて良かったです。
2016.05.02 長野県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2016-05-09 22:02 |
2016年 04月 26日

京都のギフチョウ

 久しぶりに京都の里山を歩きました。何の変哲もない山ですが勝手知ったる山道を歩くのはなんとなく気が落ち着くものです。
 さて、かつては少し街を外れた所にも生息していた京都のギフチョウも今では生息域が限られ、保護されて地域でしか見られなくなってしまいました。
 今日は天気予報では晴れマークだったのですが少し気温が低そうです。現地では雲が多めで陽が射してこない状態では肌寒さも感じるほどでチョウの姿はありません。それでもしばらく陽が射す状況になるとようやくギフチョウが飛びだしました。昼前に見つけた個体は足もとの低い位置を飛びまわります。カンアオイに執着しているようでついには産卵を始めました。次世代をどんどん残してもらいたいものです。
 周りのカタクリは少々お疲れモードで、産卵が終わったギフチョウが遠くに咲いているのに止ります。もっと近くで、もっときれいな花に。。。と思うのですが、今日はこれが精一杯でした。それでも、久しぶりに京都のギフチョウの元気な姿を見られてほっと一息です。
 また、保護されている方々に感謝、感謝です。

足もとから飛び出したギフチョウがカンアオイに執着して飛んでいます。
b0315912_21430906.jpg
そして産卵です。卵が少し写っています。
b0315912_21432965.jpg
b0315912_21434966.jpg
産卵後、スミレにやってきました。
b0315912_21440696.jpg
足もとのカタクリにはコツバメです。
b0315912_21442437.jpg
遠くのカタクリにギフチョウがやってきました。
b0315912_21444250.jpg
b0315912_21445829.jpg
違う花にも来ます。もっと手前のきれいな花に来てほしいと願うのですが。。。
b0315912_21451698.jpg
今日はこれが精一杯でした。それでもそれっぽい写真が撮れたので良しとしましょう。
b0315912_21453771.jpg
傍らの切り株にテングチョウです。なんか良い感じに止ってくれました。
b0315912_21455457.jpg
久しぶりの地元のギフチョウに出会えてほっと一息です。
2016.04.19 京都にて撮影

[PR]

by okini_buttefly | 2016-04-26 22:16 |