チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キリシマミドリシジミ ( 13 ) タグの人気記事


2018年 07月 31日

5年ぶりキリシマミドリ全開!

 ようやく開翅してくれました。前回の開翅写真を確認すると5年前でした。昨年から個体数が回復し、今年こそはと思っていたところに異常な猛暑となりました。それがどう影響するか不安ななか念願の全開となりました。
 27日は年初から登録している有給休暇で天気は神頼みです。この日は台風の影響で東からの風が吹き鈴鹿山脈は久しぶりに雲が発生しそうです。キリシマミドリはピーカンより雲が有った方が良いので期待できそうです。峠の駐車場に着くと一番乗りでしたが雲が想定より厚く垂れこめています。それでも車外気温は22℃で暑さも和らぎポイントに着く頃には照度もあがり、今年何回か通った中では一番良いコンディションになりました。キリシマミドリはと言うと飽きない程度に飛んできますがなかなか止ってくれません。期待するのは朝一番に椿に降りてきた個体です。良いポジションに止っているもののLEDライトを当てても全く反応がありません。しばらく放置しようということになりましたが皆、気になって入れ替わり立ち替わり様子見します。私も時折確認しますが全く動く気配すらありません。昼近くになって誰かの”開いてきた!”の声に皆が集まります。ついに待ちに待った時が来ました。焦ってシャッタースピードが高い目のままで ISO感度が高い目になってしまいましたが 5年ぶりの全開となりました。
 その後はというと、相変わらず止らない状態が続きましたが、13:30頃目の前に張りだした枝に止り 開翅!うれしいもう1枚となりました。
 14:00を過ぎるとぱたっと飛翔が減り撮影終了となりましたが、念願かなった良い一日となりました。
 また、現地でお会いした方々と楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

朝一番に椿に降りてきた♂です。LEDライトをずっと当てても反応なしでした。
b0315912_21583769.jpg
昼前になってついにその時が来ました! よし、もうちょっと!
b0315912_21585215.jpg
そして全開!! 
b0315912_21590779.jpg
こちらは午後のシーンです。目の前に止り開翅してくれました。
b0315912_22005952.jpg
角度によって翅の色が変わります。
b0315912_22012471.jpg
この角度が一番輝いていました。
b0315912_22014404.jpg
こちらは翌日、別の場所で撮影ポイントを探します。
良い場所は簡単には見つからないものです。ここはこれが精一杯でした。
b0315912_22024420.jpg
しかしながら葉の根元で吸汁する貴重なシーンもみられました。今回はちゃんと口吻が写りました。
ところで今年もおいしそうな休眠芽ができていますね。来年も多くの個体が発生してほしいものです。
b0315912_22030322.jpg
良く飛ぶので飛翔シーンも挑戦しますが、速過ぎでフレームに入れることすらできません。
トリミングかなり多い目の1枚ですがこれが精一杯でした。
b0315912_22032254.jpg
こちらは裏が写った写真です。
b0315912_22034019.jpg
撮れてほんとうに良かったです。
2018.07.27/28 三重県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2018-07-31 21:50 |
2018年 07月 27日

もうちょっとだけ キリシマミドリ

今年も懲りずに観察を兼ねて出かけます。今年は暑いです。今日も暑いです。前週より個体数は増えていそうなものの止る気配が無いので付近を探索します。小さな流れの脇を歩いていると足もとから一頭飛び出します。暗いので見逃さないよう追いかけるとキリシマミドリの♀でした。近くでもう一頭。今度は白いので♂だと分かりました。こちらは一度写真を撮った後、見逃してしまいました。暑いので水辺で吸水と言ったところでしょうか。貴重なシーンに出会えました。
日と場所を変えて探索です。こちらも個体数は見られました。止る個体がいるものの開翅なしという状況でしたが元気に飛ぶ姿を見ることができました。

アカガシの根に止る♀
b0315912_20381161.jpg
足もとから飛出し地面に止る♂。この個体も既にお疲れの様子です。
b0315912_20382591.jpg
日を変え場所を変え探索します。林道を歩いていて♂が飛び出しますがポジションは今一つでした。
b0315912_20385007.jpg
よく止る場所もありましたが開翅せず。

b0315912_20390987.jpg
遠目の写真ばかりです。
b0315912_20392599.jpg
でも今年は個体数が多い気がします。

b0315912_20394064.jpg
それから林床から2頭の♀らしきが飛び出します。1頭を追いかけるとキリシマミドリの♀でした。
b0315912_20400742.jpg
もう一頭を探してみるとミドリシジミでした。写真には撮れませんでしたが飛んだ時には青色の紋が見えました。
渓流沿いに生えるヤマハンノキにでも発生しているのでしょうか。
b0315912_20402490.jpg
続編では開翅を掲載できそうです。
2018.07.20/22 三重県で撮影

[PR]

by okini_buttefly | 2018-07-27 23:10 |
2018年 07月 18日

ちょっとだけキリシマミドリ

 被害の大きかった地域では西日本豪雨の被害がまだまだ収束していないようです。豪雨の時に我が家は避難準備に留まりましたが、実家の方は避難指示が発令されました。川沿いでもともと避難指示は出やすい場所ではあるものの今年の状況は違いました。雨雲レーダーで見ていても実家~川の上流部の強い雨の領域が移動せず雨が降り続き今までにない緊張感を感じました。まず母親を我が家に避難させ、状況によっては兄の家族も受け入れる準備もしていました。私も子供の頃から慣れ親しんだ川で、何度も台風の時の増水は見ていたのである程度本当に危ないかどうか分かる気がしていましたが、今回は上流ダム完成以来初の緊急放流もあり気が気でない状況で過ごしました。地震に続く、豪雨とその後の酷暑と自然の大きさ、怖さを改めて感じています。

 さてそろそろキリシマミドリが出てくる季節となりました。今年も少し早目の偵察です。今年は全体に発生が早いものの、それが活性化にどう影響するのかがポイントです。朝方ちらちらと飛ぶ個体は見かけたものの日中は暑さのためかほとんど見かけることは無く、アカガシを叩いてようやく1頭見つけました。いつもだとこの時期、綺麗な個体が見られるのですが今年の個体はかなり擦れていました。また撮影後飛ばしたのですがよたよたと飛ぶ状況でした。この様子から活性化していない感は受けましたが一方で擦れ具合からいうと活性化はある程度進んでおり、この日は暑すぎて飛ばなかったのかもしれません。今年のキリシマはどうなることやら、今年もしつこく何度か訪れて見ようかと思っています。

ようやく見つけた♂です。既にずいぶん擦れています。
b0315912_20183719.jpg
今年は叩いてもあまり飛びださなかったので発生木から既に移動しているのかなとも思います。
b0315912_20185690.jpg
翅をスリスリしたときに見える翅表の緑色がキリシマならではの鮮やかな色です。
b0315912_20192113.jpg
♀が出てきたと思ってレンズを向けるとヒサマツミドリシジミでした。記録はあるので発生していることは分かっていましたがここで成虫を見るのは初めてです。新鮮な♀ですがこれは一旦上に上がった個体が交尾を済ませ、発生地に戻ってきているということなのでしょうか?私にとってはまだまだ謎の多い種です。
b0315912_20195249.jpg
これからが本番です。
2018.07.14 三重県で撮影




[PR]

by okini_buttefly | 2018-07-18 20:52 |
2017年 08月 21日

キリシマ その後 ~今年はこれでおしまい

 お盆休み、しつこくキリシマミドリの偵察です。前回、比較的良く飛んでいた場所で粘ってみます。正面から来て左に抜けてゆくやつと右に抜けてゆくやつ、今日も時折飛んできますが、このルートを飛んでいるのは1頭もしくはせいぜい2頭でしょうか。飛び方によっては目の前 2-3mを通過することがあるのですが残念ながら今日も止りませんでした。それにしても息が長い割に毎日元気に飛ぶものです。これほどの体力をどうやって維持しているのか不思議な気がします。

今一歩個体数が多くなく、あまりシャッターチャンスが現れません。
b0315912_22051930.jpg
複数頭が一度に飛んでくれれば、少々遠くてもそれらしく写るんですけどね。
b0315912_22053402.jpg
b0315912_22055355.jpg
ボケボケの写真でも、もう翅がボロボロになっているのが分かります。
b0315912_22061096.jpg
帰り道でアカガシの梢で、白いチョウを発見!キリシマだと思い写真を撮るとウラギンシジミでした。
横にアリがいるのでアブラムシでもいるのでしょうか。キリシマも同じようなものを摂取しているのかもしれません。
b0315912_22062699.jpg
今年のキリシマはこれで終了です。
来年こそはビシバシ撮りたいものです。

2017.08.14 三重県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2017-08-21 22:39 |
2017年 08月 03日

キリシマ その後 その2

翌、日曜日は朝一番は雨降りだったので遅い目の出発となりました。昨年、地上に降りたキリシマの再現性確認です。林の中の空間で昨年はそこに降りてきました。今年はというと 天気がいま一つで地面にまで陽が射さない、そもそも上を見上げても飛んでいない、さらには今年は蚊が多く顔の周りを飛ぶのでじっとしていられないという状況で、粘って待つという状態ではありませんでした。ということでここでも場所を変えて観察としました。広い谷で15-20分に1回くらいは飛んできます。止るのは思ったより陽のあたる、樹の上の方です。
 もっと下に止って、もっと近くで、、、という思いもかなわず今日も証拠写真のみとなりました。

とりあえず、ここも距離がありました。止ったところを見ていないと気がつかないというレベルです。
思いっきりトリミングしてこんな感じです。
b0315912_22581661.jpg
b0315912_22583517.jpg
b0315912_22590847.jpg
少し翅を閉じてようやく緑色の翅が写せました。
b0315912_22592611.jpg
2017.07.30 滋賀県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2017-08-03 00:40 |
2017年 08月 01日

キリシマ その後

7月15日には自発的に飛ばなかったキリシマミドリシジミですが、24日には撮影はできませんでしたが時折飛ぶ個体も見られました。29日はどうかな?と再出撃です。
朝に雨雲ズームレーダで見ると鈴鹿山脈には強い雨雲がかかっていましたが、しばらくすると抜けそうだったのでいつもより遅めに出発です。現地の駐車場に着いた時には少し雨が残っていましたがなんとかなりそうです。その後は曇り時々晴れとまずまずの天気でした。キリシマの方はというと、あちらこちらの山肌で時折飛翔は見られるものの降りては来ません。確実に個体数は回復している様ですがもう一歩という感じです。上を飛ぶばかりでは面白くないので少し場所を変え、谷を見下ろせるところで観察してみます。時折キリシマが通過します。面白いのは林辺を飛ぶだけでなく、す~うっと杉林の中に消えることがあります。林中も好きなようです。林中のぽっかり空いた空間にも♀が居るのかもしれません。2時を過ぎあまり飛ばなくなったのでそろそろ撤退しようとしたところ1頭飛んできて、アカガシのてっぺんに止りました。開翅することなしにじっとしています。写真は撮るものの遠いため 現場では液晶で確認できなかったのですが、帰ってからPCで確かめると口吻を延ばしているようにも見えます。一日の活動時間の最後に栄養を蓄えているのかもしれません。写真はイマイチながら新たな発見ができました。

1本のアカガシに執着するキリシマミドリの♂
b0315912_22384099.jpg
とにかく遠いです。これでもトリミングしています。
b0315912_22390026.jpg
b0315912_22391918.jpg
上の写真を、粒子が見えるほど拡大するとこんな感じです。既に翅が痛んでいます。
b0315912_22393735.jpg
いい色が出ているんですけどね。
b0315912_22395191.jpg
しばらくしてアカガシに止ります。
b0315912_22401150.jpg
こちらも思いっきりアップにしてこんな感じです。はっきりは見えませんが前足の間に線状のものがあって口吻を延ばしているように見えます。
芽の付近から樹液のようなものが出ているのでしょうか?
b0315912_22403326.jpg
それにしてもデジカメの性能は凄いものです。目視ではどうなっているか到底分からない距離でした。
それとシーズン前にカメラを入院させ AFの調整をしてもらった甲斐がありました。
2017.07.29 三重県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-08-01 23:11 |
2017年 07月 20日

そろそろ クロ・キリシマ の季節

 昨年、一昨年と不作だったキリシマミドリですが今年はどうなのでしょうか。今年も少し早い目に偵察です。
まだまだ自発的に飛ぶ状態では無いようですが、アカガシを叩くと落ちてきました。この時期でもうボロ?と一瞬思ったもののどうも私が竿で叩いたようです。昨年、一昨年の叩いても出てこない状況からは脱しているようです。どこまで回復しているでしょうか楽しみです。
 一方でクロシジミは少なく感じます。短に時期だけの問題なら良いのですが。

アカガシから落ちてきた♂です。竿で叩いてしまったようです。
b0315912_23384630.jpg
♀もいました。遠くに止ってこっちを向いたままでした。
キリシマはこれだけですが、今年は姿が見られてほっとしました。
b0315912_23390008.jpg
こちらはクロシジミです。白っぽい個体です。
b0315912_23393414.jpg
b0315912_23395209.jpg
ノーマルなのもいました。
b0315912_23401461.jpg
そろそろです。
2017.07.15 三重県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2017-07-20 21:10 |
2016年 08月 02日

懲りずにキリシマ

信州方面も考えたのですが、体調を考えると遠出はやめてキリシマミドリの探索にしました。今年も少なそうなので思いきって場所を変えてみることにしました。何箇所かで1~2頭が飛ぶ姿を確認できましたが、高くてどうしようもありません。結局緑色の翅を写せたのは1回きりでした。それでも元気な飛翔は確認することができました。

鈴鹿山脈では 赤銅~緑のオオセンチコガネを見かけます。この個体は赤銅色ながら縁が緑できれいでした。
b0315912_23205896.jpg
キリシマミドリが飛び出しました。高い!。今日の飛翔写真は 甘々の規格外品ばかりとなりました。
b0315912_23211134.jpg
止っても正面を向いてしまっています。
b0315912_23212936.jpg
キリシマの♀か!と思って何枚もシャッターを切りましたが、よく見るとウラクロシジミ(♀)でした。
b0315912_23214552.jpg
銀紙に寄ってくることがあると噂を聞いて試してみるも今日は効果なし。代わりにカナブンがやってきました。
カナブンが色に反応するというのは少し意外でした。
b0315912_23220962.jpg
再度飛翔写真。
b0315912_23222507.jpg
もう一枚。
b0315912_23224627.jpg
もう少し低い位置に止って欲しいものです。
b0315912_23232172.jpg
遠目ながら今日唯一表を写せたショットです。
b0315912_23233844.jpg
ビシッと決まったキリシマの飛翔写真を撮れるのはいつになることやら。。。
2016.07.30 三重県で撮影




[PR]

by okini_buttefly | 2016-08-02 23:46 |
2016年 07月 27日

ちょっとだけ キリシマミドリ

7月に入って何度か様子見をしていますが、訪れた日の天気が良くないのか、今年も個体数が少ないのかどうもキリシマミドリの姿を見ることができませんでした。ということで今年も範囲を広げて探索です。場所を変え、普段は高い梢を時折飛ぶ姿が見られれば良しとするポイントですが、なんとこの日は思いがけず地面に降りてきました。テリ張りではなく全開、後翅まで光るアングルでは撮れませんでしたが、間近で撮ることができました。こういった行動がどういう条件で行われるのか折を見て観察してみようと思います。

いつもの場所ではキリシマミドリが現れず、じっくりとトンボの撮影です。
b0315912_21451626.jpg
傍らにモリアオガエルがいるのを教えてもらいました。
b0315912_21453315.jpg
こちらはネキトンボ。飛ぶとオレンジ色が目立ちます。
b0315912_21455094.jpg
ミヤマカワトンボはじっくり粘って翅を広げるのを待ちます。
b0315912_21463350.jpg
キリシマミドリの姿も見たいので、いつもの場所をあきらめて場所を変えます。普段はこんな感じで見えるところにキリシマミドリが止まればラッキーです。
分かりにくいですが中央の青い奴です。
b0315912_21465974.jpg
ところが今日は地面に降りてきました。
b0315912_21471691.jpg
吸水というほど地面は湿っていませんが、口吻を延ばしています。
b0315912_21473213.jpg
そしてシダの上にも止ります。全開が一番よいのですが、キリシマ独特の裏が見えるポーズも気に入っています。
b0315912_21475876.jpg
よく見るとシダの上でも口吻を延ばしています。
b0315912_21482182.jpg
後翅が光っていないのが心残りですが、キリシマならではの翅の輝きを見ることができました。
b0315912_21484949.jpg
キリシマミドリは奥が深いです。
2016.07.16/22/23 三重県、滋賀県で撮影








[PR]

by okini_buttefly | 2016-07-27 22:12 |
2015年 07月 28日

今年のキリシマミドリは厳しいです

 今年のキリシマミドリは厳しいです。3日分まとめての報告です。まずは連休中日の7月19日。と言っても翌日は出勤日なので、天気が良くなくても出動です。時折雨も混じる天気でしたが、気温はまあまあでミヤマカラスアゲハやクロシジミも出てくる状況でした。照度はやや暗めでしたが、キリシマが出てきてもよさそうな薄曇りになっても音沙汰なし。結局この日は目撃なしです。7月24日はずっと前から休暇を取っており、天気も良い状況でした。この時期に、この天気で出てこなければおかしいと思うような状況でしたが、結局2♂を見ただけに終わりました。翌25日は別の場所へ行ってみました。もともと個体数は少なく、ポイントも狭くメインでは決して行かないところですが、ひとまず偵察です。結局、樹の上の方に止まった♂が見られましたが、緑色に輝く表は撮れずに終わりました。


まずは7/18の写真から。ミヤマカラスアゲハも飛びそんなに悪くはない天気でした。
b0315912_22392671.jpg
クロシジミも出てきてあとはキリシマと思いつつ、結局空振りでした。
b0315912_22402247.jpg
一瞬キリシマのメスかと思ったもののよく見るとトラフシジミでした。
b0315912_22404038.jpg
7/24は天気は良かったです。シロオビドクガの交尾です。
b0315912_22411060.jpg
いろいろな昆虫が現れます。
b0315912_22413015.jpg
オオセンチコガネはノーマルの赤銅色です。
b0315912_22415208.jpg
このハンミョウは青っぽいです。
b0315912_22421213.jpg
チョウではツマグロヒョウモン
b0315912_22423913.jpg
それとジャノメチョウです。キリシマは 2♂の目撃のみでした。
b0315912_22425890.jpg
翌25日は別の場所へ行ってみました。ホソバセセリです。
b0315912_22432046.jpg
キリシマミドリはずっと上の方です。アカガシの向かいにあるコナラでテリハリです。
b0315912_22434205.jpg
これが精一杯です。
b0315912_22435980.jpg
ほんの一瞬だけ緑色に光る飛翔が見られました。
7/19,24,25 三重県、滋賀県にて撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2015-07-28 23:04 |