チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 26日

ヒマワリにキアゲハ

よく行く道の駅に立ち寄ると隣接された場所に満開のヒマワリ畑がありました。どれどれと眺めていると何やらチョウが来ているので近付いてみるとキアゲハでした。2ヶ所ある畑のうち私の居る方は幸い人が少なめで気兼ねなく撮影はできる状況ではあったものの、猛暑の中元気に飛ぶキアゲハに追い付けず体力の低下を実感する羽目になってしまいました。それでも何とか撮影完了、思いがけず撮れたキアゲハに得した気分です。

ここのヒマワリは東向きに咲いているのが多く、訪れた時刻ではやや逆光気味でしたがまずまずの光加減でした。
b0315912_22504011.jpg
b0315912_22505612.jpg
ヒマワリの黄色と、キアゲハの黄色がマッチします。
b0315912_22510972.jpg
b0315912_22512623.jpg
しかしながら猛暑の中、追いかけるのが大変でした。
b0315912_22514033.jpg
b0315912_22521055.jpg
b0315912_22522925.jpg
b0315912_22524186.jpg
この後の台風で残念ながらかなりのヒマワリが倒れたそうです。
地震、豪雨、猛暑、台風と今年は災害の多い年になってしまいました。
2018.8.18 滋賀県で撮影




[PR]

by okini_buttefly | 2018-08-26 23:21 |
2018年 08月 20日

夏型も早い目 ~ミヤマカラスアゲハ

 いつもだったら 8月末に訪れるポイントでですが今年は1週間ほど早い目に訪れました。クサギも早、満開を迎えミヤマカラスアゲハも早い目に発生しているようです。狙いは♀です。夏型♀と言うと地味な印象なのですが、見る角度によって落ち着いた渋い色になり個人的にお気に入りです。また個体変異が大きくそれを見るのも楽しみで、その中でも青色が強くかつ赤紋が発達したものが特にお気に入りです。今回は♀は1頭しか現れませんでしたが赤紋も発達しており、楽しく撮影することができました。

♂は綺麗な個体と、ボロボロの個体が混在していました。今年は個体数も少なめでだらだらと発生している感じがします。
b0315912_21573386.jpg
ようやく気温も落ち着き、チョウにとっても過ごしやすくなって来ているのではと思います。
b0315912_21575169.jpg
b0315912_21581415.jpg
♀も出てきました。
b0315912_21583575.jpg
複数の♀がいるかと見ていましたが、結局この1頭が訪花に来てはまたどこかに行くということを繰り返していました。
b0315912_21585159.jpg
若干甘い目ですが、いい感じで撮れたので記載します。
この色合いとポーズが気に入って、ここ何年か通っています。
b0315912_22003466.jpg
飛び出したところが狙い目ですが、そうはなかなかうまく撮影させてくれません。
b0315912_22005851.jpg
もっと近くで、ビシっと撮りたいものです。
b0315912_22011154.jpg
ということでまた来年もチャレンジします。
2018.08.18 滋賀県で撮影





[PR]

by okini_buttefly | 2018-08-20 22:21 |
2018年 08月 09日

猛暑の林道にて ~フジミドリ、コヒョウモンなどなど

 オオゴマシジミが棲む林道で出会ったチョウたちです。陽が射すとチョウが現れます。ブナやミズナラの林では予想のほかゼフィルスが現れます。と言ってもきれいなのはフジミドリ♀とミドリシジミ♀だけでそれ以外は種類が分からないほどボロボロになっている個体が目立ちます。所々で卍巴飛翔も見られました。もう輝きは失っていますが、種類の確認のために連写してみます。ジョウザンミドリシジミの様です。前に来た時には多く見られたヒメシジミはほとんど見られず、あとはベニヒカゲ、コヒョウモンというところでしょうか。

朝一番に見られたのはエルタテハでした。
b0315912_22034586.jpg
ネジバナに来たヒメシジミです。角度が悪いので回り込もうとしたら飛ばれました。残念。
しかも今回唯一のヒメシジミの写真となりました。
b0315912_22040308.jpg
林に入ると、複数のゼフィルスが低い位置に降りてきていました。
フジミドリ♀と手前はボロ過ぎて種不明です。
b0315912_22072260.jpg
今回、多くのフジミドリの♀を見ることができました。
今年は♂を見そびれているので来年は再チャレンジです。
b0315912_23215957.jpg
こちらはミドリシジミの♀です。うっすら青い紋が出ていました。
b0315912_22074227.jpg
卍巴飛翔しているのはジョウザンミドリシジミのようです。
b0315912_22083093.jpg
ちょっとだけ格好良く写りました。
b0315912_22092256.jpg
これもジョウザンミドリっぽいですが、もう良くわかりません。
b0315912_22100559.jpg
ベニヒカゲは暑いのにもかかわらず元気に飛んで行ってしまいました。
b0315912_22102550.jpg
こちらはコヒョウモンです。
b0315912_22111061.jpg
良く見かけますが、高い山に来たという雰囲気がして好きなチョウの一種です。
b0315912_22115979.jpg
b0315912_22122145.jpg
2018.08.04 岐阜県で撮影






[PR]

by okini_buttefly | 2018-08-09 23:31 |
2018年 08月 09日

猛暑の林道にて ~オオゴマシジミ

 まだまともに撮れていないオオゴマシジミを探してみます。早朝に現地到着、車外気温は18℃、そそくさと用意して出発します。陽の当らない林道は涼しく快適です。途中フジミドリ♀やボロボロで種不明のゼフを撮影しながら歩きます。しかしながら快適なのはここまでで陽が射すと一気に気温が上昇します。林を抜けポイントに着く頃にはかなりの暑さでした。オオゴマシジミの方はというと時々飛翔が見られますが、ほとんど訪花はありません。止っても開翅することなく飛んで行ってしまいます。開翅はというと木陰に止った個体で確認できた程度でした。昼を過ぎると飛翔もほぼなくなったのでこの場所を後にします。帰り道、あまりの暑さに小川で休んでいるとオオゴマシジミが飛んできました。元気を振り搾って撮影です。少々遠い目、アングルは今一つでしたが暑さを忘れさせてくれる一瞬でした。

まずは木陰でオオゴマシジミを発見です。暑いので日陰の方が居心地がよさそうです。他にも何頭か見かけました。
b0315912_01364819.jpg
訪花は少なくかつ時間も短いので撮影は難儀しました。
b0315912_01370760.jpg
これが精一杯でした。
b0315912_01372363.jpg
開翅はというと、木陰に止った個体で見られました。
b0315912_01373707.jpg
こちらは草むらの向こうの木陰なので近寄れません。
b0315912_01375307.jpg
帰り道、小川で休んでいると川沿いのアザミに飛んできました。
b0315912_01381178.jpg
擦れた個体かつ遠かったので証拠写真に留まりましたが、一瞬暑さを忘れさせてくれました。
b0315912_01390538.jpg
2018.08.04 岐阜県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-08-09 02:15 |