チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 29日

ベニモンカラスシジミに挑戦

 今年はベニモンカラスシジミに挑戦です。現地には少し早く着いたので誰もおられず場所を間違えたか不安でしたがしばらくすると続いて何人かが来られ一安心です。天気のせいなのか時期的なものなのか分かりませんがベニモンカラスはなかなか姿を現しません。気温が低めなのか、ようやく現れてもすぐに翅を倒してしまい絵になりません。テリ張りと何度かまんじ巴飛翔を見られたところで午前終了です。午後になってガマズミに訪花しているのを教えて頂き、やっと吸蜜シーンが撮れました。その後しばらく活動が見られない時間帯がありましたが夕方になって再び吸蜜シーンが見られました。ウツギはもうピークを過ぎかなりお疲れモードでしたが帰り際最後にウツギでも吸蜜シーンが見られました。たくさん咲いてるイボタを訪れずひっそり咲いているウツギで吸蜜するというのはウツギが好きなんだと思います。
 最後に現地でお会いした方々にはいろいろとご教授頂きました。ありがとうございました。

ようやく待ちに待ったベニモンカラスシジミの登場です。
b0315912_21225167.jpg
体が温まっていないのか、すぐに翅を傾けてしまいます。全く横倒しになるシーンも見られました。

b0315912_21231073.jpg
個体数は少なく、バトルはあまり見られませんでした。
それでも目の前でまんじ巴飛翔が始まり、幸い1枚だけ見られるレベルのショットがありました。
この写真でもフォーカスがずれていますが残りは 5 -10cm以上フォーカスがずれたようなショットばかりでした。
b0315912_21232845.jpg
午後になってガマズミで吸蜜している所を教えて頂きました。花にうずもれてしまったり、角度が悪かったり、良い角度で写すのに難儀しました。遠かったのでちょっと多めにトリミングしています。
b0315912_21234481.jpg
夕方になってウツギで吸蜜し始めました。

b0315912_21240368.jpg
隣の花に移動した時に表のオレンジ色の紋が写りました。
フォーカスはずれているのですがいい感じなので記載します。
b0315912_21242174.jpg
アリに飛ばされた瞬間です。こちらもややフォーカスがずれてはいますが私にとっては翅表が写った貴重な写真となりました。
b0315912_21244389.jpg
明るい所より、やや暗めのところの方が好みのようです。

b0315912_21245776.jpg
個体数は少なかったもののシャッターチャンスには恵まれたと思います。
またご一緒させて頂いた方々と楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。
2018.05.26 長野県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-29 22:03 |
2018年 05月 18日

カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ

例年より少し早めに訪れたのですが、ちょっと勇み足。集団吸水は見られなかったもののきれいな個体が見られました。

タニウツギに吸蜜に来ないか待っていたのですが、結局カラスアゲハが一瞬訪花に来ただけでした。
b0315912_20223067.jpg
ということで、吸水している個体を探してみます。ようやく1頭の♂のミヤマカラスアゲハが現れました。
b0315912_20224863.jpg
ミヤマカラスの方はやたら頭が白くなっています。カラスアゲハもやや白くなっています。タニウツギの花粉かもしれません。
集団吸水は見られず、今日は3頭が精一杯でした。
b0315912_20230772.jpg
カラスアゲハの飛翔
b0315912_20232679.jpg
もう一頭カラスアゲハがいました。さっきの個体より青みが強いです。
b0315912_20234163.jpg
きれいな個体です。
b0315912_20240177.jpg
少し場所を変えるとそこにもミヤマカラスアゲハがいました。
b0315912_20241629.jpg
ひときわ強い緑色です。飛んでいても他の個体との区別がつきました。
b0315912_20242791.jpg
こちらは別個体です。やや青みがかっています。
b0315912_20244046.jpg
角度によって青く光りまた赤紋が発達しており、さっきの個体に比べ別の綺麗さがあります。
b0315912_20251081.jpg
♀が現れたのは一度きりでした。予想外に擦れていました。
b0315912_20253083.jpg
2018.05.11 滋賀県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-18 20:48 |
2018年 05月 16日

シャガにトラフシジミ

この時期、あちらこちらでシャガの花を見かけます。きれいな花ですがチョウが次々と吸蜜に現れるかというとそうでもなく、時折気が向いたようにチョウが止ります。今日もウスバシロチョウは傍らを飛ぶだけで訪花する個体は無く、オナガアゲハが一度訪花した程度でした。しばらく眺めているとシジミチョウが飛んでいるので追いかけるとトラフシジミでした。花弁の白い部分もなんとか飛ばずに表現できるのもデジカメの威力です。開翅するもののうまく色が出ず、回り込んでようやく翅表の青い色を撮影することができました。


シャガにトラフシジミが止りました。
b0315912_01070855.jpg
花弁を白飛びせずに表現できるのもデジカメの威力です。
b0315912_01073456.jpg
翅を開けるもののうまく色が出ません。
b0315912_01080108.jpg
回り込んで、ようやく青い色が出ました。
b0315912_01083265.jpg
2018.05.11 滋賀県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-16 01:27 |
2018年 05月 16日

おまけ~ トカゲ VS ウスバシロチョウ

よりによって トカゲが近くに居る花で ウスバシロチョウが吸蜜しています。一度はどこかへ飛んで行ったもののまた同じ花に戻ってきました。トカゲはウスバシロチョウの真横です。万事休す。後はトカゲに食べられるのかとひやひやしながらファインダーをのぞいていたのですが結局トカゲは逃げてゆきました。ウスバシロチョウが何らかの攻撃をしたようには見えず、黄色と黒の警戒色を見て食べるのをやめたのか(以前に嫌な思いをした?)それとも嫌な臭いでもしたのか、いずれにせよ トカゲ対ウスバシロチョウは、ウスバシロチョウの勝利となりました。

一度は飛んで行ったウスバシロチョウですが、
b0315912_21354612.jpg
また同じ花に戻ってきました。この距離では食べられてもおかしくありません。
b0315912_21360743.jpg
ウスバシロチョウの目に見えた攻撃は無かったものの、トカゲが急いで逃げて行ったところをみると身の危険を感じるほどの嫌な臭いでもしたのでしょうか?毒のある けし科植物を食草にしている効果はあるようです。
b0315912_21362359.jpg
ウスバシロチョウの勝ち
2018.05.11 滋賀県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-16 00:42 |
2018年 05月 14日

ウスバシロチョウの訪花 ~桃色、黄色

そろそろウスバシロチョウが出始めました。ミヤマカラスアゲハも来ないかとタニウツギの咲く辺りで待ちます。ミヤマカラスアゲハの方は時折通過するのみでしたが、ウスバシロチョウの方は遠いながらピンクの花に来たショットが撮れました。翌日、午後に少し時間が合ったので場所を変えて探索です。田んぼの脇の空き地で撮影します。昨日の場所のウスバシロチョウはどちらかと言うと黒い目の個体が多いのですが、同じ滋賀県でも今日の場所は白い目の個体が目立ちます。こちらはウマノアシガタで吸蜜です。定番ではありますが、花の色が透けるショットもお気に入りです。


時折タニウツギにもウスバシロチョウがやってきます。遠かったのでトリミング多い目です。
b0315912_21021145.jpg
ちょうど満開です。
b0315912_21023050.jpg
b0315912_21024700.jpg
当地では黒い目の個体が目立ちます。
b0315912_21030856.jpg
こちらは羽化直後の個体です。
b0315912_21032419.jpg
翌日の午後、別の場所を訪れます。
b0315912_21040467.jpg
ここは先の場所に比べ白っぽい個体が目立ちます。
b0315912_21042343.jpg
ウマノアシガタの黄色い花が翅に透けています。
お気に入りのシーンです。
b0315912_21044181.jpg
2018.05.11/12 滋賀県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-14 21:20 |
2018年 05月 13日

雑木林で ~キビタキ、オナガアゲハ、クロアゲハ

掲載が遅れています。GW最後の日は雑木林の散策です。キビタキの囀りに誘われて河川敷の林に入るとクリンソウです。多くは無いですが、ピンク、赤、白と違った色の花が咲いています。キビタキの声の方向を眺めつつ辺りを探索しているとオナガアゲハです。うまい具合にクリンソウで吸蜜してくれました。場所を少し変え日当たりの良い場所では早くもタニウツギが咲いています。訪花してくれたのは クロアゲハだけでしたが、のんびりと過ごすことができました。


まずは本日の狙いの1つであるキビタキです。
囀りは良く聞くものの見えるところに出て来てくれるのは一瞬です。
b0315912_16544052.jpg
繁みに入ってしまうと見つけるのに苦労します。
b0315912_16545506.jpg
キビタキの囀りに誘われて入った河川敷きの林床でクリンソウを見つけました。
思いがけずオナガアゲハが吸蜜に訪れました。
b0315912_16550923.jpg
クリンソウは ピンク系、赤系、白系と咲いていました。
各色での吸蜜シーンを期待しましたが、残念ながら白系では見られませんでした。
b0315912_16554283.jpg
タニウツギにはクロアゲハです。
b0315912_16560026.jpg
低地ではタニウツギがピークのようです。
b0315912_16561597.jpg
2018.05.06 京都で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-13 17:12 |
2018年 05月 08日

早くもクモツキ

前回の続きです。もう発生しているという噂を伺い現地に向かいます。下見のつもりだったので多くは期待せず現地到着は遅く pm2時頃です。教えて頂いた方が見られたという駐車場の方は見渡しても吸蜜植物が少なく出てきても撮影できない状況だったので、沢沿いの登山道のほうへ移動します。そこには一組、先に来られていた方がおられたので”いますか?”と聞く間もなく1頭発見です。どうも♂が2頭いるようです。今まで止らなかったとのことですが、ちょうど私が訪れた頃から訪花するようになったとのこと。おかげでお休みモードになるまでの約1時間半の間撮影を楽しむことができました。クモツキと言えば 2日がかりで訪れて証拠写真しか撮れないこともある中、この日は幸運でした。またお会いした方には色々とご教授頂きありがとうございました。

良く吸蜜に来るフキノトウで待ち伏せです。
が、この撮影の直後このフキノトウは地元の方の食材になってしましました。。。
b0315912_20510474.jpg
気を取り直してレンズを広角に変え飛翔写真にも挑戦します。
体力の限界で数往復でギブアップです。
b0315912_20512364.jpg
再び望遠レンズに変え、体力を温存できる待ち伏せモードに切り替えます。
b0315912_20514092.jpg
幸い、まだ花が少ない分決まった花に来ることが多くシャッターチャンスに恵まれました。
b0315912_20515336.jpg
おかげで色々なポーズが見られました。
b0315912_20521099.jpg
b0315912_21172721.jpg
b0315912_20524240.jpg
オレンジ色と紫色も良い組み合わせです。
b0315912_20530594.jpg
期待していなかっただけにすごく得した気分です。
2018.05.01 長野県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-08 21:21 |
2018年 05月 07日

今年もおあずけ ~白馬のイエローバンド

 もうそろそろ卒業とここ何年も言い続けている白馬のイエローバンドです。今年はどこも花の開花が早く普通の桜はもう葉が伸び、代わりにしだれ桜が咲いているという状況でした。カタクリも日当たりの良いところでの花はもう影も形も無く、やや日陰になるようなところで残っているという状況でした。ギフチョウはと言うと比較的目にはしたもののイエローバンドは現れずでした。ヒメギフチョウはかなり擦れた個体が多く見られたものの、きれいな個体も混じっていました。
 それよりギフチョウを一緒に待っている間に既にクモツキが発生していると教えて頂きました。今年はクモツキの発生がかなり早いようです。2日目はギフチョウは少し早目に切り上げていつもの沢に寄ってみました。結果は次回お楽しみ(写真の整理中)ですが、2♂が飛び午後からの短い時間でしたがじっくり撮影することができました。

まずはギフチョウ。
あちらこちらと歩きましたが、結局は駐車場横のカタクリに良く訪れてきました。
b0315912_19461196.jpg

b0315912_19464959.jpg
b0315912_19470696.jpg
久しぶりにフォーカスの合った面を飛んでくれました。
b0315912_19472256.jpg
こちらはヒメギフチョウの産卵シーン。
親子づれの方に教えて頂きました。
b0315912_19474628.jpg
葉も裏返して頂きました。ありがとうございました。
b0315912_19480676.jpg
ヒメギフはほとんどが擦れていました。写真はきれいなほうです。
b0315912_19482781.jpg
それでも羽化直後のような個体も見られました。
b0315912_19484599.jpg
コツバメもやや翅が破れています。
スミレにちょこんと止る姿も良いものです。
b0315912_19485857.jpg
2018.4.30-5/1 長野県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2018-05-07 20:16 |