チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フジミドリシジミ ( 6 ) タグの人気記事


2017年 06月 26日

フジミドリ ブルー!

 フジミドリシジミのリベンジです。朝の5時のヤフー天気予報では 晴れのち曇りだったのに、現地に近付くにつれ雲がかかり目的地の山にはガスがかかっていました。山の麓で引き返そうか考えたものの様子見だけでもと、ポイントに向かいます。ポイントでは想定どおり曇りでフジミドリは出てくる気配なしです。白い蛾が数頭飛んでおり気温が高めなのが救いです。辺りの探索などしながらしばらく待って太陽が雲越しに形が分かるくらいの天気になるとようやく1頭がひらひらと降りてきました。続いて向こうの方の木の上に1頭。上の方なので下から眺めていると、足もとに別の1頭が降りてきました。せわしなく動き回りしばらくして体が温まると(?)木の上に戻ってゆくという時間的な余裕はなかったもののなんとか撮影成功です。

曇り空の中のスタートとなりました。エゴノキがきれいに咲いています。
b0315912_01162744.jpg
9時半頃になってようやく1頭が降りてきました。
b0315912_01164421.jpg
そして足もとにも!憧れのフジのブルーです。V字開翅が幸いして翅のグラデーションがきれいに出ました。
b0315912_01170103.jpg
一か所に留まらず動き回るので追いかけるのに大変でした。
b0315912_01172120.jpg
今回は V字開翅ばかりでしたが良い感じに開いてくれました。
b0315912_01173770.jpg
b0315912_01175430.jpg
足元では ♂が吸水です。
b0315912_01180824.jpg
傍らに♀も降りてきており開翅してくれました。
b0315912_01182446.jpg
b0315912_01184991.jpg
諦めずに行った甲斐がありました。
2017.06.18 滋賀県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-26 01:49 |
2017年 06月 19日

ようやくゼフのシーズンというものの。。。

 今年は全体に季節の移り変わりが遅く、それを見込んで遅い目に出動してもうまくタイミングが合わないという状況に陥ってしまっています。まずはフジミドリからと勢い勇んで出かけたものの個体数が少なく開翅も見られず、平地でもウラナミアカ、ミズイロオナガ、ウラジロミドリの証拠写真に留まってしまいました。この先どうなるのやら。。。

ようやく出てきたフジミドリ。直後にめったに来ない作業車が来て開翅前に飛んで行ってしまいました。
この日はこれっきりでした。
b0315912_21022874.jpg
山を降りて、ウラナミアカシジミです。
b0315912_21024826.jpg
きれいな個体です。
b0315912_21030858.jpg
ミズイロオナガは角度がいま一つの証拠写真です。
b0315912_21032683.jpg
ウラジロミドリも高くで止るのみ。。。
b0315912_21034841.jpg
ゼフではないですが、きれいなヒオドシチョウが見られました。
b0315912_21040323.jpg
次はどこへ行こうか悩んでしまいます。
2017.06.10 滋賀県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-19 21:13 |
2016年 06月 26日

そろそろゼフの季節 ~メスアカミドリ

 山の方のゼフもシーズンになってきました。フジミドリにはちょっと遅いかと思いつつ早起きです。結果は案の定というか撃沈でした。その代わりと言っては何ですが、きれいなメスアカミドリを見ることができました。

早起きしたものの見られたのはウラクロシジミでした。
b0315912_20354030.jpg
鳥ではサンショウクイです。久しぶりに見た気がします。
b0315912_20355408.jpg
散々歩いて見つけたお目当てのフジミドリはかなりお疲れのようでした。
b0315912_20360950.jpg
アカシジミ。
b0315912_20362710.jpg
フジミドリの午後の活動時間まで粘るものの活動も鈍く、開翅写真はこれっきりでした。
b0315912_20364766.jpg
ウラクロも開翅はなかなかみられないですね。
b0315912_20370557.jpg
帰り道の小川の近くでゼフ発見です。
b0315912_20372302.jpg
メスアカミドリシジミのようです。
b0315912_20374522.jpg
2頭いるようですが、片方は新鮮な個体です。
b0315912_20381796.jpg
いいところに止ってくれました。

b0315912_20385727.jpg
b0315912_20391520.jpg
ゼフのシーズン到来です。
2016.06.18 滋賀県にて撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2016-06-26 20:58 |
2015年 08月 09日

季節も変わりゼフも終盤

 ようやく夏季休暇に入って写真の整理に追われています。8月1日は少し標高が高いミズナラ、ブナ帯の渓流沿いを歩いてみました。あわよくばオオゴマシジミが見られるかと思って立ち寄ったのですが結果的には見られませんでした。それでもゼフを始め何種類かのチョウを見ることができました。
 まず歩き始めると足もとで白っぽいチョウが飛びますが、擦れ擦れのエゾミドリの♂でした。フジミドリも現れましたが、エゾミドリより発生の早いはずのフジミドリのほうがまだましな状態でした。あたりを飛ぶ小さめのチョウはヒメシジミです。大型の白っぽいシジミが飛んだので急いで駆け寄るとウラゴマダラシジミでした。帰りがけにはそこそこきれいなウラキンシジミが見られました。

朝一番に出てきたエゾミドリの♂です。給水しています。
b0315912_21415581.jpg
フジミドリの♂が飛びます。エゾミドリよりましな状態でした。
b0315912_21422006.jpg
足もとで、ヒメシジミが飛び交います。
b0315912_21424206.jpg
ヒメシジミの♀です。
b0315912_21430588.jpg
白っぽい大きめのシジミはウラゴマダラシジミでした。
b0315912_21432701.jpg
これもヒメシジミです。
b0315912_21434428.jpg
帰り道ではエゾミドリっぽい♂を見かけましたが、もう最盛期を過ぎているせいか翅を広げてテリを張るという状況ではありませんでした。
b0315912_21440725.jpg
足もとでちょろちょろ落ち着きなく飛んでいるチョウがいたので止るまでずっと待っているとフジミドリの♀でした。きれいな個体です。フジミドリは他のゼフに比べて動きが弱いのでしょうか?尾状突起もちゃんと2本あるし、この時期これだけきれいな個体を見られるのは意外でした。
b0315912_21443360.jpg
b0315912_21445166.jpg
木陰の多い林道ではアサギマダラが飛んでいました。
b0315912_21453677.jpg
もうそろそろ林道も終わりに近づいてきたかなと思う頃、ウラキンシジミを発見です。
b0315912_21455652.jpg
反対側は少し痛んでいましたが、きれいな個体です。
b0315912_21462244.jpg
b0315912_21464302.jpg
とりとめなく午前が終わってしまいました。
8月1日 岐阜県で撮影




[PR]

by okini_buttefly | 2015-08-09 22:09 |
2014年 07月 15日

フジミドリ again!

 今年は自分の引き出しを増やそうと、今まで行ったことがないところを優先的に出かけています。それだけに空振りするリスク大です。今年は、緑色のシジミを未だに撮れていないこともあってブナ、ミズナラ帯を狙ってみました。
 朝の5時頃から林道を歩き始めるもののチョウの姿はありません。アイノやジョウザンが出てきても良い時間になっています。ちょっと標高が高すぎたかと焦るものの他に場所を知っているわけでもなく、もう引き返すわけには行きません。しばらくするとようやくアカシジミが1頭いました。気を持ち直してじっくり見てゆくことにします。下草には露がついていて早朝のすがすがしさを感じさせてくれます。ブナの大木が生える辺りで5mほど先を白っぽいチョウらしきが飛びました。止まったあたりを見ているとまた飛び、今度は青い色がはっきりとわかりました。フジミドリの♂です。もう一度飛んで今度は林道わきの陽の当たる目の前の草に止まりました。葉っぱについた露を吸っています。先日見た早朝のアカシジミの状況とも少し似ています。翅を広げてくれと思っているうちに太陽が移動しフジミドリの乗った葉っぱには、陽が当たらなくなりました。う~ん開翅をなんとか撮りたいと思っているとまた飛んで近くの陽の当たる笹の葉に移動です。ひとしきり歩き回ると、ついに翅を広げてくれました!!
 こうなったらこちらも必死です。リプレイすると露出オーバーになっているのでさらにアンダー気味に補正します。一通り撮ったら樹の上へと飛んでゆきました。

 しばらく林道を歩き広場のようになったところで♀も見ることができました。回りを探しましたが他には見当たりません。また林道を歩いているともう1頭♂を見つけましたがこちらは落ち着きがなく、翅は半開きで、ひとしきり葉っぱの上を歩いたあと飛んで行ってしまいました。
 下草も乾いてきたのとブナ林を抜けてしまったので今日のフジミドリはここまででした。
 最初に見たのが 7:30am で最後に見たのが 8:30am。ほんの1時間の出来事でした。

目の前に止まってくれたフジミドリ♂。葉っぱの縁に付いた露を吸っています。
b0315912_22305096.jpg
陽の当たる笹の葉に移動して翅を広げました!
b0315912_22324738.jpg
b0315912_22331886.jpg
方向転換です。
b0315912_22350525.jpg
b0315912_22353604.jpg
b0315912_22360337.jpg
別の場所で♀を見つけました。
b0315912_22372520.jpg
もう1頭別の♂を見つけました。この個体も口吻を延ばしています。
こちらは落ちつきがなく、すぐに飛んで行ってしまいました。
b0315912_22385573.jpg
b0315912_22391491.jpg
b0315912_22393390.jpg
b0315912_22400433.jpg
今年はフジミドリシジミに縁があったようです。また早朝の行動が見られ早起きした甲斐がありました。
2014.07.12 岐阜県にて撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2014-07-15 23:02 |
2014年 06月 24日

念願のフジミドリ

 京都や滋賀のブナ林でも発生しているのですがなかなかお目にかかれなかったフジミドリです。今年は滋賀県でも昨年とは違う場所に行ってみました。
 金曜日に有給休暇を取っていたので ETC割引が使えず、深夜割引のある時間に高速に乗るため早起きです。
 7時ごろには現地に到着し、下草に降りているフジミドリがいないかと探すものの見つけられませんでした。それでも立派なブナ林を放浪しているとよたよたと飛ぶチョウを発見。こんな場所を飛ぶチョウはフジミドリ以外考えられません。近くに止まれと思う気持ちが通じたのかどうかはわかりませんが、目の前の枝の向こうに止まりました。そおっとその枝の向こう側に行くと、やはりフジミドリです。羽化直後でしょうか、きれいな個体です。私にとっては、数年前に京都北山のブナ林の林床で見たぼろぼろの♂以来です。結局林床で見られたのはこの個体だけでしたが1頭でも撮影できてほっと一息です。
 帰りがけに、滋賀のUさんにお会いし林道わきのブナの木にフジミドリがいることを教えて頂きました。数匹が入れ替わり立ち代わり飛んでいるようです。撮影には少々遠目でしたが一度にこれだけの個体を見たのは初めてだったのでなかなか楽しい時間を過ごすことができました。来年は近くで撮影できる場所がないか探してみようと思います。

念願のフジミドリです。きれいな個体です。
b0315912_22064651.jpg
同じ個体の反対側です。
b0315912_22070882.jpg
♂が♀を強制的に止まらせました。数分後に飛び立ったので交尾まで至ったのかが分かりません。
b0315912_22082491.jpg
数匹がブナの木の回りを飛んでいます。たまに止まりますが、あまり長くは止まっていません。また枝の先というより葉が茂ったところによく止まるのでなかなか撮影しにくいです。また遠いのでトリミングしてもこれで精いっぱいです。
b0315912_22111264.jpg
b0315912_22114187.jpg
b0315912_22120756.jpg
こちらも少々粗いですが、飛翔写真です。
b0315912_22150223.jpg
ウラクロが出てくるとフジミドリの活動も終わりのようです。
b0315912_22162924.jpg
来年への課題は残りましたが、なかなか良い一日を過ごせました。
2014.06.20 滋賀県にて撮影

[PR]

by okini_buttefly | 2014-06-24 22:24 |