チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ギフチョウ ( 17 ) タグの人気記事


2017年 05月 08日

今年もお預け~ 白馬のイエローバンド

 もうそろそろ卒業したい白馬のイエローバンドですがなかなか出合えません。GW後半のほうが良いのかなと思いつつも予定が合わず、前半に出動です。桜、カタクリは咲き始め、キクザキイチゲはきれいに咲き、奥の方では残雪も見られるという状況でやはり一週間早かったかなという感じでした。気温が低めなのかポイントに着いてもチョウの姿はなく9時前になってようやくコツバメが動き出しました。肝心のギフ、ヒメギフといえば 10時前になって杉の樹に止るヒメギフを発見できる程度でした。ギフも見つけるのにやっとという始末。ちょっと消化不良の一日となってしまいました。

体が温まるのが速いのか、朝は小型のコツバメから動き出します。
b0315912_00413109.jpg
シータテハも飛び出しました。
b0315912_00415012.jpg
b0315912_00420850.jpg
昨日寝ていたのか、杉の樹で体を温めるヒメギフを発見。
本来ならもう飛んでも良い時間だったのですが、少々気温も低めのようです。
b0315912_00423495.jpg
この日唯一ヒメギフの訪花の写真です。一瞬だったのでフォーカス甘め、ブレあり。
証拠写真となってしまいました。
b0315912_00425886.jpg
結局ヒメギフは午後にもう一枚撮れたのみでした。
b0315912_00432282.jpg
ギフチョウもなんとか証拠写真です。
b0315912_00434125.jpg
訪花の時間も短いのでなかなかシャッターチャンスがありません。
b0315912_00440340.jpg
b0315912_00443373.jpg
なかなか卒業させてくれません。
2017.04.30 長野県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-05-08 01:11 |
2017年 04月 21日

福井のギフチョウ

 日曜日は久しぶりに福井方面に出かけました。福井にはここ数年行けていなく鹿害も出始めているという噂も小耳にはさみ、少し心配しながらの遠征です。明るい雑木林の山道を少し登り始めると1頭の小さなギフチョウが現れました。しばらく辺りを眺めていると3頭ほどいるようです。今年も健在、ほっと一息です。尾根道に出ると 次々ととは言えませんが時折飛んできます。少し少ない目かもしれません。
 このあたりを歩くと、日本海側は雪が多かったり、寒かったりで、下草が生えにくく常緑樹も少ないため、林床が安定している分ギフチョウの発生が安定しているのかなと感じます。京都のかつての発生地では下草が育ちすぎたり、常緑樹が生えてきたり林が暗くなって来ており、手の入らない林はどんどん植生が遷移しているように思います。遷移も正しい方向なら良いのですが、少々不安が残るところです。
 いずれにせよ今日は元気なギフチョウの飛翔が見られ何よりでした。

気温が上がり小さなギフチョウが飛び出しました。登山道の脇で日向ぼっこです。
b0315912_22360591.jpg
もう一頭やってきました。
b0315912_22363422.jpg
Maxは 3頭でした。あやうくフレームアウトしそうでした。
b0315912_22365486.jpg
尾根道で地面を這うように飛んでいると思ったら産卵でした。
1枚しか葉が出ていないのにうまく見つけられるものです。
b0315912_22371940.jpg
花は少なく時折スミレで吸蜜です。
b0315912_22373519.jpg
飛翔写真にも挑戦しましたが、ほとんどがボツの状態でした。
b0315912_22375782.jpg
それらしく撮れた一枚です。尾根道を飛ぶギフチョウでバックには広葉樹が広がる山が連なります。
b0315912_22381699.jpg
足元では擦れた個体が目立ちました。
b0315912_22383681.jpg
しばらく寒い日が続いたせいか新鮮な個体も混じるという具合でした。
b0315912_22385830.jpg
今日はのんびりとギフチョウを楽しむことができました。
2017.04.16 福井県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-04-21 20:46 |
2017年 04月 17日

雨上がりのギフチョウ

 南の高気圧の張り出しが弱く土曜日の天気予報は午後から雨です。午前中はもつならばと午前中勝負で地元京都のギフチョウを狙ってみます。山を登る前は青空も見えまずまずの天気です。山を登ってポイントではカタクリがきれいに咲いています。後は陽が射せばギフチョウが飛び出すはず。。。でしたが。。。陽が射しません。あげくの果てに予報より早く昼前には雨が降る始末です。スマホで雨雲の状況を確認しつつも体は冷え手袋なしではいられない状況になってしまいました。昨日は数頭飛んでいたという話なので気温さえ稼げればなんとかなるはずなのですが。
 昼も過ぎ諦めて帰ろうかどうか思案しているとようやく薄日が差してきました。朝のめざまし土曜日の星占いでは1番だったのでもしかして、、、科学的根拠の全くない淡い期待で粘ります。結局幸か不幸か天気予報がずれ、午後から天気が回復しました。雨でいったん閉じていたカタクリも開きだし、ギフチョウも最終的には3頭ほどが出てきてくれました。
 カタクリの訪花も撮影でき冷たい雨の中待った甲斐がありました。

出発前には青空が見えていました。しだれ桜も良い具合に咲いています。
b0315912_21454015.jpg
ポイントではカタクリの花もきれいに咲いていました。あとは陽が射すのを待つばかりでした。
b0315912_21455880.jpg
ところが予想より早く雨が降り出しカタクリの花も閉じてしまいました。
雨の中待ち、ようやく薄日が差し始めたのは午後1時ごろでした。
b0315912_21462006.jpg
遠くでギフチョウが飛び出したのが 1:20pm。
b0315912_21464546.jpg
なかなか近くへは来てくれません。
b0315912_21470245.jpg
そっちを向かなくても・・・
b0315912_21472324.jpg
止るんだったら花に来て!・・・。思うところには止ってくれません。
b0315912_21474493.jpg
そうそう、もうちょっと。
b0315912_21480340.jpg
一瞬だったので AFが少し甘い目ではありましたが、ようやく、ようやく良い位置に止ってくれました。
b0315912_21482148.jpg
保護されている方にもいろいろと状況を伺うことができました。
改めて感謝の次第です。
2017.04.15 京都で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-04-17 22:19 |
2017年 04月 10日

ようやくギフチョウの初見

 日曜日は用事があるので土曜日の一発勝負です。でも天気予報は曇りか、傘マークです。いつも行く岐阜や福井方面はあきらめ少しでも天気の良さそうな西方面を探ってみます。とはいうものの西方面のギフチョウは初めてでいつもながらの出たとこ勝負となりました。
 今回訪問した辺りも里山の風景を残しているのですが、ギフチョウの生息するエリアはかなり限定されているようです。保護されている方に伺うと鹿害は幸い無いようですがそれでもギフチョウの発生数は限られるようです。しかも今年はまだ見ていないという話。しかも午後からは雨が降るという予報なので午前中勝負で気長に探すことにしました。田んぼや畑のある里山の林辺を探します。そしてようやく山道の陽だまりで1頭発見です。地べたに止っていようが、枯れ草に止っていようが構いません。今年の初見、兵庫県のギフチョウも初撮りとなりました。結局昼過ぎまでいろいろと歩き回ったもののギフチョウはこれっきりでしたが貴重な1枚が撮れました。当地の環境を保全して頂いている方々に感謝、感謝です。
 
 畑の脇の土手ではミヤマセセリを見ることができました。
b0315912_21282366.jpg
林辺の山道でよたよたと飛ぶギフチョウを発見!
b0315912_21283976.jpg
羽化直なのか、翅が伸びきっていないようです。
b0315912_21285998.jpg
ギフチョウが来そうな尾根道も歩くのですが現れず。ギフチョウはこれっきりでした。
そのかわりと言っては何ですがトラフシジミを見つけることができました。
b0315912_21292052.jpg
こんなところに来ないかなと粘っていると、クロマルハナバチです。
b0315912_21294190.jpg
田んぼに戻るとツマキチョウ♀。♂も飛んでいましたが止らずでした。
b0315912_21295876.jpg
菜の花にはモンシロチョウ。
b0315912_21301825.jpg
キチョウがいるのが分かるでしょうか?
b0315912_21303627.jpg
ちょっと角度が悪いですが、カタクリに来たキチョウです。
b0315912_21304939.jpg
現地でお会いした方のおかげでなんとか貴重な写真が撮れました。
ありがとうございました。
2017.04.08 兵庫県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-04-10 22:16 |
2016年 05月 09日

今年もお預け ~イエローバンドのギフチョウ

 懲りずに今年もイエローバンドに挑戦です。今年は本拠地京都からの出撃です。朝方は少し寒い目でしたが、陽が出るにつれ気温が上がります。まずはヒメギフが飛び出しますが、かなり擦れています。花の方も、カタクリがほぼ終わりの状況で、代わりにスミレが多く咲いています。一昨年はキクザキイチゲがたくさん咲いていたので、キクザキイチゲ -> カタクリ -> スミレと季節に連れ順番に入れ替わってゆくようです。ギフチョウはというとまだ新鮮な個体も見られます。きれいなイエローバンドも昨日には居たという話も聞いたのですが、結局は出会えずじまいとなりました。それでも今年はリンゴ(?)に来ているシーンも撮れたので、ロングドライブの成果も出たかな、というところです。

 まずはイエローバンドっぽいの個体が現れました。でもここまで擦れているとよくわかりません。
b0315912_21212326.jpg
新鮮な個体が現れました。スミレがたくさん咲いていますが、背が低くなかなか良いポジションには来てくれません。
b0315912_21214194.jpg
こちらは別個体です。ちょっと擦れています。
b0315912_21220521.jpg
スミレの多い空間で粘っていると、良い位置に来てくれました。
b0315912_21222775.jpg
なかなか良い感じで、飛び出してくれました。
b0315912_21224622.jpg
こちらば別個体です。
b0315912_21231016.jpg
今日は、低い位置を飛ぶことが多かったです。
b0315912_21232820.jpg
帰り際に、駐車場わきのリンゴ(?)の花で吸蜜する個体を発見です。
b0315912_21234413.jpg
桜はほぼ散っていただけに、得した気分です。
b0315912_21240018.jpg
正面に回り込もうとしたときに逃げられてしまいましたが、思いがけず良いシーンで出くわすことができました。
b0315912_21241914.jpg
イエローバンドはまた来年となりましたが、ちょっとお気に入りの写真も撮れて良かったです。
2016.05.02 長野県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2016-05-09 22:02 |
2016年 04月 26日

京都のギフチョウ

 久しぶりに京都の里山を歩きました。何の変哲もない山ですが勝手知ったる山道を歩くのはなんとなく気が落ち着くものです。
 さて、かつては少し街を外れた所にも生息していた京都のギフチョウも今では生息域が限られ、保護されて地域でしか見られなくなってしまいました。
 今日は天気予報では晴れマークだったのですが少し気温が低そうです。現地では雲が多めで陽が射してこない状態では肌寒さも感じるほどでチョウの姿はありません。それでもしばらく陽が射す状況になるとようやくギフチョウが飛びだしました。昼前に見つけた個体は足もとの低い位置を飛びまわります。カンアオイに執着しているようでついには産卵を始めました。次世代をどんどん残してもらいたいものです。
 周りのカタクリは少々お疲れモードで、産卵が終わったギフチョウが遠くに咲いているのに止ります。もっと近くで、もっときれいな花に。。。と思うのですが、今日はこれが精一杯でした。それでも、久しぶりに京都のギフチョウの元気な姿を見られてほっと一息です。
 また、保護されている方々に感謝、感謝です。

足もとから飛び出したギフチョウがカンアオイに執着して飛んでいます。
b0315912_21430906.jpg
そして産卵です。卵が少し写っています。
b0315912_21432965.jpg
b0315912_21434966.jpg
産卵後、スミレにやってきました。
b0315912_21440696.jpg
足もとのカタクリにはコツバメです。
b0315912_21442437.jpg
遠くのカタクリにギフチョウがやってきました。
b0315912_21444250.jpg
b0315912_21445829.jpg
違う花にも来ます。もっと手前のきれいな花に来てほしいと願うのですが。。。
b0315912_21451698.jpg
今日はこれが精一杯でした。それでもそれっぽい写真が撮れたので良しとしましょう。
b0315912_21453771.jpg
傍らの切り株にテングチョウです。なんか良い感じに止ってくれました。
b0315912_21455457.jpg
久しぶりの地元のギフチョウに出会えてほっと一息です。
2016.04.19 京都にて撮影

[PR]

by okini_buttefly | 2016-04-26 22:16 |
2016年 04月 20日

愛知のギフチョウ

 ギフチョウ第三弾です。愛知に居る間にと近場を回ってみることにしました。どうも愛知のギフチョウには大きく分けて2系統のグループがあるようです。一つは岐阜方面から豊田市近辺まで分布するもの、もう一つは岡崎辺りから静岡方面に分布するものです。両者の混成地は無く豊田市辺りにギフチョウの空白地域があるとのことです。今日は両方の生息地を訪れてみることにしました。まずは東方面ですが、例年より発生が早いかと訪れたのですが、発生個体はまだ少なくすこしさびしい結果となりました。一方の豊田市近辺のほうは初めて訪れたのですが、こちらも個体数は少ないながらなんとか撮影することができました。撮影した個体数も少なく、また個体差もあることから一概に何とも言えませんが、東側のギフチョウのほうがやや大きめという印象がありました。

愛知の東側のギフチョウです。この日は個体数が少なく、ツツジへの訪花も遠目のこのカットのみでした。
b0315912_14464742.jpg
やっと飛んできた個体で飛翔写真に挑戦です。
b0315912_14471721.jpg
現地でお会いした方に交尾している場所を教えて頂きました。(正確には交尾前です。)
b0315912_14473541.jpg
他の場所でもこんな光景が見られました。こちらは交尾に至りませんでした。
b0315912_14475153.jpg
午後から豊田市方面へ場所を変えます。桜はきれいに咲いていましたがこの場所でギフチョウは見られませんでした。
b0315912_14481058.jpg
山道でようやく確認です。
b0315912_14484669.jpg
地面に止りました。
b0315912_14490542.jpg
一瞬だけアセビに来ましたが、ピントを調整する間もなく逃げられてしまいました。
b0315912_14492782.jpg
ようやくツツジに来ました。場所によっては一面に咲いているような樹もあったのですが、、、
b0315912_14494862.jpg
b0315912_14500986.jpg
最後に地面に止った後、樹の上に飛んでゆきました。
b0315912_14502849.jpg
追加ながら、ヒオドシを撮っていたら偶然ミヤマセセリが通過しました。
b0315912_14504930.jpg
シャッターチャンスは少なかったですが、なんとかどちらのギフチョウも撮れて良かったです。
2016.04.09 愛知県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2016-04-20 15:36 |
2016年 04月 14日

ギフチョウ第二弾 ~飯田編

今年のギフチョウ第二弾として飯田を訪れました。予報では晴れマークだったのですが一時的に晴れ間が出たものの天気は概ね曇りで気温も今一つ上がり切りませんでした。個体数は少なく思ったよりシャッターが切れず少し寂しい結果となってしまいましたが、現地でお会いした方にいろいろと話を伺ったり、久しぶりにお会いできた方がおられたり、それはそれで楽しい一日を過ごすことが出来ました。

気温があまり上がらず、9時ごろになってようやくミヤマセセリが現れました。
b0315912_00062100.jpg
しばらくするとようやくギフチョウが現れました。
b0315912_00070833.jpg
b0315912_00072652.jpg
山道を飛ぶギフチョウ
b0315912_00074491.jpg
b0315912_00080303.jpg
一瞬でしたが、桜にもやってきました。
b0315912_00081781.jpg
ちょっと黒い目です。
b0315912_00084229.jpg
ギフチョウ以外ではツバメシジミや
b0315912_00085926.jpg
いつものコツバメ
b0315912_00091608.jpg
ベニシジミが見られました。
b0315912_00095539.jpg
午後から尾根の桜にギフチョウが来ないか待っていたのですが、来たのはエナガでした。
b0315912_00101437.jpg
今年はツツジに来た写真はお預けとなりました。
2016.04.08 飯田市で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2016-04-14 00:41 |
2016年 03月 26日

シーズンイン ~静岡のギフチョウ

 昨年は遅い目だったので、今年は一番に訪れることにしました。誰が示し合わせた訳でもないのに朝早い駐車場にお知り合いの方々が次々と来られます。気温は低めでギフチョウが見られるか不安がよぎりますが、既に発生しているという話を伺いほっとしたところです。しばらく話をした後それぞれ思いの方向に出発です。私は尾根筋を歩きますがまだまだ気温は低めです。太陽はと空を見ると、西の空は青空が広がっている一方で東の空は打って変わって雲が多く陽もなかなか射してくる状況ではありませんでした。昨年は次々に飛んできた山頂付近も、今年は風が冷たくさっぱり姿がみえません。
 ようやく陽が射しはじめ、飛翔を確認し始めたのが 9:30頃で、馬酔木に訪花に来たのが 10:30頃でした。太陽が出だすと陽だまりでは結構な数を見ることができました。馬酔木でひとしきり撮影した後、場所を変え数少ないスミレで粘ってようやく1枚撮影ができました。その後は付近を散策するのですが特に昼を過ぎてから気温が下がり気味だったのかぱったり姿が消えてしまいました。
 今年は東海地方の早い春を感じながらのシーズンインとなりました。
 

ようやく馬酔木にやってきました。
b0315912_20124496.jpg
一瞬だけ2頭が同時に訪花にやってきました。
b0315912_20130684.jpg
馬酔木には次々と、、、とはいかず時折やってきます。
b0315912_20132775.jpg
既に擦れた個体も見られますがまだまだ新鮮な個体が見られました。
b0315912_20135692.jpg
b0315912_20141614.jpg
b0315912_20143396.jpg
枯れ枝に止まりました。
b0315912_20145316.jpg
b0315912_20151784.jpg
再び馬酔木です。
b0315912_20153547.jpg
スミレの花自体少なかったですが、何とかスミレに来たところも撮れました。
b0315912_20155573.jpg
ヒオドシチョウとのバトルです。
b0315912_20161614.jpg
ちょっと甘い目ですが、、
b0315912_20163402.jpg
ことしもシーズンが始まりました。
2016.03.20 静岡県で撮影

[PR]

by okini_buttefly | 2016-03-26 22:49 |
2015年 05月 04日

ちょっと賞味期限切れ~ 静岡のギフチョウ

 記載が遅れてしまいました。内容的には賞味期限切れかもしれませんか、記録として記載しておきます。4月12日に静岡にギフチョウを見に行ってきました。3月末には発生しているとのことで、遅いのは分かっていましたが、愛知にいる間に訪れたいと思っていました。予想通りに擦れた個体ばかりでしたが、2~3日気温の低い日が続いたあとの気温の高い日であったせいもあってか、個体数は多く見ることができました。

私にとっては初の静岡県のギフチョウでウです。前日の愛知のギフに比べてもかなり擦れています。
b0315912_15532031.jpg
比較的きれいな♀もいましたが、残念ながらさなぎの殻が付いたままでうまく交尾できません。
なんとか殻をはずしてやろうかと思いましたが、殻を付けたまま飛んで行ってしまいました。

b0315912_15533986.jpg
この日は多くの個体を見ることができました。
b0315912_15541318.jpg
ドウダンツツジがきれいに咲いていましたが、ギフチョウはドウダンツツジには目もくれません。
b0315912_15543595.jpg
尾根筋を飛ぶギフチョウ。
b0315912_15545452.jpg
b0315912_15551494.jpg
スミレにミヤマセセリが来ていました。
b0315912_15553466.jpg
スミレはあちらこちらに咲いていましたが、吸蜜する個体は少なく、吸蜜したとしてもすぐに飛んで行ってしまいます。
b0315912_15554974.jpg
b0315912_15561145.jpg
山を下りて駐車場でベニシジミを撮影。桜ももう終わりです。
b0315912_15562903.jpg
2015.04.12 静岡県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2015-05-04 16:09 |