チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 01日

秋らしくなってきました ~イチモンジセセリ

 日曜日は近くの湿地へ行ってみました。もうすぐ9月の声を聴く頃になると、少しづつ秋の兆しが見られるようになってきました。

 ウルシの葉っぱが1枚だけ色づいていました。1枚だけの紅葉もなかなかワンポイントで洒落ています。
b0315912_21531527.jpg
お馴染みのイチモンジセセリです。多くの個体が見られました。
b0315912_21541598.jpg
飛び立ちのシーンです。白紋が小さい個体です。
b0315912_21545909.jpg
こちらもイチモンジセセリかと思って良くみたら、オオチャバネセセリのようです。
b0315912_21552019.jpg
公園のオブジェに止まったダイミョウセセリ。(関東型)。もう少し西に行って滋賀県まで行くと関西型が見られます。
今年初めて愛知のゲンジボタルを見ましたが、ゲンジボタルも西と東で点滅の周期が違うんですね。
b0315912_21563914.jpg
カマキリが花に来る昆虫を狙っています。イチモンジセセリは目もくれずに吸蜜です。幸いこの個体はカマキリに捕まることはありませんでした。
b0315912_21594843.jpg
クマバチもやってきます。クマバチが止まると、重さで花が曲がってしまいます。
b0315912_22021931.jpg
キイトトンボのレモンイエローが緑色の中に映えます。
b0315912_22065732.jpg
サワギキョウの紫色が、しっとりとして秋のはじまりを感じさせてくれます。有毒のようです。
b0315912_22080608.jpg
こちらは種類が分かりませんでしたがきれいに咲いていました。
b0315912_22091482.jpg
少しづつ秋が近づいてきた感があります。
2014.8.24 豊田市で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2014-09-01 22:32 |
2014年 08月 27日

伊良湖 いろいろ

 降ったりやんだりの天気でドライブがてら伊良湖崎に行ってきました。途中かなりの雨が降りましたが、伊良湖崎に着くころには晴れ間も見えて、散歩するには十分でした。いつもは山の方ばかり行くので久しぶりの海辺は新鮮です。チョウはあまり見られませんでしたが海辺に咲く花を見ることができました。

 まずは、オレンジ色のハマカンゾウ。
b0315912_23034614.jpg
ノブドウの仲間でしょうか?渋い色を出していますね。
b0315912_23041978.jpg
もう一枚
b0315912_23052291.jpg
ハマアザミ
b0315912_23062560.jpg
ハマユウ
b0315912_23071843.jpg
ハマナデシコ。海辺だあって ハマxxxというのが多いですね。
b0315912_23081385.jpg
ちょっと変わったところで流木に挟まった石です。根っこのところでしっかり挟まっていました。海でもまれながらも取れずに残っったのでしょう。少々手で引っ張っても取れませんでした。
b0315912_23094799.jpg
b0315912_23101313.jpg
ハマカンゾウに来たアゲハチョウ
b0315912_23134531.jpg
もしかして、ヤクシマ???と思ってよく見たら 普通のルリシジミでした。 後翅のV字の紋はしっかり分離してましすね。。。
b0315912_23144321.jpg
最後は、夕暮れ時にハマユウに来たモンキアゲハです。
b0315912_23164723.jpg
初めて訪れた伊良湖でしたがいろいろと楽しめました。また訪れたいと思います。
2014.8.23撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2014-08-27 23:27 | そのほか
2014年 08月 24日

愛知の湿原の花

 しばらく夏バテで、体力的には電池切れの状態でした。お盆休みに一度キリシマミドリの様子を見に行きましたが、晴れたり曇ったりの良い感じの天気だったにも関わらず、全く出てきませんでした。今年はほんとうに少ないようです。
 さて、久しぶりのフィールドです。天気は朝から雨+雷で昼前には回復しそうだったので、近場でかつ、京都ではあまり見られない湿原に行ってみることにしました。
 湿原に入るとノリウツギが迎えてくれます。キリシマミドリがいる鈴鹿の山ではもうノリウツギの時期は終わっているのに、暖かい愛知の方が後に咲くのが不思議に思いました。ノリウツギにはハナムグリがやってきています。周りではオニヤンマが悠々と飛んでいます。花はよく知りませんがサギソウはよくわかります。数は少なかったですがきれいに咲いていました。

ノリウツギがきれいに咲いていました。
b0315912_20114125.jpg
オオシオカラトンボです。
b0315912_20125174.jpg
b0315912_20144363.jpg
オニヤンマの飛翔写真もなかなか難しいです。速すぎてピントが合いません。
b0315912_20150891.jpg
次はこっちへ向かってくる写真に挑戦です。
b0315912_20171870.jpg
カラスアゲハが産卵にやってきました。
b0315912_20181238.jpg
何の花のつぼみかわかりませんが、形が面白かったので撮ってみました。
b0315912_20211590.jpg
これはよくわかります。サギソウです。
b0315912_20230261.jpg
ミズギクという種類のようです。真上から。
b0315912_20240739.jpg
ミズギボウシです。こちらはローアングルで。
b0315912_20253602.jpg
シラタマホシクサという種類のようです。群生していると白い花が点々と目立ち、少し幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。
b0315912_20271611.jpg
秋に向けて体力を回復させたいと思います。
2014/8/23 愛知県で撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2014-08-24 20:38 | そのほか
2014年 08月 03日

アカガシの森の住人 ~クマタカ

 今週末も京都に帰る途中に鈴鹿の山を訪れました。台風12号が九州の西海上を北上している関係で三重地方は東風の予報です。鈴鹿山脈に湿った空気が当たると大雨になることがあるので要注意です。でも予報では小雨程度にとどまりそうなのでとりあえず偵察に訪れることにしました。8月に入るとギャラリーが減り、今日はMさんだけがポイントにおられました。キリシマミドリが現れるまで、ひとしきりチョウ談義をさせて頂きました。ありがとうございました。今年はキリシマミドリ撮影には条件が厳しいです。今日は曇り空でやや暗く、少し雲が薄くなると飛びだす感じです。前回は晴れていて雲が出ると飛びだしていたので、キリシマミドリが飛びやすい照度というのがあるような気がします。
 個体数は先週より増え、数頭はいるような感じですが今日も降りてこずでした。それでも遠目ながらもキリシマミドリの元気な飛翔を見ることができました。

 それよりも、今回はおおきな収穫がありました。クマタカです。チョウが豊富ところにはクマタカがいるのか、クマタカがいるようなところはチョウも豊富なのかどちらが先かわかりませんが、とにかく自然の豊かさのバロメータ的な存在です。キリシマミドリを探してうろうろしていると崖の上の方のアカガシの大木から何かが飛びだしました。トビ?こちらに向かってきます。うっ。この羽根の縞模様は・・・・クマタカです!このあたりで遠目で何度かは見ているので生息しているのは分かっていましたが、羽根の模様がくっきり見えるまで接近できたのは初めてです。
 しばらくモードスイッチがキリシマからクマタカに切り替わります。そう遠くに飛んで行っていなことを期待して追いかけます。途中上の方でキリシマミドリの飛翔を見ましたが一旦お預けです。しばらく行くとクマタカは止っていたようで、私が行くと飛びだしました。谷地の向こう側を飛んで行きましたが、なんとか撮影できました。超望遠レンズではないので小さめにしか写っていませんが、トリミングしてもなんとか虹彩が写っているレベルだったので満足です。

アカガシの森を飛ぶクマタカです。一緒にキリシマミドリが写っていれば面白いのに、、、などと思ってはいけません。
クマタカが撮影できただけでも本当にラッキーでした。
b0315912_16173337.jpg
少し下からのアングルです。
b0315912_16181801.jpg
真横から。
b0315912_16184231.jpg
クマタカ特有の羽根の縞模様が良く写っています。
b0315912_16185967.jpg
そして上空へ。このアングルはたまに撮影しますが、うまく羽根の模様が出せないです。
b0315912_16191876.jpg
そして尾根を越え飛んでゆきました。
b0315912_16193752.jpg
別のアカガシの森の住人です。今日はこれが精一杯でした。
b0315912_16195690.jpg
キリシマミドリの♂の撮影はできませんでしたが、元気な飛翔が見られ、また私としては再接近のクマタカが見られ、良い1日でした。
2014.08.02 三重県にて撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2014-08-03 16:44 |
2014年 07月 29日

今回は撃沈 ~キリシマミドリ

 25日は有給を取ってキリシマ狙いです。一か月ほど前に有給申請をしているので雨が降ればそれまでなのですが、幸い天気はよさそうです。が、今回は天気が良すぎるのか全く出てきません。快晴に近い天気でごくごく稀に雲が出ると、キリシマは飛ぶのですがそれでも1頭きりです。こういう時でも大抵、樹を叩けば飛び出すのですが、今日は採集屋さんに聞いても全く出てこないという有様でした。前回の悪天候の方がましだったとは皮肉なものです。
 翌、土曜日はキリシマは諦めて渓流沿いの林道に行ってみました。いつもはもう少し湿り気がある感じがするのですが、この日は乾燥した感じがします。時折、車が走ると砂埃が立つようなところもあります。こういう日は昆虫も少ないような気がします。チョウも少なく帰り際にようやくクロシジミの白化型が出てきてくれたのが幸いでした。
甲虫では運が良ければオオトラフコガネが見られるのですが、今日は静かなものです。昨年は蜂、ハエ、カミキリ、コガネムシ、ミドリヒョウモン等々が花に集まりにぎやかだったのですが。。。乾燥しすぎると昆虫の活動が鈍るとか、キリシマが少ないのと関係があるのでしょうか。
 帰りは、他と少し違った環境にいるというキリシマの発生地の環境を見てみることにしました。確かに杉の木が目立ちキリシマがいるとは思えません。それでも落ち葉を見てみるとアカガシが交じっていますし、林をよく見ればアカガシの大木が生えています。初めてここでキリシマを見つけた人は偉いと思ってしまいます。林の中の少し開けたところで、キリシマの♀がみられました。成虫は見られないだろうと期待していなかっただけに見られて良かったです。

アングルはいまいちですが、クロシジミの白化型です。翅を広げてほしいとか贅沢を言えるような状況ではありませんでした。帰り際にようやく見つかりました。
b0315912_23111491.jpg
こちらはノーマル型です。
b0315912_23113913.jpg
ヒメアシナガコガネでしょうか?今日は花に来る昆虫が少ないです。
b0315912_23115678.jpg
キリシマミドリの♀です。
b0315912_23122188.jpg
b0315912_23124550.jpg
今日はとりとめの無い内容になってしまいました。
2014.07.26 滋賀県で撮影 (場所は複数個所です。)



[PR]

# by okini_buttefly | 2014-07-29 23:29 |
2014年 07月 20日

キリシマミドリシジミ出てきました!

 今年も、キリシマミドリが出てくるシーズンとなりました。とはいっても実際は7月初めには羽化していると思いますので、写真が撮れる撮れないは別にして、いつくらいから発生しているのか確かめてみたいと思っています。実は先々週にも、愛知から京都に戻る道すがら、寄ってみたのですが雨に降られてすごすごと帰ってきました。
 さてこの週末は土日の休みだけなので、フィールドは土曜日の一発勝負です。天気は上空に寒気が流れ込んできており少々不安定なようです。こういうときは雷にも注意です。ポイントに付くと既に数名の方がスタンバイされています。今日はなかなか出てこないようです。出てきても1頭で上の方を時折飛ぶだけで下には降りてきません。昼を過ぎて、別のところを偵察することにしました。私の場合、他所に行っている間に蝶がやってくるというジンクスもありタイミングは要注意ですが・・・ でも、今回はこれが正解でした。
 少し広い谷筋を眺めていると、♂が飛んできました。くるくると谷合を飛んだあと、どこかに止りました。目を凝らすと、石の上に止っています。しかも翅を広げて! 私としては初めてのパターンです。足場が少々悪いものの踏み跡をたどり、なんとか撮影できる距離まで近づけました。鱗粉が写るような近さではなかったですが、今日の条件からすると会心の1枚となりました。この後も粘りましたが結局他の個体を含め、キリシマが来ることはありませんでした。
 デジカメのデータを見ると最初の1枚目から、最後の1枚まで(飛び立つまで)を撮り終わる時間が、わずか1分でした。何とも貴重な1分でした。帰りは少々粘りすぎたため雨雲が近付いてきました。先ほどのポイントにはもう誰もいません。(あとで聞くと、雨が降りそうなので撤収されたとのこと)。駐車場に付くまでの間に、大雨+雷に会いましたが、キリシマの写真も撮れたので良しとしましょう。
 それからフィールドでお会いした皆様ありがとうございました。

とりあえずの証拠写真を1枚。
b0315912_17263467.jpg
もう少し近付き、、、後翅も光っています。
b0315912_17272882.jpg
足場が悪いので、ここまでですが、キリシマらしい開翅が撮れました!
b0315912_17284397.jpg
そしてすぐに飛んで行ってしまいました。それでも心の中ではガッツポーズです。
b0315912_17302918.jpg
それから皆さんと粘っていたところの上の方を飛んでいた中に♀もいました。これ以上トリミングできないくらい粗いですがキリシマの♀だと分かります。
b0315912_17314780.jpg
と、もう一枚。あれは何?♀?ムラサキシジミ?クロシジミ?やけに赤いな、と言っていた個体ですが、ウラミスジのようです。液晶上の再生画像ではアカシジミと思っていましたが、帰って思いっきり引き伸ばして見るとウラミスジでした。私はここで見るのは初めてです。
b0315912_17350375.jpg
何度も通っている甲斐があったかもしれません。
2014.07.19 三重県にて撮影

 


[PR]

# by okini_buttefly | 2014-07-20 17:49 |
2014年 07月 15日

フジミドリ again!

 今年は自分の引き出しを増やそうと、今まで行ったことがないところを優先的に出かけています。それだけに空振りするリスク大です。今年は、緑色のシジミを未だに撮れていないこともあってブナ、ミズナラ帯を狙ってみました。
 朝の5時頃から林道を歩き始めるもののチョウの姿はありません。アイノやジョウザンが出てきても良い時間になっています。ちょっと標高が高すぎたかと焦るものの他に場所を知っているわけでもなく、もう引き返すわけには行きません。しばらくするとようやくアカシジミが1頭いました。気を持ち直してじっくり見てゆくことにします。下草には露がついていて早朝のすがすがしさを感じさせてくれます。ブナの大木が生える辺りで5mほど先を白っぽいチョウらしきが飛びました。止まったあたりを見ているとまた飛び、今度は青い色がはっきりとわかりました。フジミドリの♂です。もう一度飛んで今度は林道わきの陽の当たる目の前の草に止まりました。葉っぱについた露を吸っています。先日見た早朝のアカシジミの状況とも少し似ています。翅を広げてくれと思っているうちに太陽が移動しフジミドリの乗った葉っぱには、陽が当たらなくなりました。う~ん開翅をなんとか撮りたいと思っているとまた飛んで近くの陽の当たる笹の葉に移動です。ひとしきり歩き回ると、ついに翅を広げてくれました!!
 こうなったらこちらも必死です。リプレイすると露出オーバーになっているのでさらにアンダー気味に補正します。一通り撮ったら樹の上へと飛んでゆきました。

 しばらく林道を歩き広場のようになったところで♀も見ることができました。回りを探しましたが他には見当たりません。また林道を歩いているともう1頭♂を見つけましたがこちらは落ち着きがなく、翅は半開きで、ひとしきり葉っぱの上を歩いたあと飛んで行ってしまいました。
 下草も乾いてきたのとブナ林を抜けてしまったので今日のフジミドリはここまででした。
 最初に見たのが 7:30am で最後に見たのが 8:30am。ほんの1時間の出来事でした。

目の前に止まってくれたフジミドリ♂。葉っぱの縁に付いた露を吸っています。
b0315912_22305096.jpg
陽の当たる笹の葉に移動して翅を広げました!
b0315912_22324738.jpg
b0315912_22331886.jpg
方向転換です。
b0315912_22350525.jpg
b0315912_22353604.jpg
b0315912_22360337.jpg
別の場所で♀を見つけました。
b0315912_22372520.jpg
もう1頭別の♂を見つけました。この個体も口吻を延ばしています。
こちらは落ちつきがなく、すぐに飛んで行ってしまいました。
b0315912_22385573.jpg
b0315912_22391491.jpg
b0315912_22393390.jpg
b0315912_22400433.jpg
今年はフジミドリシジミに縁があったようです。また早朝の行動が見られ早起きした甲斐がありました。
2014.07.12 岐阜県にて撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2014-07-15 23:02 |
2014年 07月 02日

キノコとヒメシジミ

フジミドリの後に何故にヒメシジミ?と思われるかもしれませんが。。。まだまだ引き出しの少なさの故の撃沈というやつです。それでもゆっくりとヒメシジミの写真が撮れたので良しとしましょう。休日には、普段京都からだと遠い長野方面についつい出かけてしまいます。
いるところでは普通に見られるのでしょうが、今まで機会もなくゆっくりとヒメシジミを撮ったことはありませんでした。
オフのスキー場ですが結構な数のヒメシジミが見られました。訪花もよく見られます。よく見るとヒメシジミも紋に変異があるようです。

なかなか良い感じに止まってくれました。
b0315912_22285228.jpg
どうせなら枯れてない花に止まってほしいのですが。。。
b0315912_22291612.jpg
♂です。
b0315912_22294780.jpg
b0315912_22300918.jpg
光線のあたり具合か、青色がきれいです。
b0315912_22303595.jpg
なんだか変なものに止まっています。細長い卵状のキノコです。ネットで調べると ササクレヒトヨダケというのが近そうです。食べられるそうですが、、、遠慮しておきます。何頭かが吸汁(?)に来ていました。
b0315912_22342507.jpg
結構個体数がいた割には ♂♀が絡むシーンは少なかったです。
b0315912_22380173.jpg
b0315912_22384318.jpg
最後に後翅の紋が流れた個体です。何頭か見かけました。
b0315912_22402554.jpg
b0315912_22422967.jpg

2014.06.29 長野県で撮影




[PR]

# by okini_buttefly | 2014-07-02 22:46 |
2014年 06月 24日

念願のフジミドリ

 京都や滋賀のブナ林でも発生しているのですがなかなかお目にかかれなかったフジミドリです。今年は滋賀県でも昨年とは違う場所に行ってみました。
 金曜日に有給休暇を取っていたので ETC割引が使えず、深夜割引のある時間に高速に乗るため早起きです。
 7時ごろには現地に到着し、下草に降りているフジミドリがいないかと探すものの見つけられませんでした。それでも立派なブナ林を放浪しているとよたよたと飛ぶチョウを発見。こんな場所を飛ぶチョウはフジミドリ以外考えられません。近くに止まれと思う気持ちが通じたのかどうかはわかりませんが、目の前の枝の向こうに止まりました。そおっとその枝の向こう側に行くと、やはりフジミドリです。羽化直後でしょうか、きれいな個体です。私にとっては、数年前に京都北山のブナ林の林床で見たぼろぼろの♂以来です。結局林床で見られたのはこの個体だけでしたが1頭でも撮影できてほっと一息です。
 帰りがけに、滋賀のUさんにお会いし林道わきのブナの木にフジミドリがいることを教えて頂きました。数匹が入れ替わり立ち代わり飛んでいるようです。撮影には少々遠目でしたが一度にこれだけの個体を見たのは初めてだったのでなかなか楽しい時間を過ごすことができました。来年は近くで撮影できる場所がないか探してみようと思います。

念願のフジミドリです。きれいな個体です。
b0315912_22064651.jpg
同じ個体の反対側です。
b0315912_22070882.jpg
♂が♀を強制的に止まらせました。数分後に飛び立ったので交尾まで至ったのかが分かりません。
b0315912_22082491.jpg
数匹がブナの木の回りを飛んでいます。たまに止まりますが、あまり長くは止まっていません。また枝の先というより葉が茂ったところによく止まるのでなかなか撮影しにくいです。また遠いのでトリミングしてもこれで精いっぱいです。
b0315912_22111264.jpg
b0315912_22114187.jpg
b0315912_22120756.jpg
こちらも少々粗いですが、飛翔写真です。
b0315912_22150223.jpg
ウラクロが出てくるとフジミドリの活動も終わりのようです。
b0315912_22162924.jpg
来年への課題は残りましたが、なかなか良い一日を過ごせました。
2014.06.20 滋賀県にて撮影

[PR]

# by okini_buttefly | 2014-06-24 22:24 |
2014年 06月 22日

早朝の雑木林 ~アカ、ウラナミアカ

 まだ少し投稿のほうが追い付いていません。先週は豊田市で早朝の雑木林を偵察しました。6時ごろからアカシジミがよたよたと飛び出します。見渡すとススキの葉の上に止っている個体もあり、葉に付いた露を吸っています。しばらく辺りを歩いていると先ほどいなかった葉の上に別の個体もいます。飛んできたような気配はないので、どうも草の中で夜を過ごしているのかも知れません。何頭か同じ状況の個体がいました。これらの個体は葉っぱに付いた露は吸うのですが、近くに咲いているヒメジオンで吸蜜することはありません。露より蜜のほうが栄養があると思うのですが、、、また訪花のほうが絵になると思うのは人間のわがままかもしれません。すこし場所を移動しても同じように葉っぱに止る個体が目につきました。個体数はあちらにもこちらにもいるという感じで少なくありません。ただアカシジミばかりで面白くないと思い始めていたら、ようやくウラナミアカシジミを発見しました。ウラナミアカも葉に付いた露を吸っています。もう一か所場所を変えたのですが、結局見られたウラナミアカは 2頭のみでした。それにしてもアカシジミの多いこと!

b0315912_16134375.jpg
別個体です。
b0315912_16142236.jpg
クズの葉に止っている個体です。
b0315912_16151372.jpg
b0315912_16161682.jpg
ようやくウラナミアカを発見!
b0315912_16165768.jpg
上と同じ個体ですが、左と右で紋が異なっています。
b0315912_16174776.jpg
別のウラナミアカシジミです。
b0315912_16190694.jpg
あまり活発に動かなかったので比較的撮影はしやすかったです。きれいな個体が撮れて早起きした甲斐がありました。
2014.06.15 豊田市で撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2014-06-22 16:26 |