チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 01日

ミヤマシジミ & ギンイチモンジセセリ

 天気がどうなるか分からないまま早い目に有給休暇を入れてしまうので当日に天気が崩れるとどうしようもありません。きっとクモツキの居る山は雨です。朝ゆっくり出ると高速の割引が効かなくなるので天気に関係なく深夜割引のある時間に出発です。朝早くに現地に到着したので、少しは止むかもしれないと平地をうろうろします。まずはミヤマシジミを探してみます。ミヤマシジミが保護されている公園ではあちらこちらと探してようやく1頭の♂を見つけることができました。個体も新鮮で発生はこれからというところでしょう。
 なんとか撮影できたので、次はギンイチモンジセセリのいる河原へ行ってみます。ここでは河原の荒れ地に生えるススキで発生しているようです。山間部の河原では曇り、薄日、雨 を繰り返す安定しない天気でした。それでも、薄日が射すとへらへらと飛び出すような状況で、こちらもなんとか撮影できました。早起きした甲斐がありました。

探しまわってようやくミヤマシジミを見つけました。
b0315912_20091335.jpg
なかなかきれいな個体です。
b0315912_20093389.jpg
裏側も写すためにローアングルで。
b0315912_20101343.jpg
真上から。渋い色をしています。
b0315912_20103992.jpg
ちょっと面白い場面に出くわしました。
茎を挟んで両側の葉にダイミョウセセリとベニシジミです。
b0315912_20111068.jpg
場所を変え、ススキの生える河原です。ギンイチモンジセセリが居ました。
b0315912_20114162.jpg
こういう前後にいろいろある風景だと AFが合いにくいです。う~ん、困ったもんです。
b0315912_20121895.jpg
他のセセリと違って開翅の仕方が違います。
b0315912_20124758.jpg
再度横から。
b0315912_20133135.jpg
赤いクリンソウを発見しました。
b0315912_20135468.jpg
一日雨でなくて良かったです。
2017.05.26 長野県で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-06-01 21:12 |
2017年 05月 30日

番外編: カワトンボは恋の季節

 まだまだ引っ張ります。ウスバシロチョウの居る場所に小川が流れていてカワトンボが良く見られます。今日は数頭、いつもより多く特定の場所に集中して飛んでいます。しばらく眺めていると交尾したペアが飛んでゆきました。さらに近づくともうワンペアが飛び出しました。良く見るとまだ単独の♀もいます。レンズを向けて構えているとすぐに♂が飛んできて♀の上に止ったかと思うと、すぐに腹を曲げ、そして交尾したかと思うとすぐにペアで飛んで行ってしまいました。異常と思えるほどの早技に驚かされてしまいました。飛んでいた♂は♀が羽化するのを待っていたんですね。チョウでもそうですが、羽化直後に交尾するというのは種を保存すすのに重要なんですね。それにしても1匹の♀に複数の♂が飛びかかるわけでもなく、どうやってプライオリティを付けているのか不思議な気がしました。
 残りもう一匹単独の♀がいましたが、こちらは交尾済なのか♂が来ても交尾することなくどこかへ飛んで行ってしまいました。
 今日の新しい発見でした。フィールドに出る楽しみです。

 複数のカワトンボが飛んでいました。
b0315912_21241397.jpg
未交尾の♀の上に♂が止ります。
b0315912_21243338.jpg
すぐに腹を曲げ、
b0315912_21245003.jpg
交尾。
b0315912_21250781.jpg
そしてすぐに飛んで行ってしまいました。
b0315912_21253375.jpg
もう一匹残った♀に♂が寄ってきます。
b0315912_21255234.jpg
♀はその気が無く飛んで行ってしまいました。
b0315912_21261226.jpg
カワトンボも私のお気に入りです。
b0315912_21264435.jpg
こういう環境のところに身を置くとほっとします。
b0315912_21270183.jpg
この日は盛りだくさんの一日でした。
2017.05.20 福井県で撮影




[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-30 21:44 | トンボ
2017年 05月 29日

ちょっとだけ モンキアゲハ

 まだ続きます。ウスバシロチョウの後はモンキアゲハです。前回訪れた時には アザミの花に次々とモンキアゲハが来るような状況でしたが今回は少し時期が早かったかもしれません。それとアザミの花も少し減ったかなと思います。なんでもかんでも鹿のせいにしてはいけないのでしょうが、でもやっぱり一番臭いなと思ってしまいます。

ポイントでいきなりモンキアゲハが現れました。幸先よいと思っていましたが、その後現れず。これっきりでした。
b0315912_20044591.jpg
それでも何枚か気に行ったポーズが撮れました。
b0315912_20051841.jpg
b0315912_20055141.jpg
b0315912_20061327.jpg
次回、番外編です。
2017.05.20 福井県で撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-29 20:51 |
2017年 05月 28日

ウスバシロチョウ

 少し間が空いてしまいましたが前回の続きです。ミヤマカラスアゲハに続いての狙いはウスバシロチョウです。数が多い、比較的遅い、対象が大きめ ということで飛翔写真の練習もしてみました。これだけ条件が良ければいけるかなと、カメラの AFを AIサーボモードにしての挑戦です。しかしながら被写体がフレームから出てしまうのかすぐに後ろの風景にフォーカスが行ってしまいうまく撮れませんでした。結局は置きピンでの撮影となってしまいました。もう少し練習してみようと思います。


結局はマニュアルフォーカスでの撮影となってしまいました。
b0315912_22075079.jpg
フレームアウトしなければ オートフォーカスでの撮影も可能なのではと思うのですが、まだまだ練習が必要です。
b0315912_22081091.jpg
場所を変え、サワオグルマに吸蜜に来た個体です。
羽化直後で黄色っぽい+黄色の花の色が透けている でウスバキチョウモドキのようになっています。
b0315912_22083260.jpg
少し離れた株を行き来するのでこんな写真も撮れました。
次に飛んできそうな花にフォーカスを合わせて撮影しています。
b0315912_22094321.jpg
b0315912_22084997.jpg
b0315912_22101649.jpg
時折ですがタニウツギにも吸蜜に来ます。ちょっと見にくいですが中央左下に止っています。
全体の個体数は多くてもタニウツギに来る個体は少ないです。
b0315912_22103412.jpg
やっぱり白、黄色系の花のほうがよく来るようです。
b0315912_22105193.jpg
黒い目の個体が多いです。
2017.05.20 福井県で撮影




[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-28 22:35 |
2017年 05月 24日

ミヤマカラスアゲハ again!

 金曜日が宴会で、日曜日が家の用事。。。なので今回は遠出はせずに近場をめぐります。先週は少し早目だったので、まずはもう一度ミヤマカラスアゲハを狙ってみます。林道に入りしばらくすると訪花です。陽が当っていないので発色が悪いですが逆に渋い写真となりました。少し遠くに目をやると集団給水です。少し風があるせいかみんな同じ方向を向きほとんど翅を閉じています。厄介なことに今日はかなり敏感です。気温が高めなので活発に動けるのかもしれません。少し動くとわっと飛び立ってどこかへ行ってしまい、しばらく戻ってきません。それでも飛んでは戻ってくるのを待ち、その間訪花に来たら走って撮りに行くというのを繰り返し、なんとかかんとか一通り撮影することができました。

まずはミヤマカラスアゲハの訪花に出くわすことができました。
b0315912_21500229.jpg
b0315912_21501925.jpg
飛出しのときにフォーカスの合った面にはなかなか来てくれないものです。
何回か試したものの今日はフォーカスがあったのはこの1枚きりでした。
b0315912_21503358.jpg
何頭かが吸水に来ていました。ちょっとピントが甘い目ですがきれいなミヤマカラスです。
b0315912_21504993.jpg
訪花に来れば走って撮りにゆきます。
b0315912_21510689.jpg
吸水の集団が飛び立つとなかなか戻ってきません。
b0315912_21512530.jpg
三々五々戻ってきます。ミヤマカラスは個体変異があって面白いです。
b0315912_21514910.jpg
b0315912_21521253.jpg
帯の広いタイプは魅力的ですね。
b0315912_21523235.jpg
まずは今日の1つめの目標達成です。
2017.05.20 滋賀県で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-24 22:15 |
2017年 05月 22日

カラス、ミヤマカラスアゲハ

 そろそろ黒系のアゲハが出てくる季節になってきました。タニウツギの咲く林道へ足を運びます。昨年に比べるとタニウツギもつぼみが多く見られます。一方でシャガが一面に咲いています。そこに黒系アゲハ発見です。急いで近付くとミヤマカラスアゲハです。ちょっと遠目でしたが シャガ+ミヤマカラスは初めての組み合わせを撮影することができました。早起きしてみるものです。全体にミヤマカラス、カラスアゲハは少なめでした。ちょっと勇み足だったかもしれません。

朝一番、シャガにミヤマカラスアゲハの訪花です。この後シャガへの訪花は見られませんでした。
b0315912_00140524.jpg
ということで吸水シーンです。数は少なかったですがきれいなミヤマカラスが見られました。
b0315912_00142887.jpg
動きのある写真も撮りたいのですが、フォーカスの合った場所にうまく来てくれません。
b0315912_00144810.jpg
珍しくフォーカスが合いました。
b0315912_00150567.jpg
ミヤマカラスのほうが飛んでいたら、、、と思いつつ、、、
b0315912_00152594.jpg
オナガアゲハも吸水です。
b0315912_00154138.jpg
沢沿いのタニウツギにはカラスアゲハが来ていました。
b0315912_00160495.jpg
b0315912_00162555.jpg
b0315912_00170640.jpg
遠くでアサギマダラです。
b0315912_00173575.jpg
初夏のモードになってきました。
2017.05.14 滋賀県で撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-22 00:41 |
2017年 05月 13日

スギタニルリシジミを探して

 京都市内から北に行くと 滋賀県に栃生(とちゅう)という地名があります。漢字は違うもの 途中という地名もあったり、道の駅では栃餅が名物として売られるなど栃の木は身近な存在にあります。栃の木を食樹とするチョウではスギタニルリシジミですがいままでメインで探したことはありませんでした。今日は 栃の木+スギタニルリ探しをしてみることにしました。渓流沿いの林道を歩きますが思っていたより栃の木が少なく、気温が低めなせいかチョウの姿もありません。勢い余って林道は渓流沿いから見晴らしの良いところになりました。広葉樹の広がる山肌をのんびり眺めていると猛禽が蛇のようなものを捕まえて飛んでゆきました。そういえばついさっき、林道でシマヘビが日向ぼっこしていました。少し気温が上がってきて生き物の動きが活発化してきたようです。小鳥の声も聞こえてきました。サンショウクイもいました。昆虫も動き始めたのかもしれません。林道を引き返し、行きがけに見た栃の木を覗いています。樹冠を飛ぶチョウを発見です。恥ずかしながらスギタニルリがテリを張る姿は初めて見ました。
 丁寧に周りを見てみると、ブナの原生林の中に栃の木の大木もありました。大木の下の湿った林道では少ないながらいつもの吸水する姿も見られました。
 栃の木は有用なため切られずに大木になっているものも見かけます。そんな樹の樹冠で元気にテリを張る姿が見られるような場所が無いか折に触れ探してみたいと思います。


気温が上がり出てきた蛇を捕まえた猛禽です。遠くて種類が分かりませんがハチクマでしょうか?
b0315912_01280727.jpg
今年は私とは相性が良いサンショウクイです。昆虫も活動を始めたのかもしれません。
b0315912_01282941.jpg
たしかにオオセンチコガネも出てきました。ここのはノーマルですが、ややミドリがかっている感じです。
b0315912_01284822.jpg
栃の木の樹冠でテリを張るスギタニルリシジミです。いままで吸水シーンしか見ていなかったので新鮮です。
b0315912_01290625.jpg
少し離れ場所で栃の木の大木を見つけました。その下の林道で給水する個体を見つけました。
b0315912_01292132.jpg
珍しく一瞬ですが開翅してくれました。
b0315912_01293437.jpg
吸水シーンはどうしても同じ絵ずらになってしまいます。集団吸水+何頭かが飛んでいるという動きのある写真も撮ってみたいものです。
b0315912_01295514.jpg
こちらは別個体です。シダの葉に止りました。
b0315912_01302375.jpg
時期を変え、都度観察してみたいと思います。
2017.05.07 滋賀県で撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-13 22:44 |
2017年 05月 09日

地元京都の探索 ~コサメビタキ、キビタキ、ヤマセミ

 GWの半ばで遠出は無理そうなので近場を散策します。京都市内から1時間ほ車で走ったところにある水辺の雑木林です。コナラを中心にクヌギなどが生えミズイロオナガやアカシジミは確実に発生していそうですが、思うような写真スポットが無く肝心なゼフのシーズンには立ち寄ったことが無い場所です。前にヤマセミを見かけたことがあるのでちょっと覗いてみました。
 まず雑木林ではコサメビタキ、キビタキが見られました。昆虫類を食べる鳥たちです。これらの鳥たちは季節とともに標高の高いところへ移動するそうです。ちょうど虫たちが多い場所、時期を選んで移動しているんですね。
 一方で水辺ではヤマセミです。何回か訪れても見られないことのほうが多いので見られればラッキーです。今日は狩りは見られなかったものの久しぶりの地元で見るヤマセミに、ほっと一安心です。まだまだ自然が残っています。


雑木林でコサメビタキが出てきました。こちらに気づいてすぐに飛んで行ってしまいました。
b0315912_21264257.jpg
キビタキは近くで声がするのですが、なかなか見つけられません。
かなり甘めですが、ちょっと面白い写真が撮れました。
b0315912_21270034.jpg
う~ん。枝や葉に隠れてうまく写せません。
b0315912_21271805.jpg
水辺ではヤマセミです。久しぶりの地元京都のヤマセミです。
b0315912_21274219.jpg
餌付けなし、100%天然ものです。もう少し観察して見られる確率を上げたいものです。
b0315912_21280326.jpg
河原で珍しくクリンソウです。もっと上流の渓流のような場所では見たことがあるのですが流されてきたのでしょうか。
b0315912_21282446.jpg
地元も腰を据えてみてゆきたいものです。
2017.05.03 京都で撮影


[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-09 22:11 |
2017年 05月 08日

信州の春

前回の続きです。ギフ、ヒメギフが見られなくても信州の春は見るものが多く楽しむことができます。実際にギフチョウに会いに行っているのか、ギフチョウの居る環境に身を置きたいのか、、、私の場合は両方なのだと思っています。
 鳥はキビタキ、サンショウクイです。どちらも昆虫を食べるということでチョウにとっては天敵なのですが、健全な自然界のバランスを保つにはいたしかたないところです。花ではおなじみカタクリやキクザキイチゲです。特にキクザキイチゲの群落は見て飽きません。ギフチョウが多い時には時折、青色系のキクザキイチゲに立ち寄るのですが、一瞬でシャッターが切れません。キクザキイチゲ+ギフチョウも狙ってはいるのですが、まだまだ証拠写真しか撮れていません。こちらも宿題として残っています。


キビタキです。オレンジ~黄色のグラデーションが気に入っています。チョウにとっては天敵ですが良しとしましょう。
b0315912_22085643.jpg
こちらはサンショウクイ。こちらも昆虫を食べるようです。
逆にいえばこれらの鳥を良く目にするということは昆虫が多い証拠かもしれません。
b0315912_22093505.jpg
昆虫ではキクザキイチゲにビロードツリアブです。一瞬ハチかと思ったのですが、翅が2枚なのでハエ、アブ系ですね。
b0315912_22101740.jpg
昼行性の蛾の一種、イカリモンガです。よく見かけます。
横にいるクモはイカリモンガが獲物として大きすぎるのか動きなしです。
b0315912_22103468.jpg
動物では珍しく、カモシカも見られました。
b0315912_22105211.jpg
花ではカタクリ、キクザキイチゲ、ザゼンソウなどなどが見られました。
b0315912_22111125.jpg
でも花だけだとちょっとさびしいです。チョウでもなんでも何か来て欲しいところです。
b0315912_22112993.jpg
b0315912_22114453.jpg
駆け足でしたが良い一日でした。
2017.04.30 長野県で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-08 22:39 | そのほか
2017年 05月 08日

今年もお預け~ 白馬のイエローバンド

 もうそろそろ卒業したい白馬のイエローバンドですがなかなか出合えません。GW後半のほうが良いのかなと思いつつも予定が合わず、前半に出動です。桜、カタクリは咲き始め、キクザキイチゲはきれいに咲き、奥の方では残雪も見られるという状況でやはり一週間早かったかなという感じでした。気温が低めなのかポイントに着いてもチョウの姿はなく9時前になってようやくコツバメが動き出しました。肝心のギフ、ヒメギフといえば 10時前になって杉の樹に止るヒメギフを発見できる程度でした。ギフも見つけるのにやっとという始末。ちょっと消化不良の一日となってしまいました。

体が温まるのが速いのか、朝は小型のコツバメから動き出します。
b0315912_00413109.jpg
シータテハも飛び出しました。
b0315912_00415012.jpg
b0315912_00420850.jpg
昨日寝ていたのか、杉の樹で体を温めるヒメギフを発見。
本来ならもう飛んでも良い時間だったのですが、少々気温も低めのようです。
b0315912_00423495.jpg
この日唯一ヒメギフの訪花の写真です。一瞬だったのでフォーカス甘め、ブレあり。
証拠写真となってしまいました。
b0315912_00425886.jpg
結局ヒメギフは午後にもう一枚撮れたのみでした。
b0315912_00432282.jpg
ギフチョウもなんとか証拠写真です。
b0315912_00434125.jpg
訪花の時間も短いのでなかなかシャッターチャンスがありません。
b0315912_00440340.jpg
b0315912_00443373.jpg
なかなか卒業させてくれません。
2017.04.30 長野県で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-05-08 01:11 |