チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 09日

春 こもごも

 前回の続きです。花でいえば 桜はまだつぼみ。遅い梅がまだ咲いている。いつもはお疲れ気味のショウジョウバカマや カタクリは咲き始め。というところでした。4月初めの時点で1週間の遅れというところでしょうか。

今年はまだきれいに咲いている梅もありました。
b0315912_18253188.jpg
山道でシュンランを発見。
b0315912_18263829.jpg
ショウジョウバカマもまだきれいです。こんなところへギフチョウが飛んで来てくれれば。。。
b0315912_18270863.jpg
カタクリもまだ咲き始めでつぼみも多く見られました。
b0315912_18272208.jpg
あぜ道のつくし
b0315912_18273816.jpg
タンポポにやってきたみつばちです。
b0315912_18261748.jpg
春本番になってきました。
2017.04.02/03 岐阜県にて撮影





[PR]

# by okini_buttefly | 2017-04-09 18:36 | そのほか
2017年 04月 07日

春のチョウ ~ギフチョウはまだもう少し

 4月に入って外せないのがギフチョウです。結婚してチョウ関係は開店休業状態の時でもギフチョウだけは見に行っていたような気がします。時折吹く風はちょっと冷たいけれど、明るい陽ざしが降り注ぐ雑木林を飛ぶギフチョウは春本番を感じさせてくれます。さて今年はというと発生が遅れているようです。3月初めころには例年通りには発生するかなと思っていたのですが3月後半になって気温が上がらなかったのが原因のようです。桜も昨年は満開だったのですが今年はまだつぼみの状態です。カタクリは咲いていますがまだ咲き始めというところで1週間くらい遅れている感があります。肝心のギフチョウもまだ発生していないようです。
 それでも、陽が射し暖かさが増すとコツバメが現れ、近くの土手ではベニシジミ、ルリシジミ、キタテハなどがいて春を感じさせてくれました。

 まずはコツバメが現れました。逆光だと翅の縁がきれいに光ります。
b0315912_21571925.jpg
おなじみのテングチョウ。
b0315912_21573407.jpg
オオイヌフグリで吸蜜するルリシジミ。開翅は無でした。
b0315912_21574843.jpg
樫の樹の近くではムラサキシジミです。
b0315912_21582526.jpg
土手ではタンポポにベニシジミです。結構敏感です。
b0315912_21584056.jpg
キタテハもやってきました。
b0315912_21585913.jpg
コツバメはカタクリの裏側から吸蜜です。受粉には関与してませんね。
b0315912_21591736.jpg
ちょっと角度を変えて、ベニシジミ
b0315912_21593610.jpg
スジグロシロチョウ
b0315912_21595241.jpg
ギフチョウ以外のメンバーは揃ったかなという感じです。
2017.04.02/03 岐阜県で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-04-07 22:25 |
2017年 03月 27日

寒の戻りで鳥モード ~カワアイサ

 天気は良かったのに午前中用事があり、遠出はできず午後からぶらっと近所の散歩です。鴨川にはまだカワアイサが残っていました。今日はどこに行くあてもないので腰を据えて観察です。♂と♀がつかず離れず、泳いでいます。水中にもぐっている時間が長いので、カメラを向けてもどちらかが潜ってしまっています。そんなこんなで眺めていると♂が大きな魚をくわえました。カモの仲間は水草を食べるもんだと思い込んでいたのでびっくりです。恐らく鮒だと思いますが、結局飲み込めず諦めてしまったようです。カメラの設定がチョウモードなので、飛出しの写りはイマイチでした。
 気温が上がらず桜のつぼみももう一歩というところです。今週末もそこそこの天気のようですが、気温が低めです。ギフチョウが飛び出すのも17-18℃あれば十分なのですが、それ以下だと、あまり飛ばず暖かな陽だまりで見られるかな?という感じではないでしょうか。土曜日の岐阜の最高気温予想が 15℃。もうちょっと上がって欲しいものです。

鳥モードに戻ってしまいました。カワアイサの♀です。後ろが♂。
b0315912_21483645.jpg
♂が大きな魚を捕まえました。
b0315912_21491890.jpg
飲み込もうとするのですが飲み込めません。
b0315912_21494337.jpg
結局諦めたようです。
b0315912_21500410.jpg
b0315912_21502514.jpg
♀が飛び出します。
b0315912_21503988.jpg
続いて♂も飛び出します。
カメラの設定が AFが1点スポット、ドライブが ONE SHOTとチョウモードだったので動きのある被写体には追い付きませんでした。
b0315912_21505508.jpg
桜はまだまだつぼみです。
b0315912_21511004.jpg
春が足踏み状態です。でも暖かくなったらギフチョウも一気に羽化してくれるでしょうか。
2017.03.25 京都市で撮影





[PR]

# by okini_buttefly | 2017-03-27 22:11 |
2017年 03月 25日

ドライブ途中の散策で ~早くもアゲハチョウ

 天気も良く、家内と伊勢方面にドライブです。名物のてごね寿司を堪能し南伊勢方面へ向かいます。運転しながら周りを見ると常緑樹が多く温暖な気候であることが感じられます。展望台に登るとリアス式の海岸が広がります。この間テレビで見たのですが、このあたりの海にはプランクトンが多く、そのため小魚も多いそうです。その小魚を狙って大型魚も入るのですがかなり栄養が行きとどいているため、例えばブリでいうと丸々と太って ”メタボブリ”というのがいるそうです。番組では体長80cm、胴周り58cmの丸々と太ったブリを釣り上げていました。
 一方で陸地では急峻な斜面と強い海風という悪条件でもウバメガシが育つようです。
 展望台では早くもナミアゲハが山頂占有です。今年はギフチョウより先にナミアゲハを見てしまいました。他にはこちらも山頂占有中のヒオドシチョウです。時折ナミアゲハと絡んでいました。
 家へ帰るとプランターの桜草が満開です。今年は桜も例年より数日早く開花するとの予報ですが、ここ数日寒い日が続いたので例年並みのところで落ち着くのでしょうか。

展望台からはリアス式海岸が広がります。
b0315912_00120855.jpg
早くもナミアゲハです。
b0315912_00122245.jpg
ヒオドシもいました。
b0315912_00123448.jpg
ウバメガシの生えるトンネルが続いていますが今日はここまでです。
b0315912_00124863.jpg
我が家の桜草(プリムラ)です。ほぼ例年通りの咲き始めでした。
b0315912_00130272.jpg
もうすぐギフチョウが羽化する季節です。
2017.03.19 三重県にて撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-03-25 00:46 |
2017年 03月 23日

今年の初撮り ~モンシロチョウ

 三川合流地帯です。愛知赴任時は三川といえば、木曽、長柄、揖斐で、三川公園には何度か足を運んだのですが、京都からの三川といえば 木津、宇治、桂となります。ここで合流した川は淀川となり大阪湾へと注ぎます。周りには高速道路、新幹線、JR,私鉄が通り少々騒がしいのが難点ですが、ぶらっと散歩に訪れるには良いところです。春の背割桜として有名な場所です。今日はまだ少し風が冷ためですが陽ざしは明るくなってきました。足もとの芝生で小さな甲虫が飛びます。追いかけるとナナホシテントウです。久しぶりに見る昆虫にほっとします。せっかくなんだからとヤラセモード満載でタンポポに乗せるのですが動きが速すぎて失敗。うまく撮れません。
 場所を変え木津川の堤防では菜の花が少し咲き始め、今年初の羽化組、モンシロチョウを見つけることができました。他のチョウはというとキチョウが一瞬通り過ぎただけでしたが、確実に春がやってきたのを実感できた一日です。

ヤラセ写真もままならず、ナナホシテントウは飛んで行ってしまいました。
b0315912_21100633.jpg
今年初撮りのモンシロチョウです。
b0315912_21102998.jpg
羽化直後で早くも交尾です。
b0315912_21104789.jpg
菜の花で吸蜜。典型的な春の組み合わせですね。
b0315912_21110674.jpg
b0315912_21112579.jpg
飛翔写真はもう一歩です。
b0315912_21114269.jpg
おまけでベニマシコです。探すとなかなか見つからないものです。
b0315912_21115634.jpg
まだ少し寒い日もありますが、来週には桜が咲きだしてきそうです。
2017.03.18 八幡市で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-03-23 21:39 |
2017年 03月 20日

冬物一掃処分市!~鳥モードも今期最後

 しばらく間があいてしまいました。冬の間ずっと 300mm+ x2テレコンがつけっぱなしであったカメラもいつもの 70-200mm+ x1.4テレコンに付け替えました。車のほうはまだスタッドレスタイヤですがもう春モードです。鳥ネタも今回が今期最後かと思います。チョウネタに備えて溜まっていた分を一掃します。
 イカルは京都御所です。今期の御所では写真の出来はともかくアトリの群れ、アオバト、トラツグミ、ルリビタキを見ることができました。続いてのルリビタキは三草山です。ここのところ海辺が多かったのでなんとなく雑木林を訪れました。久しぶりに訪れる三草山ですがナラ枯れの対策でナラガシワを含む多くの樹の幹にビニールが巻かれていました。京都北山でも立派なミズナラが枯れたりナラ枯れ被害が大きく、これ以上被害が大きくならないで欲しいものです。それと何と言っても鹿害も深刻です。大木が枯れても若い木が育ってくれれば良いのですが、若い木が鹿の食害で育たないので森林の若返りができていないと感じます。自然界のバランスがどうも悪くなっている気がして心配です。カワアイサは京都の鴨川です。今年は珍しくしばらく いついていました。

樹の上では良く見かけるイカルですが、今日は地上で食事タイムのようでした。
b0315912_21450639.jpg
たまに何かに驚いて集団で飛んで行っては戻ってくるという行動を繰り返していました。
b0315912_21453041.jpg
ルリビタキ♂。ナラガシワの森の青い奴です。手前の枝にピントが合ってしまって証拠写真です。
初夏には緑の奴(ヒロオビミドリ)を狙ってみようと思っています。
b0315912_21461318.jpg
粘っていると♀もやってきました。チョウもですが鳥も粘りが必要です。
b0315912_21463029.jpg
珍しく京都の鴨川のカワアイサです。今年はずっといたようです。
b0315912_21465515.jpg
陽ざしがもう春です。
b0315912_21472244.jpg
次回からはチョウネタにします。
2017.2末~3.12 に撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-03-20 22:13 |
2017年 03月 07日

そろそろ春の訪れ ~オオワシの北帰

 決まって2月の終わりになると湖北のオオワシが北帰します。例えばチョウが毎年同じ時期に発生するのは気温が主な要因であったりするのですが、鳥の場合はどうなのでしょう?年によって寒暖の差があるので気温ではなさそうです。年が明け、太陽がだんだんと高く上がるようになって照度が上がるのを感じて北帰するのでしょうか?不思議なものです。
 少し前の話題になりますが 2月25日に北帰前のオオワシに会いに出かけました。今日は湖にはゆかずオオワシのいる山の麓でスタンバイです。この日は10時過ぎに飛び立ちました。オオワシはゆっくりと旋回しながら高度を上げてゆきます。トビが執拗に追いかけます。やがてオオワシはいつもとは違い山を越え見えなくなってしまいました。年末にはまた帰って来いよと思いつつ、あっけなく終了です。
 まだ午前中なので場所を変えコハクチョウを見にゆきます。昼に近付くにつれ三々五々飛んでゆくようです。
 午後になって情報収集がてら水鳥センターにお邪魔しました。ちょうどヒシクイが集団で戻ってきたところでした。別室にはオオワシコーナーがあって、、、???モニターにオオワシが映っています??? 係の方に”録画じゃないですよね?”と確かめてみると、やはりLIVE映像のようです。すっかり北帰したと思っていたのですが、山を越えて20分ほどして帰ってきたようです。それっきり松の樹に止っているようです。
 どの道今シーズンは最後なので帰り際にもう一度オオワシを見に行ってみました。枝の陰に隠れて全く動く気なしです。今日はもう飛ばないなと気を緩めた矢先に、、、再度飛び出しました。ほぼ真上を通過、すぐにUターンして山に戻りました。飛出しは見逃しましたが今シーズン最後の最後にダイナミックな飛翔シーンを見せてくれました。
 ちなみに他の方の HP等をみると 翌26日に北帰したようです。
 

 今日は10時過ぎに飛び出しました。
b0315912_22075025.jpg
トビが発情期に入っているそうでオオワシを執拗に攻撃します。
b0315912_22080502.jpg
高度を増してもまだトビが追いかけます。このあとオオワシは山を越えて行ってしまいました。
てっきり北へ戻って行ったものと思い込んでいました。
b0315912_22082191.jpg
そこでコハクチョウの観察です。
b0315912_22084224.jpg
いくつかのグループに分かれて飛んでゆきます。
b0315912_22090430.jpg
真横を飛んでくれることもありました。
b0315912_22092298.jpg
水鳥センターへ行くと、ちょうど集団でヒシクイが戻ってきました。
b0315912_22094176.jpg
水鳥センターでオオワシを確認後、再びオオワシのいる山へ。
b0315912_22100041.jpg
ほぼ真上を通過。こういうときだけは手持ち撮影が有利です。完全にのけ反って撮影しています。
b0315912_22101247.jpg
すぐにUターンして戻ってきました。
b0315912_22104732.jpg
オオワシが帰ると春です。
愛知赴任の時は 羽化組のチョウがそろそろ出始めていました。京都ではまだもう少しです。
2017.02.25 滋賀県で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-03-07 23:02 |
2017年 02月 28日

干潟の鳥

 ミヤコドリの動きが無いのでその間付近の探索です。ウミアイサが堤防の真下にいました。思いがけずの初撮りとなりました。くちばしを水面に付けたかと思うと上にあげます。海水を飲んでいるのでしょうか?複数の個体が同じしぐさをしていました。近くを見渡すとヒドリガモに混じってアメリカヒドリです。久しぶりに見ました。空を見上げるとカモメです。カモメに関してはズグロカモメの件があってからしっかり見ようとは思うのですが、やはり種類がよくわかりません。セグロカモメかな?と思う程度です。難しいです。
 ミヤコドリも一通り撮影し、帰りがけに別の干潟に偵察を兼ねて行ってみました。干潮近くになると干潟がずっと向こうまであって鳥も遠くなります。遠くて種類がよくわからないときはいつものように白っぽいのを探します。あちらこちらと眺めているとツクシガモがいました。写しても小さくてなんとか証拠写真ですが、こちらも初撮りとなりました。
 
堤防の真下にウミアイサがいました。水を飲んでいるのか、みんな同じようなしぐさをします。
b0315912_22323758.jpg
アメリカヒドリは少し遠くても分かるようになってきました。
b0315912_22325620.jpg
カモメは良くわかりません。
b0315912_22331137.jpg
セグロカモメでしょうか?
b0315912_22333917.jpg
公園の杭に止るのはアオジです。
b0315912_22340032.jpg
少し場所を変えて別の干潟です。ツクシガモがいました。特徴があるので遠くても分かりました。
b0315912_22342839.jpg
イソシギの群れが飛びます。
b0315912_22344868.jpg
b0315912_22350648.jpg
風はまだ冷たいですが、日差しが暖かくなってきました。
2017.02.19 三重県で撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-02-28 23:00 |
2017年 02月 27日

ミヤコドリ再び

 暖かい地方ではそろそろチョウが羽化する季節になってきましたが、京都ではまだ我慢です。もう少し鳥モードにお付き合いください。今日は干潟です。満潮が10時30分ごろ、ちょうど良いころ合いです。釣りだと満潮、干潮で釣れる、釣れないがあるのですが、干潟の鳥を見る場合は陸地があるかどうか、それによって鳥との距離が変わってきます。今日の場所は満潮時のほうが近付けるようです。
 とりあえず、ミヤコドリをもう一度見たいなという思いと、いままでに行ったことがないという理由で場所を選びます。なので相変わらず行き当たりばったり感があります。
 現場に着くとミヤコドリは河口の対岸にいました。あまり動きがないので対岸まで行こうかと思案していると、満潮近くで陸地が狭くなったので少し沖にある小さな陸地に集団で移動です。思いがけず目の前を水路を通過です。なかなか壮観でした。ところが沖の陸地に移動した後はしばらく動きなしです。結局次に動きがあったのは昼を過ぎてからでした。今度はいくつかのグループに分かれ、元の河口の対岸へ移動です。待った甲斐がありました。陽が陰っていたので発色は今一つでしたが、近距離で撮影できました。
 粘りでの撮影はチョウでも共通ですね。今年も焦らず、粘り腰でやっていこうかと思います。

対岸のミヤコドリです。しばらく動きはありませんでした。
b0315912_22102779.jpg
満潮近くになって急に移動です。目の前を飛んでくれました。
b0315912_22110405.jpg
沖にできた陸地に移動です。この後昼過ぎまで3時間ほど動きなしでした。
b0315912_22112662.jpg
何回かに分けて再び移動がはじまりました。
b0315912_22114687.jpg
今回は低い位置を飛びます。
b0315912_22120509.jpg
目の前を通過!
b0315912_22123081.jpg
次のグループです。
b0315912_22125564.jpg
陽が陰っていたのがちょっと残念です。
b0315912_22131990.jpg
一旦は元いた対岸に移動したと思っていたら、また沖の陸地へ戻ってきました。
b0315912_22134105.jpg
陽が射すと日差しは春めいてきました。
b0315912_22141657.jpg
そろそろ春です。
2017.02.19 三重県で撮影






[PR]

# by okini_buttefly | 2017-02-27 22:40 |
2017年 02月 23日

鵺(ぬえ)の正体 ~トラツグミ、その後はアトリの群れ

 子供だった頃、夜中にヒー、ヒーと寂しげに聞こえる音が何かの音なのか声なのかも分からず怖くて布団から出られず、音が止んだ隙を縫ってトイレに行っていたのを思い出します。後になってそれは鵺(ぬえ)という妖怪の声で、実際はトラツグミの声だと分かりほっとしたのを覚えています。実は今までトラツグミの姿は見たことがありませんでした。意外と身近に見られるというので探してみました。いましたいました。松の林床の日蔭でうずくまっていると石か樹の根っこのようです。今までも何度も来ている場所ですがスルーしていました。
 近付くとこちらに気付いて立ち上がりますが動きは鈍いです。そうか、子供の頃こいつに脅かされていたんだと、初見でしたがちょっと複雑な思いでした。距離を置きながら何枚か撮影しているとようやく日なたに出てきました。ギフチョウもそうですが、こういうトラがらは保護色なんですね。結構周りの風景に溶け込んでいます。まあ初撮りも出来たことなので、子供の頃の恨みはなしにすることにしましょう。

日陰でこんな感じにじっとしているとすぐには見つけられません。
b0315912_21341132.jpg
こちらに気づいて立ち上がりました。
b0315912_21342710.jpg
だんだら模様は保護色だと良くわかります。散々脅かされましたが結構愛嬌のある顔をしています。
b0315912_21344409.jpg
トラツグミは終わってこちらはアトリ。梅の樹に止りました。
b0315912_21351287.jpg
落ち葉が溜まったところでアトリの群れを見つけました。これだけの群れははじめてみました。
時折何かに驚いたように飛び立ちます。
b0315912_21352626.jpg
一気に飛ぶとこんな感じです。でもすぐに戻ってきました。
b0315912_21354883.jpg
まだまだ、身近な所でも知らないことがあるものです。
2017.02.12 京都市にて撮影



[PR]

# by okini_buttefly | 2017-02-23 22:06 |