チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 29日

なんとかメスアカミドリ

 今年こそはヒサマツをと思い、有名ポイントを回るものの嫌われて空振りです。午前でヒサマツを諦めて夕方にメスアカミドリの居るポイントを覗いてみます。ちょうど時間が良く活動時間に到着することができました。難点はというと夕陽を背中に浴びる状態で止るのでうまく色が出ません。チョウの前側に回ろうにもそこは崖になっており回れません。それでも粘っているとうまい具合に良い位置に止ってくれる瞬間がありなんとか緑色に光る姿を撮影できました。

目の前に止ってくれるものの角度が悪く後翅が光りません。
b0315912_22404475.jpg
後翅が光るところまで回り込もうとするのですが、これ以上行くと谷に落ちるのでここが限界です。
b0315912_22410374.jpg
この角度では青く光ります。
b0315912_22412435.jpg
ほんの一瞬、向こう側のイタドリに止ります。やっぱりこの色が良いです。
でも、この位置に来てくれたのは1回きりでした。
b0315912_22414539.jpg
少し角度がずれるとこうなります。
b0315912_22420806.jpg
再び手前の葉の上に止ります。
b0315912_22422892.jpg
V字になった時に緑色に光ります。
b0315912_22425702.jpg
b0315912_22432837.jpg
雰囲気だけですが、飛翔写真です。
b0315912_22440540.jpg
b0315912_22443175.jpg
2017.06.24 滋賀県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-29 21:36 |
2017年 06月 26日

フジミドリ ブルー!

 フジミドリシジミのリベンジです。朝の5時のヤフー天気予報では 晴れのち曇りだったのに、現地に近付くにつれ雲がかかり目的地の山にはガスがかかっていました。山の麓で引き返そうか考えたものの様子見だけでもと、ポイントに向かいます。ポイントでは想定どおり曇りでフジミドリは出てくる気配なしです。白い蛾が数頭飛んでおり気温が高めなのが救いです。辺りの探索などしながらしばらく待って太陽が雲越しに形が分かるくらいの天気になるとようやく1頭がひらひらと降りてきました。続いて向こうの方の木の上に1頭。上の方なので下から眺めていると、足もとに別の1頭が降りてきました。せわしなく動き回りしばらくして体が温まると(?)木の上に戻ってゆくという時間的な余裕はなかったもののなんとか撮影成功です。

曇り空の中のスタートとなりました。エゴノキがきれいに咲いています。
b0315912_01162744.jpg
9時半頃になってようやく1頭が降りてきました。
b0315912_01164421.jpg
そして足もとにも!憧れのフジのブルーです。V字開翅が幸いして翅のグラデーションがきれいに出ました。
b0315912_01170103.jpg
一か所に留まらず動き回るので追いかけるのに大変でした。
b0315912_01172120.jpg
今回は V字開翅ばかりでしたが良い感じに開いてくれました。
b0315912_01173770.jpg
b0315912_01175430.jpg
足元では ♂が吸水です。
b0315912_01180824.jpg
傍らに♀も降りてきており開翅してくれました。
b0315912_01182446.jpg
b0315912_01184991.jpg
諦めずに行った甲斐がありました。
2017.06.18 滋賀県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-26 01:49 |
2017年 06月 21日

風強く キマルリは。。。

 フジミドリの翌日はキマダラルリツバメを探しにゆきます。ポイントに着いたものの風が強く、とてもとてもチョウが飛べるような状況ではありません。先に来られている方に聞いても目撃情報があるのみです。夕方5時頃になって帰ろうと最後の探索をしていると土手の風下でススキの葉にしがみつくように止っている個体をようやく発見できました。
 
 ススキの葉にしがみつくように止るキマルリ。尾状突起が風にたなびいています。
b0315912_20454919.jpg
開翅しようとするものの風が強く開けません。
b0315912_20461393.jpg
土手から落ちそうになりながら反対側に回ります。
ススキの葉が揺れるのでフォーカスがなかなか合いません。
b0315912_20462810.jpg
1頭でも写真が撮れて良かったです。
2017.06.11 京都で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-21 20:51 |
2017年 06月 19日

ようやくゼフのシーズンというものの。。。

 今年は全体に季節の移り変わりが遅く、それを見込んで遅い目に出動してもうまくタイミングが合わないという状況に陥ってしまっています。まずはフジミドリからと勢い勇んで出かけたものの個体数が少なく開翅も見られず、平地でもウラナミアカ、ミズイロオナガ、ウラジロミドリの証拠写真に留まってしまいました。この先どうなるのやら。。。

ようやく出てきたフジミドリ。直後にめったに来ない作業車が来て開翅前に飛んで行ってしまいました。
この日はこれっきりでした。
b0315912_21022874.jpg
山を降りて、ウラナミアカシジミです。
b0315912_21024826.jpg
きれいな個体です。
b0315912_21030858.jpg
ミズイロオナガは角度がいま一つの証拠写真です。
b0315912_21032683.jpg
ウラジロミドリも高くで止るのみ。。。
b0315912_21034841.jpg
ゼフではないですが、きれいなヒオドシチョウが見られました。
b0315912_21040323.jpg
次はどこへ行こうか悩んでしまいます。
2017.06.10 滋賀県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-19 21:13 |
2017年 06月 09日

クモツキ again!

 前回が消化不良だったので、クモツキに再チャレンジです。夜中に家を出発して現地の始発バスに乗り込みます。おかげで 8時過ぎにはポイント到着です。この時間にチョウが飛んでいないのは想定済み。辺りを探索します。うろうろしていると砂防ダム前の空き地で偶然に♂を発見です。体が十分に温まっていないので飛んでもそんなに遠くまで行きません。体を温めるのが先で訪花にはほとんど来ませんがゆっくり撮影することができました。
 この日も幸先が良いと思っていたのですが、少し気温が低い目で結局 ♂は2頭のみの出現でした。それでも十分に撮影でき良い一日を過ごすことができました。

朝一番、足もとから1頭飛び出しました。
b0315912_22465352.jpg
朝方は訪花にはなかなか来ませんでしたが、なんとか撮影できました。
b0315912_22471247.jpg
オーソドックスなポーズですが今回、このポーズはこの一枚きりでした。
b0315912_22472818.jpg
全開です。
b0315912_22474751.jpg
♀はあまり目にしませんでした。
b0315912_22480447.jpg
ちょっとフォーカスがずれましたが良い感じです。
b0315912_22482010.jpg
2頭の追いかけ合いです。なかなかビシッと決まりません。
b0315912_22483865.jpg
飛出しがうまく写っているのがありました。
b0315912_22485588.jpg
b0315912_22491319.jpg
良い感じに止ってくれました。
b0315912_22494855.jpg
クモツキにもフォーカスが来れば・・・ 
b0315912_22500553.jpg
b0315912_22502360.jpg
早起きした甲斐がありました。
2017.06.03 長野県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-09 00:33 |
2017年 06月 04日

南のクモツキ

 投稿が遅くなりましたが、前回の続きです。20年以上も前、延々と2時間以上も河原を歩いてようやく見つけたはじめて見るクモツキ。これが南アルプスだったので、南アルプスのクモツキになんとなく思い入れがあります。南アルプスのクモツキも今年は発生が遅いようです。10時だというのに一向に現れません。ようやく現れた♂も吸蜜植物が少なくスミレに一瞬止まったもののすぐに谷の下の方に降りて行ってしまいました。しばらくして出てきたのは♀ばかりです。♂より♀のほうが先に発生するのでしょうか?

 10時過ぎになって出てきた今日唯一の♂です。この写真だと北アルプス産か、南アルプス産かも分かりません。
b0315912_21161830.jpg
あとは♀ばかりが出てきました。
b0315912_21163975.jpg
b0315912_21165731.jpg
b0315912_21172715.jpg
b0315912_21174929.jpg
b0315912_21180673.jpg
一緒に来ていた方が使われていたビニールシートです。
AUのオレンジ色に反応して♀が一瞬止りました。
クモツキは♀が♂を探すような行動をとるのでしょうか?
b0315912_21182830.jpg
結局夕方まで♀ばかりを撮影していました。
b0315912_21184900.jpg
シナノコザクラがきれいに咲いていました。
b0315912_21191397.jpg
珍しくホシガラスです。結構人慣れしているのか近くにやってきました。
b0315912_21193574.jpg
オレンジ色が見たいものです。
2017.05.27 長野県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-04 21:40 |
2017年 06月 01日

ミヤマシジミ & ギンイチモンジセセリ

 天気がどうなるか分からないまま早い目に有給休暇を入れてしまうので当日に天気が崩れるとどうしようもありません。きっとクモツキの居る山は雨です。朝ゆっくり出ると高速の割引が効かなくなるので天気に関係なく深夜割引のある時間に出発です。朝早くに現地に到着したので、少しは止むかもしれないと平地をうろうろします。まずはミヤマシジミを探してみます。ミヤマシジミが保護されている公園ではあちらこちらと探してようやく1頭の♂を見つけることができました。個体も新鮮で発生はこれからというところでしょう。
 なんとか撮影できたので、次はギンイチモンジセセリのいる河原へ行ってみます。ここでは河原の荒れ地に生えるススキで発生しているようです。山間部の河原では曇り、薄日、雨 を繰り返す安定しない天気でした。それでも、薄日が射すとへらへらと飛び出すような状況で、こちらもなんとか撮影できました。早起きした甲斐がありました。

探しまわってようやくミヤマシジミを見つけました。
b0315912_20091335.jpg
なかなかきれいな個体です。
b0315912_20093389.jpg
裏側も写すためにローアングルで。
b0315912_20101343.jpg
真上から。渋い色をしています。
b0315912_20103992.jpg
ちょっと面白い場面に出くわしました。
茎を挟んで両側の葉にダイミョウセセリとベニシジミです。
b0315912_20111068.jpg
場所を変え、ススキの生える河原です。ギンイチモンジセセリが居ました。
b0315912_20114162.jpg
こういう前後にいろいろある風景だと AFが合いにくいです。う~ん、困ったもんです。
b0315912_20121895.jpg
他のセセリと違って開翅の仕方が違います。
b0315912_20124758.jpg
再度横から。
b0315912_20133135.jpg
赤いクリンソウを発見しました。
b0315912_20135468.jpg
一日雨でなくて良かったです。
2017.05.26 長野県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-06-01 21:12 |