チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 28日

干潟の鳥

 ミヤコドリの動きが無いのでその間付近の探索です。ウミアイサが堤防の真下にいました。思いがけずの初撮りとなりました。くちばしを水面に付けたかと思うと上にあげます。海水を飲んでいるのでしょうか?複数の個体が同じしぐさをしていました。近くを見渡すとヒドリガモに混じってアメリカヒドリです。久しぶりに見ました。空を見上げるとカモメです。カモメに関してはズグロカモメの件があってからしっかり見ようとは思うのですが、やはり種類がよくわかりません。セグロカモメかな?と思う程度です。難しいです。
 ミヤコドリも一通り撮影し、帰りがけに別の干潟に偵察を兼ねて行ってみました。干潮近くになると干潟がずっと向こうまであって鳥も遠くなります。遠くて種類がよくわからないときはいつものように白っぽいのを探します。あちらこちらと眺めているとツクシガモがいました。写しても小さくてなんとか証拠写真ですが、こちらも初撮りとなりました。
 
堤防の真下にウミアイサがいました。水を飲んでいるのか、みんな同じようなしぐさをします。
b0315912_22323758.jpg
アメリカヒドリは少し遠くても分かるようになってきました。
b0315912_22325620.jpg
カモメは良くわかりません。
b0315912_22331137.jpg
セグロカモメでしょうか?
b0315912_22333917.jpg
公園の杭に止るのはアオジです。
b0315912_22340032.jpg
少し場所を変えて別の干潟です。ツクシガモがいました。特徴があるので遠くても分かりました。
b0315912_22342839.jpg
イソシギの群れが飛びます。
b0315912_22344868.jpg
b0315912_22350648.jpg
風はまだ冷たいですが、日差しが暖かくなってきました。
2017.02.19 三重県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-28 23:00 |
2017年 02月 27日

ミヤコドリ再び

 暖かい地方ではそろそろチョウが羽化する季節になってきましたが、京都ではまだ我慢です。もう少し鳥モードにお付き合いください。今日は干潟です。満潮が10時30分ごろ、ちょうど良いころ合いです。釣りだと満潮、干潮で釣れる、釣れないがあるのですが、干潟の鳥を見る場合は陸地があるかどうか、それによって鳥との距離が変わってきます。今日の場所は満潮時のほうが近付けるようです。
 とりあえず、ミヤコドリをもう一度見たいなという思いと、いままでに行ったことがないという理由で場所を選びます。なので相変わらず行き当たりばったり感があります。
 現場に着くとミヤコドリは河口の対岸にいました。あまり動きがないので対岸まで行こうかと思案していると、満潮近くで陸地が狭くなったので少し沖にある小さな陸地に集団で移動です。思いがけず目の前を水路を通過です。なかなか壮観でした。ところが沖の陸地に移動した後はしばらく動きなしです。結局次に動きがあったのは昼を過ぎてからでした。今度はいくつかのグループに分かれ、元の河口の対岸へ移動です。待った甲斐がありました。陽が陰っていたので発色は今一つでしたが、近距離で撮影できました。
 粘りでの撮影はチョウでも共通ですね。今年も焦らず、粘り腰でやっていこうかと思います。

対岸のミヤコドリです。しばらく動きはありませんでした。
b0315912_22102779.jpg
満潮近くになって急に移動です。目の前を飛んでくれました。
b0315912_22110405.jpg
沖にできた陸地に移動です。この後昼過ぎまで3時間ほど動きなしでした。
b0315912_22112662.jpg
何回かに分けて再び移動がはじまりました。
b0315912_22114687.jpg
今回は低い位置を飛びます。
b0315912_22120509.jpg
目の前を通過!
b0315912_22123081.jpg
次のグループです。
b0315912_22125564.jpg
陽が陰っていたのがちょっと残念です。
b0315912_22131990.jpg
一旦は元いた対岸に移動したと思っていたら、また沖の陸地へ戻ってきました。
b0315912_22134105.jpg
陽が射すと日差しは春めいてきました。
b0315912_22141657.jpg
そろそろ春です。
2017.02.19 三重県で撮影






[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-27 22:40 |
2017年 02月 23日

鵺(ぬえ)の正体 ~トラツグミ、その後はアトリの群れ

 子供だった頃、夜中にヒー、ヒーと寂しげに聞こえる音が何かの音なのか声なのかも分からず怖くて布団から出られず、音が止んだ隙を縫ってトイレに行っていたのを思い出します。後になってそれは鵺(ぬえ)という妖怪の声で、実際はトラツグミの声だと分かりほっとしたのを覚えています。実は今までトラツグミの姿は見たことがありませんでした。意外と身近に見られるというので探してみました。いましたいました。松の林床の日蔭でうずくまっていると石か樹の根っこのようです。今までも何度も来ている場所ですがスルーしていました。
 近付くとこちらに気付いて立ち上がりますが動きは鈍いです。そうか、子供の頃こいつに脅かされていたんだと、初見でしたがちょっと複雑な思いでした。距離を置きながら何枚か撮影しているとようやく日なたに出てきました。ギフチョウもそうですが、こういうトラがらは保護色なんですね。結構周りの風景に溶け込んでいます。まあ初撮りも出来たことなので、子供の頃の恨みはなしにすることにしましょう。

日陰でこんな感じにじっとしているとすぐには見つけられません。
b0315912_21341132.jpg
こちらに気づいて立ち上がりました。
b0315912_21342710.jpg
だんだら模様は保護色だと良くわかります。散々脅かされましたが結構愛嬌のある顔をしています。
b0315912_21344409.jpg
トラツグミは終わってこちらはアトリ。梅の樹に止りました。
b0315912_21351287.jpg
落ち葉が溜まったところでアトリの群れを見つけました。これだけの群れははじめてみました。
時折何かに驚いたように飛び立ちます。
b0315912_21352626.jpg
一気に飛ぶとこんな感じです。でもすぐに戻ってきました。
b0315912_21354883.jpg
まだまだ、身近な所でも知らないことがあるものです。
2017.02.12 京都市にて撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-23 22:06 |
2017年 02月 14日

ちょっとだけ 雪景色

 夜中に結構雪が降っていたので翌朝は雪景色を見に行こうと思いました。若いころはわざわざ雪景色を見にゆくことはなかったのですが、最近になって長年京都に住んでいるのだからと、折を見て出かけることにしています。
 しんしんと降っていたので歩けないくらい雪が積もるかと思っていたら、予想に反して朝には道に全く積雪はありませんでした。それでも車の上や屋根には雪が残っていました。今日は朝寝坊の娘と散策です。まずは東山にある八坂の塔あたりです。梅に雪が積もっており良い感じです。八坂の塔もうっすらと雪景色です。陽があたればすぐに融けてしまいそうです。
 高台寺は、一面の雪景色とはゆかないまでもいつもとは違う風景を見るだけの雪は残っていました。
 家に帰ると、プランターに積もった雪もほとんど消えていました。毎年育てているプリムラマラコイデスですが、今年は例年通りの咲き始めです。昨年、一昨年は今一つ季節の移り変わりがはっきりせず、チョウの発生もだらだらとしていた感じがありましたが、今年はメリハリある季節の移り変わりになってくれるでしょうか。

 それから、ここ何年か不調のキリシマミドリですが今年はどうでしょうか。昨年の夏は久しぶりにアカガシのおいしそうな休眠芽がついた樹を多く見ることができました。今年こそはブレイクしてくれるのではと個人的には期待しています。

梅に積もった雪は風情があります。
b0315912_01051616.jpg
なんとか雪が残っている八坂の塔です。すぐにでも融けてしまいそうです。
b0315912_01060187.jpg
日蔭ではまだ少し雪が残っていました。
b0315912_01064625.jpg
高台寺の庭園です。
b0315912_01073177.jpg
白砂の庭はもう雪が融けかけでした。
b0315912_01094231.jpg

b0315912_01102652.jpg
藁ぶき屋根に積もった雪をちょっと違うアングルで撮ってみました。
b0315912_01111321.jpg
家に帰って我が家のプリムラです。例年通りの咲き始めでしょうか。
b0315912_01120388.jpg
そろそろ春が近付いてきました。
2017.02.11 京都市で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-14 20:54 | 風景
2017年 02月 10日

陽気に誘われて ~ムラサキシジミ

 久しぶりにチョウの話題です。今日は気温が2ケタになるという良いお天気になりました。梅の花も樹によっては満開です。今年は季節の移行は平年通りかなと思います。梅の樹に近付くとミツバチが次から次へと花を移動し忙しそうです。何枚か写真を撮り、その後散歩がてらに歩いているとアラカシの垣根にムラサキシジミを見つけました。越冬中とは思えないくらいきれいな個体でした。最初は翅を閉じていましたが、しばらくすると期待通りに開翅です。久しぶりの陽気と、チョウの撮影でちょっとほっこりした気分です。

陽気に誘われてムラサキシジミが出てきました。カメラのオートフォーカスも退院後良好です。
b0315912_21173896.jpg
しばらく待つと開翅です。
b0315912_21175861.jpg
あと1カ月もすれば飛べるくらいには暖かくなっているのでしょうね。
b0315912_21181673.jpg
梅もきれいに咲いています。
b0315912_21183115.jpg
ミツバチも飛んでいます。
b0315912_21184797.jpg
まだまだ寒い日は続きますが、春もそんなに遠くありません。
b0315912_21190228.jpg
来月には早いところではギフチョウが飛び出しますね。待ち遠しいです。
2017.02.04 京都市で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-10 21:42 |
2017年 02月 05日

湖北の野鳥

 前回の続きです。いつもはオオワシを狙うと身動きが取れす他の鳥を見る余裕がありません。今日はオオワシが飛ぶまでの間を縫って他の鳥も見てみることにしました。
 オオワシを待つ脇の雪に覆われた田んぼにスズメやホオジロがやってきます。何しに来ているのか分からなかったものの良く見ると雪から出た稲穂に残ったお米を食べていました。雪の上で遊んでいるのではないのですね。
 湖のほうでは水鳥がいますが、白っぽいのを中心に見ることにしています。今回もカワアイサ、ホオジロガモ、カンムリカイツブリ、ミコアイサが見られました。逆にいえば白っぽくないのはうまく見つけられません。ホオジロガモは私のお気に入りですが、今日は飛出しのシーンを撮影することができました。ミコアイサは直前に見たカンムリカイツブリが潜って別のところに顔を出しただけとタカをくくっていたのが間違いで確認が遅れました。よく見るとパンダ顔のミコアイサでした。ミコアイサも港に戻ってきた船にあわてて飛びだし、こちらもあわててレンズを向けたのでピントの甘い写真となってしまいました。
 ワシタカ類ではいつものノスリを見ることができました。トビも雪に照らされ珍しく下の面もくっきり写りました。

オオワシの飛出しを待つ間に、傍らの田んぼを観察です。ホオジロは雪の田んぼに来てお食事です。
b0315912_22050464.jpg
スズメもやってきます。
あまり他所見しすぎるとその間にオオワシが飛ぶといけないのですぐに山の方に目を向ける必要があります。
b0315912_22052011.jpg
琵琶湖に出る道すがら、一瞬ですがベニマシコです。目線がそれてます。。
b0315912_22054788.jpg
この写真では判別しにくいですがジョウビタキの♀です。
b0315912_22060911.jpg
湖岸ではイソヒヨドリです。今日はなぜか♀を見る機会が多いです。
b0315912_22062902.jpg
アトリとカワラヒワ。手前に飛び出したのでいつもと違う雰囲気で撮れました。
b0315912_22064902.jpg
上空ではトビが低空飛行です。雪の反射で羽の下面の模様も今日はくっきり見えます。
b0315912_22071343.jpg
こちらはノスリです。
b0315912_22073471.jpg
遠くでホオジロガモです。愛嬌ある顔をしています。
水面を走って加速です。
b0315912_22075488.jpg
飛び出しました。
b0315912_22082943.jpg
カンムリカイツブリです。
b0315912_22085216.jpg
こちらも遠かったですがカワアイサです。
b0315912_22103084.jpg
いつの間にか現れたミコアイサ。気づくのが遅れました。パンダ顔に気付いた時には港に戻った船に驚き飛び出したところでした。急にレンズを向けたのでかなり甘い目の写真となりました。それでも久しぶりのミコアイサはラッキーでした。
b0315912_22105725.jpg
今日は盛りだくさんの一日となりました。
2017.01.28 滋賀県にて撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-05 22:52 |
2017年 02月 05日

今年も健在 ~湖北のオオワシ

家のほうが落ち着かないのと、カメラの方もオートフォーカスがいまひとつ甘く入院していたのでフィールドは少しお休みとなっていました。ひとまずカメラのほうは無事退院となったので湖北まで足を延ばしてみました。今日は腰を据えてオオワシを狙ってみることにします。今日は朝から良い天気ですが、湖北地方の田んぼには昨日までの雪が残っており真っ白な状況でした。
 今日は2時間ほど待って1回目のフライトでした。山沿いに北上したかと思うとすぐにUターンして戻って別の樹に止りました。しかも樹の裏側と何だか飛ぶ気がなさそうです。なんとか遠目ながらも撮影できたので琵琶湖方面へ移動です。今日は湖上を飛ぶシーンが撮れれば、、、と淡い期待です。
 2度目のフライトは昼過ぎでした。1回目と同じく北方面へ飛びましたが、遠くへ行き過ぎ見失ってしまいました。
このときは狩りに失敗したのかすぐに帰ってきました。
 今日3度目のフライトは2回目から約1時間後でした。3回目も2回目とほぼ同じコースで北へ向かいました。高く飛んだので私は一旦見失ってしまいました。非常に遠く何かが動いている程度に見える場所をとりあえず撮影です。帰ってPCで確認してようやく分かる程度でしたが、幸いにしてオオワシが写っていました。これまた帰ってから判明したのですが足にはちゃんと魚を捕まえていました。帰って来てからなのでライブ感はなかったですが、初の魚を捕えたシーンを撮ることができました。
 それから今日は大きなおまけがつきました。あまりに遠かったので少しでも近付こうと歩いていると正面から何か飛んできました。逆光なのでしばらく何か分かりませんでしたがオオワシのようです。どんどん近付いて来て真横を通過です!今までの中で最接近です。いやはや、迫力が違います。

1回目のフライトです。
b0315912_00004195.jpg
すぐにUターンです。
b0315912_00005835.jpg
b0315912_00011639.jpg
枯れた松の向こう側に止りました。
b0315912_00013549.jpg
2回目はうまく撮れなかったので、これは3回目のフライトです。
琵琶湖側で待っていたら上空を通過しました。
b0315912_00015569.jpg
一旦見失い、肉眼では到底認識できないレベルのところを撮影です。
思いっきり延ばしてみると足に魚を捕まえているのが分かります。
b0315912_00021895.jpg
カモメがオオワシを追います。魚が重いのか、それともカモメに下から攻撃されないようにか湖面すれすれを飛んでゆきました。
b0315912_00023620.jpg
船に乗っていて真横をオオワシが飛んだら迫力あるだろうなと思います。
b0315912_00025536.jpg
カモメから逃れてようやく魚を食べ始めたら、今度はミサゴに攻撃されていました。
b0315912_00031130.jpg
オオワシに近づいてゆこうと歩いていたら正面から戻ってきました!
b0315912_00033895.jpg
逆光なのが残念ですが、
b0315912_01435619.jpg

近くだと迫力が違います。
b0315912_00041658.jpg
湖上シーンの初撮りもでき、最接近もでき、良い一日でした。
2017.01.28 滋賀県にて撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-05 01:48 |