チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 30日

ことしもハイイロチュウヒ健在

 ムラサキツバメの後に今年もハイイロチュウヒを見に行ってきました。相変わらずの人気で多くの方がスタンバっておられます。私も車を止めハイイロチュウヒが戻ってくるまで少し待ちモードです。4時ごろだろうとのんびりしていたら 3時半ごろには戻ってきました。しばらく葦原の上を飛んだ後、葦原に隠れてしまいました。前回はここで終わったのですが、今日は幸いにしてもう一度飛び出してくれました。今年もハイイロチュウヒは健在のようです。また落ち着いた頃に訪れようと思います。

 時間が早かったのでハイイロチュウヒのポイントに行くまでに辺りを散策です。
ミサゴです。ちょっと見にくいですが魚をつかんでいます。
b0315912_22525655.jpg
こちらは別のミサゴです。シルエットながら魚をつかんでいるのがよくわかります。
b0315912_22531809.jpg
海辺ではアオサギと鵜が向き合っていました。
b0315912_22533387.jpg
そうこうしているうちにハイイロチュウヒが戻ってきました。
b0315912_22535065.jpg
旋回して、
b0315912_22540984.jpg
葦原へ。低空飛行です。
b0315912_22544695.jpg
b0315912_22551494.jpg
二度目の飛行です。上を飛ぶのはハイイロチュウヒの♀でしょうか。
b0315912_22553326.jpg
羽根のグラデーションがなんともきれいです。日没まで飛んでくれました。
b0315912_22555375.jpg
そろそろ鳥モードになってきました。
2015.11.21 愛知県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2015-11-30 23:16 |
2015年 11月 27日

キチョウの舞

 ムラサキシジミと一緒に居たチョウ達です。ムラサキシジミやウラギンシジミ、ウラナミシジミといったおなじみのチョウ達ですが、その中でもキチョウが多く飛んでいました。

 
まずはムラサキシジミ
b0315912_20554329.jpg
ウラギンシジミの♀
b0315912_20560727.jpg
ウラナミシジミは結構きれいな個体です。
b0315912_20562358.jpg
キチョウがたくさん飛んでいました。
b0315912_20564792.jpg
一頭は周りを飛ぶのですが、もう一頭は吸蜜に専念しています。
b0315912_20570377.jpg
そして、
b0315912_20572295.jpg
最後は、飛んでいた方がもう一頭の横に止まり仲良く吸蜜となりました。
b0315912_20574349.jpg
ここ二三日で急に寒くなり通勤用のコートを出してきました。
越冬組は越冬できる体力を蓄えられたでしょうか
2015.11.21 愛知県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2015-11-27 21:09 |
2015年 11月 25日

ムラサキツバメの越冬

 今年もムラサキツバメを見に行ってきました。昨年は集団越冬している場所を教えて頂いたのですが今日は誰もおられないので一人で探してみました。結構丁寧に探したつもりなのですが、5頭ほどの集団を見つけたに留まりました。
 今日は暖かいせいもあってか活発に活動する姿が見られました。

ようやく探しだした小集団です。この写真だけではわかりにくいのですが5頭ほどいるようです。
b0315912_22144554.jpg
なかなか写真の撮れる位置には来ませんでしたがまず♀が降りてきました。
b0315912_22150519.jpg
そして♂です。
b0315912_22153012.jpg
椿で吸蜜する個体もいました。
b0315912_22154819.jpg
角度によって♂も鮮やかな紫色に見えるようです。この渋い色合いは初めて見ました。
b0315912_22160420.jpg
こちらは、くずの葉に溜まった露で給水です。
b0315912_22162728.jpg
♂は少し翅をすぼめた方が色が鮮やかな気がします。
b0315912_22164696.jpg
光線の射し方にも依るのでしょうが全開でもさほど鮮やかではありません。
b0315912_22170993.jpg
ミドリシジミ類とはまた違った翅の構造になっているのでしょうか?
b0315912_22172909.jpg
足元を見ると、一頭が地面に降りたと思うと口吻を延ばしています。
b0315912_22174491.jpg
こちらは別個体です。枯葉の上に止まり季節感が出ています。
b0315912_22180791.jpg
b0315912_22183573.jpg
元気に冬越しして欲しいものです。
2015.11.21 愛知県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2015-11-25 23:13 |
2015年 11月 18日

京の紅葉

 今年は紅葉が遅いようです。今年も京都の西山にある善峯寺を家内と今日はバイトの無い娘とで訪ねてみました。
曇り空で発色もいまいちで証拠写真ほどの写真ばかりとなりましたが、久しぶりにのんびりと散策が出来ました。


まだまだ色づきが浅いです。
b0315912_22554875.jpg
ここは、いつもはガッツリ色づくのですが、今年は葉の数も少なめです。
b0315912_22560515.jpg
お気に入りのスポットです。赤、黄、緑が交じって良い感じです。
b0315912_22562123.jpg
バックの紅葉は最盛期には真っ赤になります。
b0315912_22563702.jpg
ここも輝くようなオレンジ色になります。
b0315912_22565678.jpg
ここも真っ赤になるのですが、まだまだ緑のままでした。
b0315912_22571192.jpg
この調子だと12月に入っても紅葉が残ってそうです。
2015.11.14 京都 善峯寺にて


[PR]

by okini_buttefly | 2015-11-18 23:16 | 風景
2015年 11月 16日

紅葉狩り ~永源寺

 京都に戻る途中に、ちょっと寄り道です。そろそろ鳥も写そうかと水辺に行くもまだ来訪者は少なそうです。足元を見るとヤマトシジミが1頭飛んでいます。ここしばらく気温が高めで羽化したのでしょう比較的新鮮な個体です。が他に相手になってくれる個体もなく、また花もなく、花の落ちたセンダングサでの吸蜜は寂しさを感じさせます。帰りは鈴鹿山脈を越えいつもは通過する永源寺に寄ってみました。紅葉には少し早めでしたが色づき始めた紅葉もなかなかのものでした。

鳥の方はカンムリカイツブリとハシビロガモらしきカモ
b0315912_21222098.jpg
花の落ちたセンダングサで吸蜜するヤマトシジミ
b0315912_21224173.jpg
場所を変えて永源寺です。きれいな形の葉っぱもありました。
b0315912_21225851.jpg
天気が良くないので発色はいまいちですがきれいに色づいた樹もあります。
b0315912_21232416.jpg
b0315912_21234600.jpg
まだ緑が残っているところもありました。
b0315912_21240596.jpg
b0315912_21242414.jpg
今年の紅葉は遅めでしょうか。
2015.11.13 三重県、滋賀県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2015-11-16 21:36 | 風景
2015年 11月 09日

アカガシとブナが隣接する森

 アカガシとブナが隣接している森があるというので訪れてみました。
 現地へ到着。もう里まで紅葉が降りてきています。小川沿いの道でも紅葉は進み、足元の落ち葉の上には越冬するためかイモリが歩いていました。少し歩くと湿原があり、ミヤマウメモドキの実が印象的です。この湿原および周辺の森は多くの方々によって手入れがされているようです。放置された森林もよく目にするなか、多くの人手がかかっていることが感じられます。
 湿原を過ぎると雑木林となります。少し標高を上げるとマンサクも見られます。そうこうするうちにアカガシが現れました。予想以上に立派なアカガシです。周りに落葉樹が多く、照葉樹林帯のイメージとは少し違っています。見渡すとブナの樹もあります。天気が今一つなので発色は良くありませんがアカガシとのツーショットも撮れました。第一印象としては、”すごい”というより ”なんでやねん”という突っ込みを入れてくなる、そんな感じでした。よく見るとミズナラもあるので、ブナ、ミズナラの生える標高が低いと思います。通常ならアカガシとブナの間はコナラやミズナラといったワンクッションが入るのでこの風景は何とも違和感があります。日本海側の寒冷な気候と、太平洋側の温暖な気候が交じった非常に面白い光景です。
 しかしながらチョウの方は滋賀県北部ではキリシマミドリはいなさそうですし、フジミドリはいたとしても降りてくる空間が無く撮影に適した場所はなさそうで、残念ながらキリシマとフジのバトルとまでは行かなさそうですね。。。
 アカガシの生える場所より上部は、ブナの生える落葉樹林となります。よく手入れされた気持ちの良い森で、季節を変えて訪れようと思います。


紅葉が進んできました。
b0315912_17091977.jpg
b0315912_17093459.jpg
落ち葉の上をイモリが歩いていました。
b0315912_17095327.jpg
湿原に生えるミヤマウメモドキの実です。
b0315912_17101394.jpg
雑木林も色づいています。
b0315912_17103222.jpg
マンサクもしかり。
b0315912_17104815.jpg
落葉樹の中にアカガシが現れました。

b0315912_17112561.jpg
ブナとアカガシのツーショットです。完全に葉と葉が触れ合っています。

b0315912_17114755.jpg
ちょっと見にくいですが、こんな風に混成しています。

b0315912_17120513.jpg
少し高度を上げると落葉樹がメインとなります。

b0315912_17122688.jpg
落ち葉が良い具合に積もっています。

b0315912_17124497.jpg
帰り際に黄葉も撮影。

b0315912_17131263.jpg
こちらは赤と黄色と。

b0315912_17134663.jpg
大規模なエリアでは無いのに変化に飛んでおりその特異性に興味を感じることができました。
また季節を変え訪れようと思います。
2015.11.7 滋賀県にて撮影




[PR]

by okini_buttefly | 2015-11-09 23:18 | そのほか