チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 28日

今年のキリシマミドリは厳しいです

 今年のキリシマミドリは厳しいです。3日分まとめての報告です。まずは連休中日の7月19日。と言っても翌日は出勤日なので、天気が良くなくても出動です。時折雨も混じる天気でしたが、気温はまあまあでミヤマカラスアゲハやクロシジミも出てくる状況でした。照度はやや暗めでしたが、キリシマが出てきてもよさそうな薄曇りになっても音沙汰なし。結局この日は目撃なしです。7月24日はずっと前から休暇を取っており、天気も良い状況でした。この時期に、この天気で出てこなければおかしいと思うような状況でしたが、結局2♂を見ただけに終わりました。翌25日は別の場所へ行ってみました。もともと個体数は少なく、ポイントも狭くメインでは決して行かないところですが、ひとまず偵察です。結局、樹の上の方に止まった♂が見られましたが、緑色に輝く表は撮れずに終わりました。


まずは7/18の写真から。ミヤマカラスアゲハも飛びそんなに悪くはない天気でした。
b0315912_22392671.jpg
クロシジミも出てきてあとはキリシマと思いつつ、結局空振りでした。
b0315912_22402247.jpg
一瞬キリシマのメスかと思ったもののよく見るとトラフシジミでした。
b0315912_22404038.jpg
7/24は天気は良かったです。シロオビドクガの交尾です。
b0315912_22411060.jpg
いろいろな昆虫が現れます。
b0315912_22413015.jpg
オオセンチコガネはノーマルの赤銅色です。
b0315912_22415208.jpg
このハンミョウは青っぽいです。
b0315912_22421213.jpg
チョウではツマグロヒョウモン
b0315912_22423913.jpg
それとジャノメチョウです。キリシマは 2♂の目撃のみでした。
b0315912_22425890.jpg
翌25日は別の場所へ行ってみました。ホソバセセリです。
b0315912_22432046.jpg
キリシマミドリはずっと上の方です。アカガシの向かいにあるコナラでテリハリです。
b0315912_22434205.jpg
これが精一杯です。
b0315912_22435980.jpg
ほんの一瞬だけ緑色に光る飛翔が見られました。
7/19,24,25 三重県、滋賀県にて撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2015-07-28 23:04 |
2015年 07月 14日

ウラキン、白いクロシジミ など

 京都に戻る途中に鈴鹿の山へ寄り道です。キリシマにはちょっと早めですが弱い活動はあるかなと偵察です。最初の偵察ポイントを覗いた後、細い山道でUターンしていると登山者らしき車がやってきました。何度か切り返しをしないといけないのでちょっと待ってねと、合図すると相手のドライバーが手を振って返してくれました。よく見るとHさんです。今年はいろいろ愛知のポイントを教えて頂き感謝、感謝です。今日は誰にも会わないだろうと思っていたのであわせてびっくりです。アプローチの方向が違うので一旦はわかれたものの後で合流させていただきました。まずはウラキンを発見です。ここで見たのは初めてです。ちょっと遠目でしたがきれいな個体です。そのあとHさんがクロシジミはまだ見ていないと言われたのでいつもより気にして探してみることにしました。すると、いました、いました。林道脇の地面に止まりました。おまけに開翅しています。しかも白化型!。私にとっても白化型の開翅シーンは初めてでした。一人だったらきっと見過ごしていたので、これまた感謝です。今日のキリシマは遠くでしか見られませんでしたが、確実に発生しているようです。今年は多く発生してくれれば良いのになと思います。
 
ちらちらと飛ぶ姿を追いかけると、ウラキンシジミでした。きれいな個体です。
b0315912_22320125.jpg
地面に止まったクロシジミ。
b0315912_22322380.jpg
思いがけず白化型でした。開翅も見られてラッキーです。
b0315912_22324636.jpg
ちょうど良い高さの葉っぱにも止まってくれました。
b0315912_22332560.jpg
駐車場に戻るとツマグロヒョウモンです。
b0315912_22334698.jpg
かつては憧れた時期もあったのですが、パンジーを食べるようになってすっかり普遍種になりましたね。
b0315912_22342090.jpg
b0315912_22352274.jpg
帰り道、何か所かで車を止めて偵察していると、トンビのような声がします。
ノスリのようです。山の中にも居るんですね。飛んでもまた同じ樹に戻ってきます。
b0315912_22355805.jpg
ついついテリを張ってるのかと思ってしまうのはチョウ屋の性でしょうか。
b0315912_22362293.jpg
思いがけずの白いクロシジミはラッキーでした。
2015.07.11 三重県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2015-07-14 23:46 |
2015年 07月 13日

カシワ林のチョウ~ ハヤシミドリシジミ

 7月5日は前日の天気予報では雨で、朝からOFFを決めつけていました。ところが朝遅くに起きて天気予報を見ると雨は降らなさそうです。ちょっと時間は遅めですが出撃することにしました。現地に着いたのはとっくに昼を過ぎています。林道をあるくと小さなセセリが止まりました。ひとまず証拠写真を撮るとすぐにどこかへ飛んで行ってしまいました。後で調べるとホシチャバネセセリのようです。もう少し真剣に撮ればよかったと少し後悔です。さらに歩きますがお目当てのハヤシミドリはなかなか現れません。途中コキマダラセセリが現れます。ようやく現れたハヤシミドリの♂は全開することなく飛んで行ってしまいました。帰り際にもう一頭♂が出てきました。こちらは全開したもののかなり擦れています。今日はこれまででしたが、OFFモードで家で寝ていたことを思うとそれなりの成果有でした。来年への足掛かりにはなったと思います。

すばしっこい小さなセセリだと思っているとホシチャバネセセリでした。初見です。
b0315912_22071956.jpg
コキマダラセセリの♀です。
b0315912_22073410.jpg
こちらはコキマダラセセリの♂です。
b0315912_22075252.jpg
アカセセリっポイのですが今一つ特徴が一致しません。黒っぽいコキマ?今一つ同定できません。
b0315912_22081107.jpg
やっと出てきたハヤシミドリです。
b0315912_22083015.jpg
結局ありに飛ばされてしまいました。
b0315912_22084707.jpg
ジョウサンミドリの♀のようです。口吻を延ばしています。
b0315912_22090598.jpg
帰り際に見つけた1頭。かなり擦れています。
b0315912_22093222.jpg
それでも鮮やかな青色です。ぜひ新鮮な個体を見てみたいものです。
b0315912_22094839.jpg
来年への良い足がかりになりました。
来年は朝から訪れることにします。
2015.07.05 長野県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2015-07-13 22:27 |
2015年 07月 08日

高原のチョウ~ 午後の部はメスアカミドリ

 前回の続きです。午後からは高原地帯から離れ、山手に入った林道を歩いてみることにしました。午後からも天気はパッとせず気温もさほど上がりません。林道わきの下草からゼフの♀が飛び出すも、止まった場所が悪く種類の確認ができません。赤っぽいのでジョウザンかな?と思う程度です。さらに歩くと別の場所でようやく♂がテリを張っていましたがこちらも場所が少し高く種類の確認ができない状況です。2-3頭は居るようで卍飛翔もしています。急いで車まで脚立を取りに行き、戻ってくるとまだ1頭がテリを張っています。青っぽい色をしていたので ジョウザンかエゾかと思っていましたが、翅を閉じるとメスアカミドリでした。なんとか何枚か写真も撮れてほっと一息です。走って脚立を取に行った甲斐がありました。結局この日はこの後天気は下り坂で、空も暗くなり、気温も下がり、メスアカミドリもどこかへ消えてしまいました。

林道脇で、まずは♀が出てきました。でも肝心なところが見えず、種類がはっきりしません。
赤っぽいのでジョウザンミドリかな?と思う程度です。
b0315912_19252947.jpg
ようやく、見つけた♂ですが、こちらも肝心なところが見えず、種類が分かません。
(帰ってきてから確認すると前翅の黒縁が細いので Favonius系のようです。)
b0315912_19255627.jpg
急いで脚立を取にゆき何とか全体を撮影できるようになりました。
(現場では気づいていませんでしたが、先の個体とは別の種類ですね。)
b0315912_19263793.jpg
翅が青いので、エゾかジョウザンかと思っていたら、、、
b0315912_19270794.jpg
メスアカミドリでした。この角度では翅が緑色に見えます。
b0315912_19272348.jpg
脚立が低いので真上からは狙えませんでしたが、きれいに光っています。
b0315912_19274461.jpg
b0315912_19280083.jpg
雰囲気だけの写真ですが。。。
b0315912_19281985.jpg
最後は、メスアカミドリと同じ空間でテリを張っていたクロヒカゲです。

b0315912_19285624.jpg
ダメもとと思って出かけていても、撮れないと残念なものです。
1頭だけでも撮れてよかったです。
2015.07.04 岐阜県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2015-07-08 20:17 |
2015年 07月 07日

高原のチョウ~ こもごも 午前の部

 6月の週末は地元京都の北山を覗きに行ってきました。あいにくの天気で気温も低く、遠くでアカシジミとエゾミドリっぽい♀を見ただけでした。天気が悪いのは想定内として、気になるのはミズナラの木がナラ枯れで年々枯れて行っていることです。次々というかどんどんというかかなり深刻です。おまけに鹿害で幼木が育たず、森林の世代交代が出来ておらず、このままでは不毛な山になってしまいそうです。ゼフだけでなくミズナラの大量のドングリは野生動物の食糧だったはずなのですが。。。気がかりです。

 さて、7月に入って先週末の4日は愛知からアクセスしやすい岐阜県方面へ探索です。南海上に梅雨前線が停滞している関係で南に行くほど天気は悪そうなので、北方面で場所を選びます。少し遅めの7時に現地に着くものの雨雲レーダでは降っていないはずの雨が降っています。おまけに気温も低。9時過ぎになりようやく明るくなってきた時点でヒメシジミの登場です。♀でも擦れた個体が目立ちます。空地で見た、やけに赤いチョウはコキマダラセセリでした。あとはウラギンヒョウモンです。昼前にミズナラ近くの空き地から飛び出したゼフを追いかけて止まったところを確認するとエゾミドリでした。しばらくしてようやく開翅です。なんとか空振りを回避した時点で午前の部終了です。

朝は雨で、気温も低かったものの、少し気温が上がって出てきたヒメシジミです。
b0315912_20054728.jpg
別の個体です。♀の方が多いようです。既に擦れています。

b0315912_20060677.jpg
♂はというともっと擦れていて、個体数も少なくなっています。
b0315912_20062763.jpg
コキマダラセセリです。オレンジ色が鮮やかです。
b0315912_20064902.jpg
ウラギンヒョウモンも少し擦れていたので、いつもと違う角度から一枚。
b0315912_20070839.jpg
昼前になって、下草に隠れていたのか、足元からエゾミドリの♀が飛び出しました。
b0315912_20073870.jpg
しばらくじっとしたままです。しばらく、うろうろしているうちにようやく開翅しました。
b0315912_20075899.jpg
b0315912_20081894.jpg
午前の部終了です。ひとまず、今日は空振りは無くなりました。
2015.7.4 岐阜県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2015-07-07 20:40 |