チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 30日

安曇野の青い蝶 ~オオルリシジミ

 クモツキを撮影した翌日、安曇野のオオルリシジミを見に行ってきました。ここは公園内で保護されているのでゆっくりと撮影できます。とはいえ時折虫取り網を持った子供が走って来たりします。でも青い蝶は捕ったらダメというお約束になっているようで、子供たちはオオルリシジミをスルーしてゆきます。なかなか面白い試みだと思います。子供たちは捕ったり触ったりして自然に親しんでゆくのだと思います。私も子供が小さいころ蛍を捕っても良いところに連れてゆき、子供たちは最後に捕った蛍を1匹づつ逃がしてやっていたのを思い出しました。

さて、オオルリシジミに戻ります。
b0315912_20533943.jpg
吸蜜にもよく来ます。
b0315912_20545433.jpg
b0315912_20552241.jpg
杭の上に止まったところです。
b0315912_20554903.jpg
交尾中の個体も見られました。
b0315912_20561309.jpg
b0315912_20564615.jpg
青い色が鮮やかです。
b0315912_20571974.jpg
b0315912_20573777.jpg
保護されているとは言いつつなかなか個体数は増えないようです。保護されている方に聞くと寄生虫にやられる確率が高いそうです。また寄生虫が多い要因の一つには野焼きをしなくなったこともあるようで、人の暮らしと密接に関わってきたことが分かりました。いずれにせよ保護にかかわっておられる方の尽力に頭の下がる思いです。
2014.5.25 長野県安曇野で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-30 21:09 |
2014年 05月 28日

北アルプスのクモマツマキチョウ

ギフ、ヒメギフがひとしきり終わると、次にクモマツマキチョウが見たくなります。人が多いかなと思いつつも、5月24日に北アルプスの有名どころを訪れました。朝から天気は良かったのですが、なかなか飛び出しません。ようやく飛び出したのが9時過ぎでした。1頭のクモツキをみんなで追いかけるという構図になってしまいました。それでも何枚か写真も撮れて、今年も見られたとほっと一息です。この日は個体数が少なくなかなかシャッターチャンスが少なかったですが、何か所かうろうろしながら撮影することができました。

この個体は結構止まってくれました。
b0315912_22500020.jpg
飛翔写真はもう一歩です。
b0315912_22505612.jpg
すみれにもやってきました。
b0315912_22515434.jpg
b0315912_22535672.jpg
上の方に生えているハタザオにやってきたところです。ちょっと遠いので画像は粗いですが、空に抜ける写真を撮ることができました。青空とオレンジがマッチしています。
b0315912_22544375.jpg
別の花に移る瞬間です。
b0315912_22565872.jpg
目の高さにあるハタザオにも飛んできました
b0315912_22593016.jpg

b0315912_22595769.jpg
b0315912_23020067.jpg
ついにお休みモードに入ってしまったようです。撮影も終了です。
b0315912_23023138.jpg
1日、楽しませてくれました。2014.5.24 北アルプス山麓にて撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-28 23:10 |
2014年 05月 21日

白馬三山

登ったことのある山は特に愛着があります。まだ入社間もないころ友人と白馬鑓温泉の露天風呂を利用したことがあります。当時は登山道からも丸見えの ”眺めの良い”お風呂で壮大な景色を見ながらお湯に浸かっていた記憶があります。

山の景色で好きなのは陽が出てほんの数分間山が赤く染まるところです。今回、日の出の時間を思い違いして寝坊しそうになりつつも何とか赤く染まった白馬連山をみることができました。
b0315912_22305708.jpg
すぐに色が変わります。場所を変えて撮影です。
b0315912_22325181.jpg
b0315912_22335280.jpg
b0315912_22341534.jpg
こんな桜にチョウや鳥が来てくれれば絵になるのですが。残念ながらこの場所はギフ、ヒメギフの発生地ではないようです。
b0315912_22345865.jpg
気持ちの良い朝となりました。朝一番、早起きして良かったです。
2014.5.11 撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-21 22:53 | 風景
2014年 05月 19日

白馬こもごも

前回のヒメギフ、ギフの続きです。今日はチョウ、鳥、花ととりとめの無い内容です。

ツバメシジミは普通種ながら、魅力のある蝶です。
b0315912_22330808.jpg
翅のブルーも鮮やかです。
b0315912_22333905.jpg
クジャクチョウも写真が撮りたくて、ついつい追いかけてしまいます。
b0315912_22350297.jpg
ちょっとピントが甘いですが、違うアングルで狙ってみました。
b0315912_22391343.jpg
キアゲハもやってきました。
b0315912_22410131.jpg
黄色つながり(かなり無理やり感ありますが・・)でキビタキです。のど元のオレンジ色が何ともいえずきれいです。最近、私にとってキビタキも春の風物詩の一つとなりました。
b0315912_22435787.jpg
2週間たつと花も種類が変わってきます。今回はニリンソウをよく目にしました。
b0315912_22484664.jpg
シロバナエンレイソウです。
b0315912_22473201.jpg
2014.5.10 - 5.11 白馬周辺で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-19 22:57 |
2014年 05月 18日

白馬のヒメギフ、ギフ その後

 5月10,11日と、イエローバンドが見たくて白馬再訪です。 10日は寒気が残っているのか気温も低く、おまけに白馬上空は雲がかかり気温も思うように上がりません。ようやく飛び出したのが 10:30頃でした。 ギフよりヒメギフのほうが多いようです。一旦飛び出すとなかなか止りません。結局この日はあまり写真も撮れず 11日は10日より天気が良くなるということで予定を変更して居残ることにしました。
 11日は朝から陽が差し気温も良い感じで上がってきます。昨日と違って8:30頃には飛出し始めます。さい先が良いと思ったのはここまでで、この先ほとんど個体数が増えません。杉林の中の陽だまりでヒメギフが何頭か訪れる空間があったのですが、それ以外のところでは、たまに通過する個体が見られるだけで撮影は厳しいという状況でした。 結局、今回はイエローバンド見られずで、来年に持ち越しとなりました。

ヒメギフです。
b0315912_13163090.jpg


止らないならと、飛翔写真に挑戦です。(11日)
b0315912_13173536.jpg


b0315912_13203010.jpg


ギフチョウはこんな感じでした。
b0315912_13222955.jpg

今回見た中で、いちばん”黄色い”個体です。
b0315912_13232195.jpg

羽化したての個体がいると教えて頂き撮影したものです。(11日)
b0315912_13253764.jpg

一方で、かなりスレた個体も見られました。結構発生時期が長いようですね。(11日)
b0315912_1327266.jpg

2014.5.10 - 5.11 長野県白馬にて撮影
[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-18 13:34 |
2014年 05月 06日

長野で出会った自然

普段とは違うフィールドに行くと、日頃見られない動植物や風景が見られそれだけでも楽しいものです。今回の白馬遠征で出会えた自然を記載します。

まず鳥ではコガラ、ゴジュウカラ、クロツグミが見られました。コガラ、ゴジュウカラは木曽地方で、クロツグミは大町付近で撮影しました。
b0315912_22593039.jpg
b0315912_23002353.jpg
b0315912_23005358.jpg
昆虫では、ウンモンテントウを見ることができました。塩尻付近の林辺をウロウロしていて、帰り際にふと見ると見慣れないテントウムシがズボンについていました。帰って調べると山地性のテントウムシのようです。私は初めて見ました。なかなか洒落たデザインですね。
b0315912_23042174.jpg
チョウでは塩尻付近の林道でスギタニルリを見ました。数は少なかったです。キベリタテハも飛んでいましたがこちらは撮影できず。残念です。
白馬ではギフ、ヒメギフのほかにシータテハやクジャクチョウが見られました。
b0315912_23120106.jpg
b0315912_23125638.jpg
b0315912_23134653.jpg
花ではキクザキイチゲです。1本2本咲いているのなら見られるのですが、群落はなかなか見られません。
b0315912_23151407.jpg
最後に風景です。チョウの撮影場所とは関係がありません。
アルプスの山々は何とも言えない魅力があります。私も学生時代には何度か登ったことがあるのですが、体力のあるうちにまた登ってみたいと思っています。
b0315912_23212077.jpg
今回はとりとめのない内容になってしまいました。ご容赦ください。

2014.4.25 -26 長野県で撮影


[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-06 00:12 |
2014年 05月 02日

白馬のヒメギフ

 前回投稿の続きです。ヒメギフの方もようやく写真の整理ができました。ヒメギフは結構目にはしたのですがこちらもなかなか止ってくれません。私にとってヒメギフも何度か見たことはあるのですがまともな写真は未だ撮ったことがありません。前日も塩尻付近を覗いてみて、見ることはできましたが証拠写真しか撮れていません。
 しばらく歩くと何人かがカタクリの生えるポイントで時折吸蜜に来るヒメギフを撮影されていたので一緒に待たせて頂きました。しばらく待って吸蜜に来たところを、”撮影されていない方優先で、”と言って頂きなんとか吸蜜シーンを撮ることができました。ありがとうございます。その後何度かは吸蜜に来るものの頻度は低くなかなか撮影させてくれません。また来るのはヒメギフだけでギフチョウは来ません。
 他の場所も偵察するのですが同じような状況で飛んでいるけれど止らない状況でした。1:30pmを回りそろそろ駄目かなと思い始めたころに別のカタクリに来たヒメギフを追加で撮影することができました。おまけに別個体で キクザキイチゲとスミレに吸蜜に来てくれて撮影ができました。土壇場のクリーンヒットでほっと一息です。

場所を譲って頂き、初めてカタクリ+ヒメギフのシーンを撮影できました。ありがとうございます。
b0315912_18452381.jpg


b0315912_1848140.jpg


キクザキイチゲの吸蜜シーンです。
b0315912_1849135.jpg

b0315912_18494130.jpg


スミレにもやってきました。
b0315912_18502576.jpg

b0315912_18504295.jpg

なんとかヒメギフも撮影することができました。
2014.04.26 長野県白馬で撮影
[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-02 18:54 |
2014年 05月 01日

白馬のギフチョウ

 4月26日白馬に行ってきました。ギフチョウには少し早いかなと思いつつ GWは来れそうにないのでトライしてみました。9時前に現地に到着です。初めての白馬でポイントが分からないのでひとまず偵察です。カタクリはちょうど良い具合に咲いています。近くの川の堤防では白と紫のキクザキイチゲが咲いていました。キクザキイチゲだけでもきれいなのですが、ここにギフチョウが来ればいいのになと妄想が駆け巡ります。
 しかし現実となるとあたりに蝶の姿は見えません。時期が早かったのか。。。と不安が走ります。それでも時間が経ち気温が上がるとヒメギフらしき蝶が飛びだしました。なかなか止らないので確認もできません。他の何人かにも聞いてみるとやはりヒメギフのようです。
 そんなこんなで止らないヒメギフを追いかけつつ、先ほどのキクザキイチゲの咲く堤防を見ると、何やら蝶が止りました。急いで駆け付けると、ヒメギフではなくギフチョウです。イエローバンドではないですが、きれいな個体です。スミレで吸蜜するのですがゆっくり止らないのでアングルが決まりません。念願の紫のキクザキイチゲにも来ましたが、これまたすぐに次の花に飛んでゆくので思うように撮影できません。しばらく追いかけているとついにカタクリに来てくれました!最初は少々アングルが悪かったのですが、結構長い目に吸蜜してくれたのもあってなかなか良いポジションに来てくれました。
 ここまで来た甲斐がありました。
b0315912_198108.jpg


♀ですが既に交尾済みのようです。相手はギフ?ヒメギフ?少し気になります。
b0315912_1992494.jpg


違う角度での写真です。
b0315912_19105663.jpg
b0315912_19111997.jpg


スミレに来たところですが、すぐに飛んでしまうのでアングルが決まりません。
b0315912_19124048.jpg


キクザキイチゲに来たギフチョウです。う~ん、難しい。。。。
b0315912_19134755.jpg

b0315912_1914119.jpg


この後、このギフチョウはお腹が一杯になったのが近くの杉の樹に止ってしましました。しばらくすると別の蝶がやってきて、ポトリと何かが落ちました。何やら杉の樹の下に残っている雪の上で何かが動いています。

ヒメギフチョウの♂がギフチョウの♀にちょっかいを掛けています。1枚目で上になっているのがヒメギフです。2枚目は少し見にくいですが 2頭の前翅の模様が分かります。
b0315912_1918354.jpg

b0315912_19183236.jpg

これを見ると ヒメギフ♂、ギフ♀の交雑の機会というのは結構あるような気がします。

ひとまず、ギフチョウも撮れてほっと一息です。
2014.04.26 長野県白馬で撮影

ヒメギフ編は別途記載します。
[PR]

by okini_buttefly | 2014-05-01 19:28 |