チョウ!お気に入り

chookini.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 01日 ( 1 )


2017年 08月 01日

キリシマ その後

7月15日には自発的に飛ばなかったキリシマミドリシジミですが、24日には撮影はできませんでしたが時折飛ぶ個体も見られました。29日はどうかな?と再出撃です。
朝に雨雲ズームレーダで見ると鈴鹿山脈には強い雨雲がかかっていましたが、しばらくすると抜けそうだったのでいつもより遅めに出発です。現地の駐車場に着いた時には少し雨が残っていましたがなんとかなりそうです。その後は曇り時々晴れとまずまずの天気でした。キリシマの方はというと、あちらこちらの山肌で時折飛翔は見られるものの降りては来ません。確実に個体数は回復している様ですがもう一歩という感じです。上を飛ぶばかりでは面白くないので少し場所を変え、谷を見下ろせるところで観察してみます。時折キリシマが通過します。面白いのは林辺を飛ぶだけでなく、す~うっと杉林の中に消えることがあります。林中も好きなようです。林中のぽっかり空いた空間にも♀が居るのかもしれません。2時を過ぎあまり飛ばなくなったのでそろそろ撤退しようとしたところ1頭飛んできて、アカガシのてっぺんに止りました。開翅することなしにじっとしています。写真は撮るものの遠いため 現場では液晶で確認できなかったのですが、帰ってからPCで確かめると口吻を延ばしているようにも見えます。一日の活動時間の最後に栄養を蓄えているのかもしれません。写真はイマイチながら新たな発見ができました。

1本のアカガシに執着するキリシマミドリの♂
b0315912_22384099.jpg
とにかく遠いです。これでもトリミングしています。
b0315912_22390026.jpg
b0315912_22391918.jpg
上の写真を、粒子が見えるほど拡大するとこんな感じです。既に翅が痛んでいます。
b0315912_22393735.jpg
いい色が出ているんですけどね。
b0315912_22395191.jpg
しばらくしてアカガシに止ります。
b0315912_22401150.jpg
こちらも思いっきりアップにしてこんな感じです。はっきりは見えませんが前足の間に線状のものがあって口吻を延ばしているように見えます。
芽の付近から樹液のようなものが出ているのでしょうか?
b0315912_22403326.jpg
それにしてもデジカメの性能は凄いものです。目視ではどうなっているか到底分からない距離でした。
それとシーズン前にカメラを入院させ AFの調整をしてもらった甲斐がありました。
2017.07.29 三重県で撮影



[PR]

by okini_buttefly | 2017-08-01 23:11 |