2017年 02月 27日 ( 1 )


2017年 02月 27日

ミヤコドリ再び

 暖かい地方ではそろそろチョウが羽化する季節になってきましたが、京都ではまだ我慢です。もう少し鳥モードにお付き合いください。今日は干潟です。満潮が10時30分ごろ、ちょうど良いころ合いです。釣りだと満潮、干潮で釣れる、釣れないがあるのですが、干潟の鳥を見る場合は陸地があるかどうか、それによって鳥との距離が変わってきます。今日の場所は満潮時のほうが近付けるようです。
 とりあえず、ミヤコドリをもう一度見たいなという思いと、いままでに行ったことがないという理由で場所を選びます。なので相変わらず行き当たりばったり感があります。
 現場に着くとミヤコドリは河口の対岸にいました。あまり動きがないので対岸まで行こうかと思案していると、満潮近くで陸地が狭くなったので少し沖にある小さな陸地に集団で移動です。思いがけず目の前を水路を通過です。なかなか壮観でした。ところが沖の陸地に移動した後はしばらく動きなしです。結局次に動きがあったのは昼を過ぎてからでした。今度はいくつかのグループに分かれ、元の河口の対岸へ移動です。待った甲斐がありました。陽が陰っていたので発色は今一つでしたが、近距離で撮影できました。
 粘りでの撮影はチョウでも共通ですね。今年も焦らず、粘り腰でやっていこうかと思います。

対岸のミヤコドリです。しばらく動きはありませんでした。
b0315912_22102779.jpg
満潮近くになって急に移動です。目の前を飛んでくれました。
b0315912_22110405.jpg
沖にできた陸地に移動です。この後昼過ぎまで3時間ほど動きなしでした。
b0315912_22112662.jpg
何回かに分けて再び移動がはじまりました。
b0315912_22114687.jpg
今回は低い位置を飛びます。
b0315912_22120509.jpg
目の前を通過!
b0315912_22123081.jpg
次のグループです。
b0315912_22125564.jpg
陽が陰っていたのがちょっと残念です。
b0315912_22131990.jpg
一旦は元いた対岸に移動したと思っていたら、また沖の陸地へ戻ってきました。
b0315912_22134105.jpg
陽が射すと日差しは春めいてきました。
b0315912_22141657.jpg
そろそろ春です。
2017.02.19 三重県で撮影






[PR]

by okini_buttefly | 2017-02-27 22:40 |